【レポート】

40歳になるAppleが"らしさ"を発揮したキーノート、FBIとの対立にも惑わず

1 "Appleの責任"を明確にしたティム・クックの言葉

 
  • <<
  • <

1/4

Appleはパーソナルデバイスの企業

21日に米Appleが本社タウンホールで開催したスペシャルイベントは、2つの面から注目を集めていた。1つは、2016年初の新製品発表会として。そしてもう1つ、解決の糸口が見えないFBIとの対立について、同社の考えを示す教書演説のような場になると見られていた。面白かったのは後者である。こうした逆境においても信念を曲げず、変革に挑む”Appleらしさ”がいかんなく発揮されていた。

イベントは「40 Years in 40 Seconds」というビデオでスタートした。1976年4月1日にAppleが誕生してから、もうすぐ40年。その歴史を40秒にまとめたビデオである。

Appleは40年の歴史で大きな変化をいくつも経験してきたが、一貫してパーソナル・デバイスを提供し続けてきた。パーソナル・デバイスの企業である。そして昨年末、アクティブなAppleデバイス数が10億台を突破した。

「信じられないようなマイルストーンであり、そしてAppleが世界中の人々に与える影響の大きさを実感しています。人々の生活の重要な一部に浸透している製品のメーカーとして、われわれは重い責任を果たさなければなりません」

ティム・クックCEOは「本題に入る前に、多くの人々が気に掛けていることについて話しておきたい」と述べて、プライバシー保護について語り始めた。

ユーザーの生活に浸透するパーソナルデバイスのメーカーとして、ユーザーに対する責任を説くティム・クック氏

「われわれは皆さん、そして全ての顧客の方々のためにiPhoneを作っています」

Appleの主張はシンプルだ。パーソナル・デバイスのメーカーだから、ユーザーを最優先し、ユーザーのプライバシーやデータの保護に責任を持つ。それを果たせなければ、ユーザーのために製品を作っていることにはならない。

国民のデータやプライバシーに踏み込む力を政府にどの程度認めるべきなのか、全ての米国人に議論が広がるように、この一カ月の間Appleは積極的に意見を主張してきた。同社に対する意見は分かれてはいるが、個人データの保護とプライバシーの保護を求める米国民が多数存在する。そうした人々をサポートするのが、パーソナルデバイス・メーカーであるAppleの責任という姿勢に、今も変わりはない。「これは私たち全てに影響が及ぶ問題であり、われわれがその責任から後ずさりするようなことはありません」と明言した。

プライバシー保護について、クック氏が語ったのはわずか数分だったが、シンプルで力強いメッセージだった。特筆すべきは、同氏がFBI、テロリズム、裁判所命令といった単語を一度も使わなかったことだ。Appleのメッセージは明快だ。同社は、プライバシー保護の原則を問うているのだ。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) "Appleの責任"を明確にしたティム・クックの言葉
(2) 環境問題へのコミットと健康管理の取り組み
(3) 投入にはそれぞれ2つの理由があったiPhone SEと9.7インチiPad Pro
(4) 完成が近づいているApple最大のプロダクト

人気記事

一覧

新着記事

長友佑都が『アナザースカイ』登場 - "アモーレ宣言"後収録で今田耕司は…?
[11:37 7/1] エンタメ
【レポート】1万人ユーザーのSAPをAWSに構築したアズビル、約1億円のコストダウンの見込み
[11:30 7/1] 企業IT
BREXITの衝撃! 金融市場に平穏は戻るのか
[11:04 7/1] マネー
Astell&Kernのハイレゾプレーヤー「AK70」は7月15日発売、69,980円
[11:00 7/1] 家電
【レポート】中山優馬、引き出しの多さ・切り替えの上手さで現場をひっぱる存在に - 監督は語る
[11:00 7/1] エンタメ