【レポート】

『ダメ恋』『いつ恋』…1月クールもSNSでドラマに夢中! ディーン・フジオカがリアルタイム視聴の呼びかけも

 

SNSを賑わすドラマが今クールも目立つ。いよいよきょう15日に最終回を迎える『ダメ恋』は、キャストのディーン・フジオカが自身のインスタグラムに自主制作ムービーをアップすると、6万件を超える"いいね!"を記録、Twitterのトレンドワード入りの常連だ。一方、月9『いつ恋』は、若者を中心にセリフのツイートやシーンを再現した動画投稿が相次ぐ。ドラマ終盤のSNS上の盛り上がりはどれだけ熱いのか、昨年に引き続き探ってみた――。

『ダメな私に恋してください』出演陣(左から 野波麻帆、三浦翔平、深田恭子、DEAN FUJIOKA、ミムラ)

『ダメ恋』ディーンの自主制作ムービーに6万近くの"いいね!"

『ダメ恋』こと深田恭子主演の『ダメな私に恋してください』(TBS系、毎週火曜22:00~22:54)は、放送開始当初から「胸キュン度が高い」などと言われ、公式ツイッターのフォロワー数は7万強、公式インスタグラムもフォロワー数11万強という人気ぶり。毎回、深田の"かわいさ"とディーン・フジオカ演じる"ドS上司"に反応したものが、SNS上を賑わせている。

最終回前の第9話の放送では、Twitterで「#ダメ恋」のハッシュタグをつけたつぶやきが、4,168件にも上った(Yahoo!リアルタイム検索で、放送前後30分を含む3月8日21:30~23:30の時間帯を集計)。ここにきて切なさ募るストーリー展開に反応し、ツイート数も伸びたようだ。

『ダメ恋』キャストが歌って踊る自主制作ムービー第5弾(ディーン・フジオカ インスタグラムのスクリーンショット)

そんな『ダメ恋』ファンを楽しませているものと言えば、ディーン・フジオカが自身のインスタグラムにアップする自主制作ムービーもある。深田をはじめ、タマ役の石黒英雄、ポチ役のクロちゃんら、キャスト陣も全面協力するドラマの告知動画が、終盤から毎週公開。楽屋裏で撮影されたストーリー仕立て版も人気だが、「まいしゅ~か~よう、夜10時~! ダメ恋、ダメ恋、TBS!」と、楽しそうに歌って踊るバージョンには、約6万件の"いいね!"が押され、「楽しい!!」「深キョンサイコー」など、約2,000件の好意的なコメントがずらりと並んでいる(3月15日現在)。

昨年10月クールの『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(関西テレビ・フジテレビ系)では、主演の松坂桃李をはじめ、同ドラマで悪女ぶりが話題になった菜々緒ら、キャスト陣自らツイッター上でドラマに関するコメントを発信し続けた結果、放送時間前後でSNS上が大いに盛り上がり、最終回で最高潮に達した。今夜の『ダメ恋』の反響にも注目だ。

『いつ恋』修羅場の"芋煮会"パロディ再現相次ぐ

ラブコメの『ダメ恋』に対して、純愛100%の『いつ恋』こと有村架純・高良健吾ダブル主演『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~21:54)も、SNS上の反響が高い。こちらの公式ツイッターのフォロワー数は24万を超え、14日放送の最終回前の第9話の放送で、Twitterの「#いつ恋」ハッシュタグをつけたつぶやきは4,551件を記録した(Yahoo!リアルタイム検索で、放送前後30分を含む3月14日20:30~22:30の時間帯を集計)。

フジテレビによると「放送真っ最中からSNSなどに視聴者が心をわしづかみにされたセリフをアップしたり、ドラマの影響を受け自ら演じ、撮影した名シーンをアップしたり、という大きな盛り上がりを見せている」という。

実際にドラマの中のセリフに注目したツイートは多く、非公式アカウントで「名言集」まで作られているほど。学生を中心とした再現動画投稿も『いつ恋』ならではだ。その中でも、有村架純、高良健吾、高畑充希、西島隆弘、森川葵、坂口健太郎の主要キャスト6人全員が初めてそろった第5話の"芋煮会"で修羅場と化したシーンを再現したものがダントツ人気で、パロディ化したものなどが投稿されている。

ドラマのシーンを再現して動画をアップするというのは、同じ月9『恋仲』(昨年7月クール)でも見られた現象である。当時"恋仲現象"と呼ばれた行為と同様に、ドラマで身近に感じたシーンや印象に残ったセリフに対するリアクションを撮影・投稿し、「ドラマの視聴を思い出としてシェア」することが学生の間で広がっているようだ。

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』出演陣(左から 坂口健太郎、高畑充希、高良健吾、有村架純、西島隆弘、森川葵)

SNSで盛り上がるも視聴率は…?

一方で、こうしたSNS上での盛り上がりは、なかなか視聴率に直結しないのが現状だ。『ダメ恋』も『いつ恋』も、これまでの平均視聴率は10%を切る。『ダメ恋』は終盤に入り、二桁台に乗るようになり視聴率を上昇させているが、9話までの視聴率平均は9.4%。また『いつ恋』は初回こそ視聴率11.6%をマークしたが、伸び悩みが続いており、9話までの平均は9.6%となっている(視聴率はビデオリサーチ調査・関東地区)。

ディーンの『ダメ恋』ムービーには毎回「オンタイムで見ろよ」というメッセージも投げかけられている。リアルタイム視聴を少しでも増やしたいという思いからだろう。最終回にかけたもうひと盛り上がりは、こうしたキャスト陣自らSNS上で発信する試みが引き金になるかもしれない。

番組ファンの囲い込みや広げるきっかけはSNS上に確実にシフトしつつあり、ドラマとSNSの親和性の効果が期待される。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『双星の陰陽師』神威役の小野友樹からコメント到着
[15:37 6/25] ホビー
[蛯原友里]オールホワイトコーデで登場 温活美容を語る
[15:36 6/25] エンタメ
[二階堂ふみ]“ゆるふわ”ファッションで舞台あいさつ 小泉今日子との共演「幸せでした」
[15:06 6/25] エンタメ
長瀬智也、KinKi Kidsとラブホに泊まった過去告白「回転ベッドに川の字で」
[15:01 6/25] エンタメ
「ナヴァグラハ」ドラマCD声優発表!福山潤、櫻井孝宏、安元洋貴ら8名
[14:37 6/25] ホビー

本音ランキング