【ハウツー】

家のどこかでiPhoneをなくしました! - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

 

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『家のどこかでiPhoneをなくしました!』という質問に答えます。

***

6/6 Plus以降のiPhoneは薄いので、ちょっとしたスペースに収まります。カバンのなかは言うにおよばず、積まれた書類、ソファーの隙間などにいつのまにか入り込み、発見に手間取ることとなります。

その行方不明となったiPhoneを見つけるもっとも簡単な方法は、固定電話や家人の携帯電話を使い自分宛に電話をかけることです。携帯電話登場当初から知られる古典的な方法ですが、事前準備の必要がないにもかかわらず効果はバツグンです。マナーモードに設定している場合、iPhoneの周囲がふとんなど柔らかい素材の場合は気付きにくくなることがありますが、バッテリーが残っているかぎりは発見できます。

なんらかの事情で電話できない場合は、パソコンやタブレットなどのWEBブラウザを使いiCloud(www.icloud.com)にアクセスしましょう。サインインして「iPhoneを探す」から行方不明のiPhoneを選び、「サウンド再生」ボタンをクリックすれば、かなりのボリュームでiPhoneを鳴らせます。マナーモードにしているかどうかにかかわらず音が出ますから、電話をかけることの次善の策ともいえるでしょう。

iPhone 6s/6s Plus限定ですが、「Hey Siri、どこにいるの」と呼びかける手もあります。あらかじめ『設定』→「一般」→「Siri」の画面で「"Hey Siri"を許可」を有効にしておかなければなりませんが、「ここにいますよ」などと反応してくれるので、手っ取り早さでは最強かもしれません。人前で「Hey Siri」と呼びかけるのは気恥ずかしさがありますが、自宅であればまったく気にならないはずです。

自宅でiPhoneを見失ったときには、iPhoneに電話するかiCloudから音を鳴らすか、Siriに話しかければ見つかることでしょう

人気記事

一覧

新着記事

管理職の半数以上が「同年代で活躍している人は3割以下」と回答
[06:30 9/1] シゴト
シュラスコ! サッカー! リオ五輪! ブラジルを丸ごと楽しむフェスタ開催
[06:30 9/1] 趣味
Motorola、「Moto Z Play」発表、Moto Modsに対応する普及帯モデル
[06:02 9/1] スマホとデジタル家電
コロチキのナダル、アメトーーク!で想像を絶する“ひんしゅく”エピソード
[06:00 9/1] エンタメ
秦の始皇帝、裏切り、迫害…過酷な少年時代が今明らかに
[06:00 9/1] エンタメ