【レポート】

煮干しと鶏白湯の濃厚ラーメン! 青森の革新的な一杯が若者たちを魅了する

 

"弘前最古"とも称される「来々軒」で煮干しラーメンを紹介した際、「青森の煮干しラーメンはあっさり味」と伝えたが、そんな伝統の真逆を行く濃厚煮干しラーメンも青森にはある。それが今回紹介する若者に大人気の「Rcamp」だ。

若者に人気の「濃厚鶏白湯煮干ラーメン」(税込800円)

煮干しを生かした濃厚さ

煮干しラーメンの本場・青森の煮干しラーメンの姿は実に多様。来々軒に代表される昔ながらのあっさりスープの中華そばがあれば、ひたすら煮込む"極ニボ"の濃厚煮干しラーメンもあり、さらに、魚介ダシである煮干しに動物系のダシを加えたミックススープのラーメン店も増えている。今回紹介するRcampは"濃厚ミックス"の代表格で、白を基調としたカフェ風のおしゃれな外観である。

「Rcamp」はカフェ風な店構えになっている

Rcampは伝統のダシにひねりを加えているのが特長で、そのアレンジが若者を中心にうけている。「濃厚鶏白湯煮干ラーメン」(税込800円)は焼干しのほか、鶏と野菜を炊き込んだ鶏白湯がベース。煮干し特有の生臭さは全くないものの、煮干しの持つしっかりしたコクを引き出し、どっしりとした濃厚スープに仕上げられている。国産小麦100%の特注麺との絡みも絶妙だ。

「SAKURA」(税込850円)は見た目もオシャレ

また、昔ながらのラーメンだけでなく、チーズがたっぷり入った海老クリームソース風ラーメン「SAKURA」(税込850円)のように、新しい味にも挑戦している。ちなみに昼はラーメン店として営業しているが、夜は沖縄直送の食材が楽しめるダイニングバーになるのも興味深い。

店内もカフェ風で居心地のいい空間が広がっている

一言に「煮干しラーメン」と言えど、その味わいはそれぞれ。各店自慢の一杯を心ゆくまで堪能していただきたい。

●information
Rcamp
青森県弘前市楮町2
営業時間: 11:30~14:00/18:00~24:00
定休日: 木曜日
アクセス: 弘前駅から徒歩11分

※記事中の情報は2016年1月取材時のもの

関連キーワード

関連記事

【レポート】"弘前最古"と称される「煮干しラーメン」はお酒のあとにもピッタリ
[2016/3/11]
【レポート】"津軽百年食堂"に登場する老舗の一杯! 3日かけて作る「津軽そば」が染みる
[2016/3/9]
【レポート】本当においしいの? 青森県で話題の「味噌カレー牛乳ラーメン」の実態に迫る
[2014/6/22]
【レポート】焼きそばから派生した青森県「つゆ焼きそば」って? - 始まりは"うっかり"
[2014/3/31]
焼肉やBBQ、丼モノ好きなら青森県「十和田バラ焼き」をガツンとご賞味あれ!
[2014/3/22]
【レポート】電波も届かない秘境! 青森のランプの宿「青荷温泉」は冬に魅力が増す
[2016/3/7]
青森県弘前名物「藩士の珈琲」は、淹れる過程もまったり楽しむのがオツ
[2013/3/30]
【レポート】まるで大トロ! - 大間マグロに続く青森の新ブランド「八戸前沖さば」
[2012/10/11]
復活で大人気! 旧日本海軍レシピに倣った青森県「大湊海軍コロッケ」とは
[2013/2/17]
【レポート】青森まで、あのブサかわいい秋田犬「わさお」に会いに行こう!
[2012/8/28]
【レポート】青森が誇るブランド地鶏「青森シャモロック」を食べてみた
[2012/10/11]
青森県は便秘が少ない県日本一! そのヒミツはりんごにあった!?
[2013/3/11]
【レポート】黄色いりんごってどんな味? 青森県で今イチオシの「トキ」を食べてきた
[2014/10/24]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【連載】1コマ漫画 猫にありがちなこと 第998回 テレビが見えなくなった
[07:00 6/28] 趣味
「マジンガーZ」が鋼鉄ジーグカラーで超合金に! 7月4日先着販売スタート
[07:00 6/28] ホビー
メイプル超合金・安藤、カズレーザーの活躍を称賛「私もクイズで稼ぎたい」
[07:00 6/28] エンタメ
【レポート】37歳男子が一人暮らしを始めたら - 新生活にかかったお金は?
[07:00 6/28] マネー
【連載】1コマ漫画 ホモサピエンス取扱説明書 第696回 ライターの嘆き
[07:00 6/28] 趣味