【レポート】

鳥海浩輔はおじいちゃんで、増田俊樹は加州清光で電球を割る! - Wアニメ化も発表されたAnimeJapan 2016『刀剣乱舞』ブース

加藤大樹  [2016/03/27]

3月26日・27日の二日間、東京ビッグサイトにて開催中のアニメイベント「AnimeJapan 2016」。初日の26日、会場最大規模のステージ「REDステージ」にて『刀剣乱舞-ONLINE-』のイベントが開催され、キャストやスタッフたちが登壇した。

左から鳥海浩輔、前野智昭、石川界人、興津和幸、濱健人、市来光弘、増田俊樹

『刀剣乱舞-ONLINE-』は、2015年1月からサービスを開始した刀剣育成シミュレーションゲーム。名だたる名刀を擬人化した「刀剣男士」を集めて育成し、歴史を守っていくという内容。その人気はゲーム内だけにとどまらず、全国各地に刀剣ブームを巻き起こしている。

イベントに登壇したのは、三日月宗近役の鳥海浩輔、山姥切国広役の前野智昭、歌仙兼定役の石川界人、蜂須賀虎徹役の興津和幸、陸奥守吉行役の濱健人、大和守安定役の市来光弘、スペシャルゲスト・加州清光役の増田俊樹。そして、DMMゲームズの花澤雄太エグゼクティブプロデューサー、ニトロプラスのでじたろうプロデューサー。

第一声で、無事に『刀剣乱舞』リリース一周年を迎えたことや、3月1日にスマホ版『刀剣乱舞Pocket』がリリースされたことの喜びを語り合う登壇者たち。次いでキャストたちから、それぞれが演じているキャラのお気に入りのセリフや、収録時のエピソードが飛び出した。

まず鳥海が、自身が演じる刀剣・三日月宗近は、一般的にイメージされる「日本刀」の形をしているものでは最古の部類に入り、またゲーム内でも「じじい」を自称し、おじいちゃんと呼ばれているため、戦闘シーンの収録では緊迫した場面を表現するのが難しい、ユーザーの目にはどう映っているのかが気になった、と当時の苦労を語った。今回登壇しているキャストの中で最年長のため「僕もおじいちゃんみたいなものです」と笑いを誘った。

前野は、最初に山姥切国広の設定を見た時、「こじらせている」ので大丈夫かと不安になったが、蓋を開けてみたらちゃんと愛されるキャラになってくれて安心したと胸をなでおろしたという。また、プロデューサーのでじたろうは、石川にはこれまで演じたことのないようなキャラクターを担当してもらいたいと感じたため、大人っぽいキャラクターである歌仙兼定役に起用したことを明かした。

そして興津は、浦島虎徹や長曾祢虎徹など、真作・贋作含め「虎徹」という刀剣が多いことに触れ、蜂須賀虎徹の魅力を知ってもらいたいと語る。「ただの金ピカ野郎ではないんですよ」と前置きをした上で、「はちすかー!」「こてつー!」と観客とのコールアンドレスポンスを楽しんでいた。高知県出身の濱は、声優になる前から土佐弁を届けたいと思っていたため、坂本龍馬の佩刀として知られる陸奥守吉行役を演じることができて本当に感謝していると力強く語る。市来は、普段は温和な大和守安定が戦闘シーンになると「首落ちて死ね!」と発言することに対し、最初は誤字なのではないかと疑ったそう。さらに、大和守安定は本丸で放置していると「何か別のゲーム、やってる?」とプレイヤーに問いかけてくるが、市来も実際に別のゲームをやっている最中に自分のキャラクターに突っ込まれましたと笑っていた。

スペシャルゲストの増田は、加州清光の印象的なセリフに「つーかーれーたー」を挙げ、これは自転車で一時間かけアフレコスタジオまで向かったあとの収録だったという経緯を話し、「心の底からのセリフだった」と語る。ちなみに、加州清光の模造刀も買ったという増田は、「美しいと言われる気持ちが分かった。でも扱いにくいです」と、電球を割ってしまったというエピソードを披露した。

最後に、2016年10月放送開始の『刀剣乱舞-花丸-』と、2017年放送開始の『刀剣乱舞(仮題)』のWアニメ化が発表され、審神者(サニワ=ユーザー、プレイヤー)からは大きな拍手が巻き起こった。

左から『刀剣乱舞-花丸-』、『刀剣乱舞(仮題)』

(C)2016 アニメ『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会
(C)2015 DMMゲームズ/Nitroplus (C)ufotable

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

山本美月、共演者にアプローチ?「ベタベタしながら喋らせてもらいました!」
[15:00 5/24] エンタメ
【レポート】メッセージが読めるアプリ「スマート留守電」の使い勝手は? - ソースネクストの狙いも考える
[14:58 5/24] 携帯
[藤木直人]蜷川幸雄さん“遺作”へ涙で決意 多部未華子も気丈に…
[14:26 5/24] エンタメ
[後藤真希]休日は「娘のためにできることを」
[14:18 5/24] エンタメ
ケン・ローチ監督、カンヌ映画祭で2度目のパルムドール賞受賞
[14:04 5/24] エンタメ

本音ランキング

特別企画 PR