【レポート】

夏菜と熱烈キスの相手とは? 菅田将暉と二階堂ふみがWデート - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5

 

ワイドショー、週刊誌、スポーツ新聞で報道された芸能ニュースをコラムニスト・芸能解説者の木村隆志が厳選紹介! 芸能人の熱愛・破局・スキャンダル・事件……これさえ見れば、一週間の芸能ニュースを総ナメできる。

■5位:狩野英孝が加藤紗里に送った上から目線の「極秘契約書」

お笑い芸人の狩野英孝

「狩野英孝と加藤沙里は2016年2月18日付で交際を解消する」という書き出しではじまる極秘文書の存在が発覚した。その内容は、「今後、メディア、SNS等、狩野の話、無断での写真使用を禁止します」「バラエティ、情報番組等での積極的な出演、発言を禁止します」「一切の接触を禁止します」などの7項目。狩野(35)の所属事務所が加藤(25)に送りつけた文書なのだが、完全な上から目線で、加藤をストーカー扱いしていることに驚かされる。

「6股をかけていた」とされる狩野が、所属事務所にどこまで本当のことを話しているのか分からないが、加藤も『めちゃ×2イケてる』で「破局しま~す」と宣言するなど、まれにみる泥仕合に……。ともにトーク下手であることから、いつまでたっても笑いに昇華しないのが何とも残念。

■4位:清原亜希がついに改名。モデル業に支障で「脱清原」

覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された清原和博(48)の元妻・清原亜希(46)が芸名を「亜希」に変更。自身がプロデュースするブランドの始動に合わせて決断したという。ブログのタイトルも『亜紀 公式ブログ』に改名。完全に「清原」の色を消す決意表明と言える。亜希は「離婚の時期が遅すぎた」と言われていたが、「改名の時期も遅すぎた」と思われても仕方がないほど、タイミングとしては微妙だ。

2000年の結婚後に「清原」を名乗りはじめてから、2014年の離婚、今年2月の清原和博逮捕を受けても、認知度の高さを理由に改名しなかったが、企画中止や苦情などを受けてついに決断。今後は「カッコよく働くシングルマザー」に加えて、「子どもたちを必死に守る」キャラクターを色濃くしていくのは間違いない。10代の長男、次男は離婚時に「清原」姓から外れているが、「ようやく母と同じ苗字になったな」と感じているのだろうか。

■3位:ゲス川谷が「謝れ」の声に「何か違う」「誰に?」と反論

ゲスの極み乙女。の川谷絵音

不倫騒動でベッキー(32)が休業を余儀なくされる中、沈黙を守ってきたゲスの極み乙女。の川谷絵音(27)が、ここにきてまさかのゲス発言。川谷は3月2日に渋谷で行われたライブで、「言っておくけど、俺、好きで黙ってたわけじゃないから」「すごいネットとかでみんな『謝れ』って言うけど、世間の誰に謝ればいいの?」「内輪での話だからみんな関係ないじゃん。メンバーやスタッフさんには謝りましたけど、『謝ったよ』って報告してもまた何か言われるじゃないすか」などと言いたい放題だった。「会場はファンばかりだからたまっていたうっぷんを晴らした」のであれば何とも幼稚。今ごろベッキーは「何であんな人を好きになったのか」とさらに後悔しているのでは……と思ってしまう。

その後、週刊文春の取材でも、「ネットとかの『謝れ、謝れ』みたいな、言う人たちに対して、何か違うんじゃないかなと思って」「人の悪口言う前に自分の生活のこと考えたほうがいい」と話したらしい。妻とは別居中で、離婚に向けて協議が進んでいるというが、今なおゲスが止まらないのはある意味スゴイ。さらに、「ゲスの極み乙女。の別メンバーが既婚者であることを隠している」という新たな報道もあり、まだまだ騒動は終わりそうにない。

■2位:「鬼ちゃん」菅田将暉が二階堂ふみと深夜のWデート

菅田将暉(左)と二階堂ふみ

auのCMで見せる「鬼ちゃん」のほか、映画・ドラマで絶好調の菅田(23)と二階堂(21)の表参道デートが発覚。しかも大賀(23)&門脇麦(23)の友人カップルとのダブルデートだった。大賀と門脇は昨年3月に熱愛報道があったが、菅田と二階堂はあくまで噂レベルだっただけに、この報道をきっかけに記者からの追求がはじまるだろう。

菅田はオープンな性格で知られ、二階堂も新井浩文や星野源らとの熱愛報道もあった「恋多き女」だけに何かと注目度は高い。そもそも、「20代前半の仕事仲間が4人でダブルデート」なんて、何ともほほえましい光景であり、ゲス続きの芸能界には清涼剤のようだ。

■1位:夏菜が同い年の青年実業家と熱烈キス! すでに交際2年か

女優の夏菜

夏菜(26)の大胆なキス写真が報道された。時期は昨年3月、場所は六本木の高級ホテルにあるレストランの個室、相手は同い年の実業家・M氏。写真は彼の誕生日パーティーで撮られたものだった。つまり、20~30人が集まる場で堂々とキスしていたことになる。

M氏はブランドの宣伝会社で代表を務める若きセレブで、ミスチルの桜井和寿に似た色黒の長身イケメン。夏菜とは一昨年春にグループ同士の飲み会で知り合って意気投合したという。

夏菜は過去にJリーガーとの熱愛報道があったが、2013年ごろに破局。M氏とはその翌年に出会ったことになるから、報道が本当であれば、そこそこの恋愛体質ということになる。朝ドラ『純と愛』の主演後は助演でコツコツと実績を重ねているだけに、健全な交際相手であれば事務所も無理に止めはしないだろう……が公開キスはさすがに軽率かも。

□おまけの1本:「男性経験800人」美人女医はメイクの達人だった

自身の美容クリニックで診療報酬をだまし取った詐欺容疑でタレント女医の脇坂英理子(37)が逮捕された。患者を何度も診察したように装い、自治体から約6900万円もの診療報酬を搾取していたというから悪質だ。

脇坂は「美人女医」として多くのバラエティ番組に出演し、「年収5000万円だけど貯金ゼロ」「毎晩のようにホストクラブに通っている」「私はビッチ。男性経験800人以上」などの過激な発言で注目を集めていた。しかし、患者が集まらなかったのか、家賃を滞納したあげく、昨年5月ごろにクリニックを閉鎖。まるでB級ドラマのような転落ぶりだが、それ以上に、ホラー映画のような顔の変化に驚いた人は多かっただろう。逮捕時のスッピンは、まるで別人であり、かなりのメイク上手であることが露呈された。

■木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ解説者、タレントインタビュアー。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超える重度のウォッチャーであり、雑誌やウェブに毎月20~30本のコラムを執筆するほか、業界通として各メディアに出演&情報提供。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもあり、著書は『トップ・インタビュアーの聴き技84』など。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【特別企画】ランサムウェアに引っかかった!? - Acronis True Imageのイメージバックアップで最後の砦を築いておく(後編)
[07:00 7/25] パソコン
八田亜矢子、東大クイズ合戦で「女性の強いところを見せる!」も痛恨ミス
[07:00 7/25] エンタメ
カシオの電子辞書「EX-word」、20周年記念プレスイベントで語られた歴史
[07:00 7/25] スマホとデジタル家電
JPEGはなぜここまで普及したのか? ~専門家に聞いてきた~ 第5回 JPEG 2000対応カメラが無い理由
[07:00 7/25] 企業IT
深海底のレアアース泥は堆積速度の遅い環境に存在 - 東大などがデータ解析
[07:00 7/25] テクノロジー

本音ランキング