【レポート】

【速報】30秒でわかるAppleスペシャルイベントまとめ - 史上最強4インチiPhoneから9.7インチiPad Proまで

村田奏子  [2016/03/22]

3月21日午前10時(日本時間22日午前2時)、Appleのスペシャルイベントが開催された。恒例となる招待状のメッセージは、「Let us loop you in.」。

"40年の歴史を40秒で振り返る"映像から始まった今回のスペシャルイベントでは、4インチディスプレイの新iPhone「iPhone SE」や9.7インチiPad Proなど、噂通りの新製品を中心に、新アプリの紹介やiPadの値下げも発表。また、登壇したAppleのティム・クックCEOは冒頭で、FBIとのロック解除問題に触れ、「あなたがたの安全を確保する責任は重大である」とコメントした。One More Thingはなし。

Appleの日本公式オンラインストアも更新され、新製品の情報が並んでいる。早速、Appleスペシャルイベントで登場した新製品、新情報の概要をダイジェストでお届けしよう。

CareKit

ジャンル:フレームワーク
価格:―(オープンソース)
提供時期:2016年4月(米国時間)

手術後の回復状況や投薬プランなど、ユーザー自身の健康ケアの継続に役立つフレームワーク。活動量を記録するように、ユーザー自身が手軽に自分の症状の記録、トラッキングなどが行える。オープンソースで、2016年4月に提供予定。

Apple Watchバンド

ジャンル:アクセサリ
価格:5,800円(ウーブンナイロン単体)から
提供時期:2015年3月21日(米国時間)

Apple Watch用バンドの新素材、ナイロン製のバンドが、「ウーブンナイロン」の名称で登場。4層構造で鮮やかなカラーが特徴だ。全7色をラインナップ。スポーツバンドやレザーバンドにも新色が追加された。

tvOS

ジャンル:OS
価格:-(アップデート)
提供時期:2016年3月21日(米国時間)

Apple TV用OS「tvOS」がアップデート。Siriによるテキスト音声入力/検索機能や、フォルダ機能などが追加された。本日から提供開始。

iPhone SE

ジャンル:スマートフォン
価格:16GBモデルが52,800円、64GBモデルが64,800円(税別)
提供時期:2016年3月24日予約開始、3月31日発売(米国時間)

かねてからの噂通り、4インチのiPhone新製品「iPhone SE」が、"最もパワフル"という紹介で登場。4インチiPhone新製品を発表した理由は2つあり、ひとつは「小型の電話が好きなユーザーが一定層いる」こと、もうひとつは「人々の最初のiPhone体験が4型だったこと」という。

対角4インチのRetinaディスプレイを搭載し、解像度は1,136×640ピクセル。機能面はiPhone 6s/6s Plusとほぼ同等で、A9チップ、M9モーションコプロセッサ、指紋認証センサーTouch IDを内蔵。カメラは12メガiSightカメラで、機能はフラッシュやスローモーション、ライブフォト、4Kビデオ撮影など。Apple Pay対応(NFC搭載)も搭載。発表会で言及はなかったが、3D Touchはスペックに書かれておらず、省かれている可能性がある。

重さは113g。カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4色。日本を含む12地域で、米国時間24日から予約開始、同31日発売。5月末には110カ国で提供していく。

iOS 9.3

ジャンル:OS
価格:-(アップデート)
提供時期:2016年3月21日(米国時間)

iOSの新バージョン、iOS 9.3の新機能は、Notesにパスワード保護や指紋認証機能を追加し、メモのロックが可能に。また、お気に入り記事をトップに表示する機能を備えたNEWSや、Apple Musicとの連携を強めたCarPlay、教室でiPadが使いやすくなる文教向け機能Education Previewなどが紹介された。

9.7インチiPad Pro

ジャンル:タブレット
価格:Wi-Fi版……32GBモデルが66,800円、128GBモデルが84,800円、256GBモデルが102,800円(税別)
Wi-Fi+Cellular版……32GBモデルが82,800円、128GBモデルが100,800円、256GBモデルが118,800円(税別)
提供時期:2016年3月24日予約開始、3月31日発売(米国時間)

こちらも噂通り、9.7インチiPad Proが発表。特にWindowsユーザーからの買い替えに適するとしてアピールされ、会場の笑いを誘った。機能面では現行の12.9インチiPad Proとほぼ同等で、第3世代の64bitチップ「A9X」プロセッサやM9モーションコプロセッサ、Touch ID、Night Shiftモードなどを搭載。専用ペン「Apple Pencil」やマグネット接続キーボード「Smart Keyboard」などのアクセサリも用意される。

ディスプレイ解像度は2,048×1,536ピクセル。場所や周囲の色温度を検知して表示を最適化するTrue Tone技術が採用された。

重さはWi-Fi版が437g、Cellular版が444g。カラーはiPhone SEと同じくシルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4色で、価格は66,800円から。米国時間31日発売。

今回のAppleスペシャルイベントをもって、Apple本社(1 Infinite Loop)でのイベントは最後となる。ティム・クックCEOは、「ここで発表するのは最後。AppStoreもiPhoneもここで発表されました。ここは素晴らしい場所でした」と振り返った。そして建設中の新キャンパスの写真を紹介し、「2017年は新キャンパスで発表。そこで皆さまをまたお招きしたい」と締めくくった。

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - ASUSが"第7世代"Core搭載モデルなど2in1 PC「ASUS Transformar 3」シリーズを発表
[23:35 5/30] パソコン
石黒彩、モー娘。時代は「低収入ではなかった」- 番組での発言を訂正・謝罪
[23:06 5/30] エンタメ
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - ASUSが予告どおりZenFone 3シリーズ発表、6.8型の大画面「ZenFone 3 Ultra」も
[22:46 5/30] パソコン
鈴木亮平、台湾で『変態仮面』続編をアピール「アジアを代表するHEROに!」
[22:30 5/30] エンタメ
「S―最後の警官―」“その後”の描き下ろしも!実写化もされたマンガの最終巻
[22:23 5/30] ホビー

特別企画 PR