【レポート】

BASELWORLD 2016 - カシオの特別仕様モデル、G-SHOCK「MR-G」「MT-G」とOCEANUSの実機を見る!

林利明  [2016/03/23]

スイスのバーゼルで開催されたウオッチ&ジュエリーの祭典「BASELWORLD 2016」にて、カシオ計算機は、特別仕様となる腕時計を3モデル発表した。概要は既報の通りだが、ここでは現地で収めた実機の写真をお届けする(以下の写真はすべて、クリックすると拡大表示)。

左から、OCEANUS「OCW-G1100S」、G-SHOCK(MR-G)「MRG-G1000HT」、G-SHOCK(MT-G)「MTG-G1000AR」

G-SHOCK「MR-G」20周年記念モデル

耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の最上位シリーズとなる「MR-G」からは、MR-G発売20周年を記念した「MRG-G1000HT」が登場した。近年のBASELWORLDで発表される特別仕様のMR-Gは、日本の伝統や甲冑をテーマにしてきているが、今回のMRG-G1000HTでは「鎚起(ついき)」を用いている。鎚起は、金属板を鎚(つい、ハンマー)で立体的に打ち延ばす金工技法だ。

ベースモデルは「MRG-G1000」で、ケースとバンドにチタン素材を採用し、ハイブリッド時刻取得システムを装備。従来の「マルチバンド6」(世界6局の標準電波を受信して自動的に時刻を合わせる)だけでなく、GPSによる正確な時刻取得に対応している。世界限定で300本、税別価格は700,000円、日本では2016年6月の発売予定だ。

MRG-G1000HT


G-SHOCK「MT-G」特別仕様

フルメタルのG-SHOCKとして人気の「MT-G」からは、海底に眠る宝物を意味する「Sunken Treasure」をモチーフにした「MTG-G1000AR」が登場。長く使い込んだヴィンテージ感を演出するために、ローズゴールドIP処理の上にブラックIP処理を重ね、さらにブラックIP処理の一部を意図的に削っている。

ベースモデルは「MTG-G1000D」で、上記のMR-Gと同じくGPS電波と標準電波によるハイブリッド時刻取得システムを搭載する。日本では7月の発売予定で、税別価格は215,000円。特別仕様モデルではあるが限定ではなく、通常のラインナップに加わるとのこと。

MTG-G1000AR


地球と宇宙の間を表現した「OCEANUS」特別仕様

「Elegance, Technology」をコンセプトにした「OCEANUS」(オシアナス)の特別仕様モデルは、地球と宇宙の間に広がる外気圏の神秘的な美しさをテーマにしたチタン素材のフルメタル「OCW-G1100S」だ。

OCW-G1100S

UTC(世界協定時)との時差を表示したベゼルには、プラス部分がブルー、マイナス部分がブラックという2色成形セラミックを採用。文字板にかかったグラデーションによって、地球から外気圏までの色の変化を表現した。インデックスやインジケーターには、再結晶ブルーサファイア、天然ダイヤモンドといったストーンを贅沢に配している。

ベースモデルは「OCW-G1100」で、こちらもGPS電波と標準電波によるハイブリッド時刻取得システムを搭載。デュアルコイルモーターによって針の動きを高速化し(ワールドタイムの時刻切り替えなどが速い)、さらに緩急をつけた針の動きなど表現にもこだわった。世界限定200個で、日本では6月の発売予定、税別価格は420,000円。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ベッカム長男、恋人クロエ・モレッツのためにアメリカへ移住?
[15:00 5/31] エンタメ
NXP、コネクテッド・カー向け小型パッケージ・パワーMOSFETの新ライン
[14:55 5/31] テクノロジー
【ハウツー】新聞紙で拭けばスマホがピカピカになる!? - いまさら聞けないAndroidのなぜ
[14:52 5/31] 携帯
大野智、時代劇初主演で忍びに! 「社長役から忍者役で新しい自分出したい」
[14:21 5/31] エンタメ
魚の求愛行動を促進するフェロモン「PGF2α」の受容体を発見 - 理研など
[14:12 5/31] テクノロジー