【レポート】

iPhone SEレビュー:スマホ小型化のトレンドを呼び起こす凝縮された懐かしいiPhone - 松村太郎のApple先読み・深読み

1 コンパクトかつハイエンドな仕様となったiPhone SE

松村太郎  [2016/03/28]
  • <<
  • <

1/5

Appleは3月21日に開催したイベントでiPhone SEを発表した。3月24日から予約が始まっており、3月31日に発売する。iPhone 6s Plusユーザーである筆者が、1週間、日常的な平日、ラスベガスへの出張取材、イースターの休日を過ごした結果をお届けする。

今回試すことができたのは、64GBのローズゴールドモデル

iPhone SEは、iPhone 5sの筐体にiPhone 6sの性能を詰め込んだ、コンパクトかつハイエンドな性能を有するスマートフォンだ。「SE」はSpecial Editionの略とも言われるが、使って見ると、確かに特別任務を命じられた戦略モデルであることがわかった。

米国での価格は16GBモデルで399ドル、64GBモデルで499ドル。128GBモデルは用意されていない。外装デザインはiPhone 5sと全く同じながら、ローズゴールドの新色が追加され、エッジの鏡面仕上げがマットに改められるなど、シックで重厚感のある仕上がりとなった。

しかし、iPhone 5sからは1g重くなっただけで、筆者が普段使うiPhone 6s Plusと比較すると、69gも軽い。スタンダードラインの42mmのApple Watchのケース部は50gなので、それより大きい重量差となる。

筆者は2年間、iPhone 6 Plus、iPhone 6s Plusと5.5インチのiPhoneを使ってきた。かたわら、Nexus 6もあり、4インチのスマートフォンは実に2年ぶりの経験となる。

iPhone SEの最大の武器は、そのコンパクトさ。片手であらゆる動作をこなせるということは、大型化してしまったiPhoneにはありえない、体験面でのメリットとなる。

iPhone 6s Plusよりも0.3mm厚いが、重量は113gと軽量。各種ボタン類の配置、ベーシックなデザインはiPhone 5sと同じだ

iPhone 6s Plusよりも0.3mm厚くなっているが、113gの本体は、指だけで支えるには十分だし、幅60mm以下に抑えられているため、親指で画面の隅々までリーチできる。日本語入力も、しっかりとホールドしながらフリック入力ができた。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) コンパクトかつハイエンドな仕様となったiPhone SE
(2) コンパクトさのメリット、デメリット
(3) iPhone 5sと比較すると、見違えるほどのパフォーマンス
(4) 素晴らしいカメラと、小型モデルの注意点
(5) スマホの出口戦略のオプションとなり得るか

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

[みのもんた]SNSは「露出狂」 ツイッター炎上騒動で“みの節”
[21:45 5/25] エンタメ
門井亜矢のフルカラー3姉妹ラブコメ「メロンくりーむソーダ」最終2巻
[21:43 5/25] ホビー
[永井豪]「批評家大賞」アニメ部門大賞に感慨 「ようやく認められたのかな」
[21:36 5/25] ホビー
谷川史子の新作1巻、さまざまな人物の「はじめて」にまつわるエピソード描く
[21:21 5/25] ホビー
丸尾末広が描く双子の愛憎ロマネスク「トミノの地獄」2巻に書店特典
[21:20 5/25] ホビー

特別企画 PR