【レポート】

半世紀ぶりの"健康診断"を終えた鎌倉大仏に会いに、長谷の街をぶらり散歩

1 拝観再開となった鎌倉大仏、"健康診断"で何が分かった?

  • <<
  • <

1/3

鎌倉のシンボル"鎌倉大仏"こと高徳院本尊「国宝 銅像阿弥陀如来座像」(神奈川県鎌倉市)の、およそ半世紀ぶりとなる本格的な調査・清掃作業が3月18日に完了した。今回は清掃を終えてきれいになられた大仏さまをお参りし、その後は大仏周辺の長谷の街でお土産を選んだり、ランチをいただいたりと、ぶらり半日旅を楽しんでみたい。

半世紀ぶりの本格的な調査・清掃作業を終え、きれいになった鎌倉大仏。3月22には法要が行われた

大仏は「おおむね良好」

江ノ島電鉄の長谷駅から鎌倉大仏を本尊とする高徳院までの通りは、両側に食事処や土産物屋が並び、途中には「長谷観音」を本尊とする長谷寺があるなど、とてもにぎやか。駅から高徳院の門前までは、ゆっくり歩いておよそ7分だ。

新聞などで「大仏さまの健康診断」などとも伝えられたので、ご存じの人も多いと思うが、大仏は1月13日~3月18日まで、約2カ月にわたる大がかりな調査・清掃作業を終えたばかり。このような大仏の本格的な調査は、昭和34年(1959)から2年半かけて行われた、いわゆる「昭和の大修理」以来、およそ半世紀ぶりとなった。

今回の作業に当たった東京文化財研究所の森井順之(まさゆき)主任研究員によれば、心配された進行性の腐食生成物(サビ)の存在は小さく、経過観察で十分と結論付けるなど、大仏の状態は「おおむね良好」とのこと。緊急の修理は必要なく、調査で取得したデータは解析を進め、4月以降に論文等で発表していく予定だ。

調査・清掃作業の様子(写真提供: 東京文化財研究所)

ガムの付着が130カ所以上

調査・清掃作業の完了を受けて、高徳院の佐藤孝雄住職は、「無事に終えてホッとした」と語る一方で、「安閑としていられない部分もある」という。世界的な問題となっている大気汚染や、海に近い鎌倉ならではの「塩害」の問題に加え、今回の作業でクローズアップされたのが、像の外周に30カ所、内部(胎内)に100カ所以上見つかった、拝観者によるものと思われるチューインガムの付着だ。

付着後かなり時間が経過しているものもあり、像を傷つけないようメス等により少しずつガムの表面を削っていき、溶剤(酢酸エチル)を浸した綿棒で拭き取るという手間のかかる作業が必要なため、除去にかなりの時間を要したという。佐藤住職は、「大仏は国宝仏として希有(けう)な存在。ガムの件は一部の心ない拝観者の所業と思われるが、現在のような(胎内拝観も許す)拝観が今後も続けられるかは、ひとえに拝観者の良心にかかっている」と話す。

今後の鎌倉大仏拝観に対して、佐藤孝雄住職は「拝観者の良心にかかっている」と話す

大仏を改めて拝観してみて、「きれいになられたな」という印象を受けた。桜シーズンにあわせ、この機会にぜひお参りされてみてはいかがだろうか。そんな大仏を楽しんだ後は、鎌倉の魅力を伝えるお土産選びもいいだろう。続いては、和風カフェを併設した小休止にもぴったりなお店を紹介したい。

●information
鎌倉大仏殿高徳院
住所: 神奈川県鎌倉市長谷4-2-28
アクセス: 江ノ島電鉄「長谷駅」徒歩7分

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 拝観再開となった鎌倉大仏、"健康診断"で何が分かった?
(2) 「鎌倉に根付いたブランドでありたい」優しさが詰まったお土産たち
(3) 古民家のぬくもりに包まれながら、「イタリアン×鎌倉」なランチを
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事