【レポート】

iPhone SEレビュー:スマホ小型化のトレンドを呼び起こす凝縮された懐かしいiPhone - 松村太郎のApple先読み・深読み

1 コンパクトかつハイエンドな仕様となったiPhone SE

 
  • <<
  • <

1/5

Appleは3月21日に開催したイベントでiPhone SEを発表した。3月24日から予約が始まっており、3月31日に発売する。iPhone 6s Plusユーザーである筆者が、1週間、日常的な平日、ラスベガスへの出張取材、イースターの休日を過ごした結果をお届けする。

今回試すことができたのは、64GBのローズゴールドモデル

iPhone SEは、iPhone 5sの筐体にiPhone 6sの性能を詰め込んだ、コンパクトかつハイエンドな性能を有するスマートフォンだ。「SE」はSpecial Editionの略とも言われるが、使って見ると、確かに特別任務を命じられた戦略モデルであることがわかった。

米国での価格は16GBモデルで399ドル、64GBモデルで499ドル。128GBモデルは用意されていない。外装デザインはiPhone 5sと全く同じながら、ローズゴールドの新色が追加され、エッジの鏡面仕上げがマットに改められるなど、シックで重厚感のある仕上がりとなった。

しかし、iPhone 5sからは1g重くなっただけで、筆者が普段使うiPhone 6s Plusと比較すると、69gも軽い。スタンダードラインの42mmのApple Watchのケース部は50gなので、それより大きい重量差となる。

筆者は2年間、iPhone 6 Plus、iPhone 6s Plusと5.5インチのiPhoneを使ってきた。かたわら、Nexus 6もあり、4インチのスマートフォンは実に2年ぶりの経験となる。

iPhone SEの最大の武器は、そのコンパクトさ。片手であらゆる動作をこなせるということは、大型化してしまったiPhoneにはありえない、体験面でのメリットとなる。

iPhone 6s Plusよりも0.3mm厚いが、重量は113gと軽量。各種ボタン類の配置、ベーシックなデザインはiPhone 5sと同じだ

iPhone 6s Plusよりも0.3mm厚くなっているが、113gの本体は、指だけで支えるには十分だし、幅60mm以下に抑えられているため、親指で画面の隅々までリーチできる。日本語入力も、しっかりとホールドしながらフリック入力ができた。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) コンパクトかつハイエンドな仕様となったiPhone SE
(2) コンパクトさのメリット、デメリット
(3) iPhone 5sと比較すると、見違えるほどのパフォーマンス
(4) 素晴らしいカメラと、小型モデルの注意点
(5) スマホの出口戦略のオプションとなり得るか

人気記事

一覧

新着記事

SMAP、解散発表後『スマスマ』で連携プレー - 中居「タイムリーといえば?」
[23:25 8/29] エンタメ
[魔法少女育成計画]追加キャストに水瀬いのり、日笠陽子、西明日香 姉妹声優が双子役に
[22:26 8/29] ホビー
[ガーリッシュ ナンバー]キービジュアル公開 主人公は可愛くクズな新人声優
[22:23 8/29] ホビー
「黒執事」茶屋や「鬼灯の冷徹」原画展、京まふの詳細が続々と明らかに
[22:18 8/29] ホビー
オリラジ中田、しくじり先生発特番『中田歴史塾』9・11放送 - 企画構想7カ月
[22:08 8/29] エンタメ