【レビュー】

本日発売のiPhone SEを試してみた! - これはガラケーからiPhoneへの乗り換え、最終案内なのか?

1 iPhone SEは、こんな人向けの製品だ

  • <<
  • <

1/6

本日、3月31日にiPhone SEが発売となる。Apple本社で開催されたスペシャルイベントでは、4インチサイズのモデルを投入した理由として、コンパクトなサイズを好むユーザーが多いことと、Androidなどからの乗換え組みの多くが初めてのiPhoneに4インチモデルを選んでいることが挙げられた。が、iPhone SEが選ばれるであろう理由はまだまだ沢山ある。本稿ではそのあたりを掘り下げつつ、iPhone SEの魅力を探っていこう。

iPhone SE

iPhone SEはどんな人向けなのかをまず考えてみたい。もちろんキーノートのプレゼンテーションでも紹介された通り、4インチサイズを愛好するという人たちだ。iPhone 6/6 Plus以降のサイズ拡大路線についていけないと感じていたユーザーは意外と多かったようで、その意味では待望の4インチiPhoneの登場になったといえる。手の小さい女性には片手で操作ができないなど、大型のディスプレイを採用したモデルは確かに戸惑う面もあったと思う。特にフリック入力を好むのであれば、確かに4.7インチ、5.5インチというサイズは「指が届かない」と不満を覚えるのも理解できる(筆者の場合、フリック入力ができないので、むしろ、キーが大きくなりミスタッチがなくなると、大型ディスプレイを歓迎した)。

また、大きなiPhoneは着ている服のポケットに入らない、という声もあった。筆者の感覚からすると「意外」なのだが、服のポケット収納派は多く、無理に挿入した結果、そこからポロリ、画面が割れるというユーザーも決して少なくなかった。そういったことから4インチサイズのiPhoneの登場を待ち望んでいたという層は確実に存在していた。

スイッチ、コネクタ類の配置はiPhone 5sとほぼ同じ。ケースの流用は利きそうである

コンパクトなiPhoneが好きな人向け、これは間違いないのだが、それよりもっと向いている人がいる。それは「初めてiPhoneを買う」という人たちだ。特にガラケーからの乗換え組み。では、何故、入門機として最適なのだろうか? もう少しこの話を続けてみよう。

  • <<
  • <

1/6

インデックス

目次
(1) iPhone SEは、こんな人向けの製品だ
(2) ファーストiPhoneとしてのiPhone SE
(3) 一見、iPhone 5sと変わらないが、ブラッシュアップされたデザイン
(4) ハイエンド機に匹敵するレベルのカメラ機能
(5) 通信面でも充分な機能強化が図られた
(6) iPhone SEは停滞するスマホ市場のカンフル剤となる

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事