【レポート】

PC版「バイオハザード アンブレラコア」先行体験会場に潜入! 体験プレイ初登場の最新ステージを試す

流山ららぽ
 

カプコンの「バイオハザード」シリーズ最新作、「バイオハザード アンブレラコア」PC版の先行体験会が、東京・秋葉原で12日に開催された。試遊登場が初となるステージ「キジュジュ自治区12区域」や「トライセルHQ」の体験プレイが楽しめるイベントだ。ここでは体験会の様子をレポートしよう。

PC版「バイオハザード アンブレラコア」の先行体験会会場。東京・秋葉原のUDXAカンファレンスホールで開催された

会場には6台×3スペース=18台の試遊機が設置されていた

同作の概要やポイントを説明したプロデューサー、ジェームズ・バンス氏

「バイオハザード アンブレラコア」は、2016年5月12日に発売する「バイオハザード」シリーズ最新作。従来の「バイオハザード」からストーリーモードを撤廃し、プレイヤー同士の対人戦をメインとした異色の意欲作だ。個人のスキルに加え、チーム戦略も重要になるeスポーツ的な対戦シューターとして注目されている。

対応プラットフォームはPCおよび、PlayStation 4。PC版はゲーム配信プラットフォーム「Steam」を通じて配信予定。2015年9月に同作の存在が発表されてのち、発売日は「2016年初頭」とされてきたが、今年1月にPC版/PS4版とも2016年5月12日の発売であることが明かされた。PC版とPS4版の内容に大きな違いはないが、オンラインの対戦プレイでは、PC対PS4というクロスプラットフォームでの対戦はできない。

先行体験会では、試遊の前に、同作のプロデューサー、ジェームズ・バンス氏がゲームの概要やプレイ時の楽しみ方を紹介した。

バイオハザード アンブレラコアの概要

バイオハザードの世界観を踏襲した競技シューターで、お馴染みのクリーチャーも出現する

メインとなる3対3のプレイヤー対戦は制限時間最大3分というハイスピードな展開で、純粋な対人戦を楽しめる

ポイントの一つは遮蔽物。隠れながら進んだり攻撃できるアクションが多彩に用意されている

建物の中など、狭い場所では接近戦が有利。キル率の高いバールのような接近戦武器「ゾンビバール」は一撃必殺を狙える

初期装備の「ゾンビジャマー」は、ゾンビから自分を見えなくさせる装備。攻撃しない限りゾンビが襲ってこないが、これを逆手にとり敵の装備を壊すことで、相手をゾンビに襲わせることができる

体験会の試遊では、PCにXbox Oneの有線コントローラーを接続してプレイした

説明の後はいよいよ試遊(PC版)だ。サバイバルゲームのオンライン版という印象の本作、公式サイトで公開されている戦場ステージは「アンブレラ ラボ」「発端の村」「トライセルHQ」「キジュジュ自治区12区域」の4マップ。先行体験会ではこのうち「トライセルHQ」→「キジュジュ自治区12区域」→「発端の村」の順で3ステージを実際にプレイできた。

試遊体験の様子。近くにスタッフが待機しており、応援やアドバイスをしてくれる。FPSに不慣れな筆者がプレイしたところ、マップ上でうろうろしていたところを開始1分程度でキルされる結果となった(本作はワンライフマッチでリスポーン[復活]はできない)。しかし最大3分という戦闘システムでキル後の待ち時間も少なく、キル後のみに表示される敵・味方の位置情報付き全体マップでチームに情報を伝えたりして熱が入り、非常に楽しい試遊となった

【トライセルHQ】「トライセルHQ」は、バイオハザード5で登場した、多国籍複合企業、トライセル社内部のステージ。今作ではバイオテロにより、ゾンビやケルベロスが歩き回る感染地区という設定だ。家具や扉が多く存在するステージで、階段を上り屋上へ登り高い場所からの敵視認も可能

【キジュジュ自治区】バイオテロで壊滅したアフリカの集落、という設定のキジュジュ自治区は「バイオハザード5」の舞台で、同作最大規模の広さとなるマップ。地上は広く見通しが良いが、要所要所に存在する地下道を活用するという、地形を活用した戦略が醍醐味のステージだ

【発端の村】「発端の村」は、バイオハザード4本編をモチーフとした、ヨーロッパの寒村が舞台のステージ。屋根の上に登れるなど適度な高低があり、隠れ場所も散りばめられている。また、バイオハザード4の世界に浸りながらプレイできることから、現在公開されているステージの中でジェームズ・バンス氏が最も気に入っているステージという

ちなみに、ジェームズ・バンス氏によると、PC版の動作環境スペックは未公開だが、「標準的なスペックで動くよう最終調整中」とのこと。試遊会場にはCPUにSkylake世代のCore i7-6700やHaswell世代のCore i7-4790プロセッサ、グラフィックスにGeforce GTX 970を採用したデスクトップPCが並んでいた。

試遊PCはユニットコムのゲーミングPCブランド「レベル∞」のデスクトップPC。スペックはCPUがIntel Core i7-4790、チップセットがIntel H81 Express、メモリが8GB、グラフィックスがNVIDIA Geforce GTX 970 4GB、電源が80PLUS SILVERの500W電源、OSがWindows 10 Home 64bit

試遊後には、同作でプレイできるモードが紹介された。マルチミッションは、最大6人で対戦するモード。8種類のゲームルールがランダムに設定され、制限時間3分のスピーディな対戦のなかで、柔軟に戦略を変えていく必要がある

ザ・エクスペリメントは1人プレイ専用のモード。「ゾンビのDNAサンプルの採取」といったミッションが20以上与えられ、初心者の練習にも適したモードという

発売情報。価格はPS4のダウンロードコード版が税別5,990円(オリジナルサウンドトラックCD2枚組+ブックレット「バイオハザード アンブレラコア オペレーションマニュアル」同梱)、ダウンロード版が税別3,694円。PCのダウンロード版が税別3,694円

人気記事

一覧

新着記事

想像を超える風景! 北海道「ファーム富田」のラベンダーにまた会いたくなる
[10:00 7/28] 趣味
2016年夏ドラマ、傾向分析&オススメ5作発表! - リオ五輪を控える「逆境の夏」にイチかバチかの大勝負
[10:00 7/28] エンタメ
H-IIBロケット6号機がプレス公開 - 交換用バッテリ等を宇宙ステーションへ運ぶ
[10:00 7/28] テクノロジー
ワイヤレスキーボードから入力内容を窃取、75m先からも可能
[09:53 7/28] 企業IT
ジョージ・ハリスンの未発表曲がリリースへ
[09:48 7/28] エンタメ