【レポート】

ニコニコ超会議2016 - 583系「超会議号」大阪~海浜幕張間どのルート通る?

1 大阪までの回送経路、大阪から首都圏への経路を考える

井上孝司  [2016/03/12]
  • <<
  • <

1/2

「ニコニコ超会議2016」の開催に合わせ、4月28・29日に583系車両を使用した「ニコニコ超会議号 2016」(以下「超会議号」)が運行されることになった。大阪駅を4月28日20時すぎに発車し、目的地は海浜幕張駅。4月29日10時すぎに到着予定となっている。

今年の「超会議号」は583系を使用。大阪~海浜幕張間で運行される

その運行ルートに関して、3月12日時点で発地・着地以外に明らかにされた情報は京都駅を経由することのみ。海浜幕張駅までどの路線を経由するかは不明である。

1編成しかない583系、どうやって大阪へ持っていくか?

今年の「超会議号」に使用される583系は第2世代の寝台電車だ。1967(昭和42)年、九州方面向けとして製造された581系は直流1,500Vと交流20,000V・60Hzに対応していた。対して翌1968(昭和43)年に製造された583系は、「よんさんとう」(昭和43年10月ダイヤ改正)で実現した東北本線の全線電化完成に合わせて登場したもので、交流20,000V・50Hzにも対応する、いわゆる「3電気式」である。だから理屈の上では、在来線の電化区間ならどこでも走れる(一部の例外については後述)。

現在、JRグループで残存する581系・583系の一族は、JR東日本秋田車両センターに所属する6両編成1本だけだ。定期運用は持たず、波動用として団体臨時列車などに使われる。

583系は昼行・夜行を兼用できるので、夜行運転となる「超会議号」に向いている。寝台電車なら「サンライズ瀬戸・出雲」の285系もあるが、こちらは京葉線に入線したことがないし、大型連休中は「サンライズ出雲」の増発列車にも駆り出される。その点、583系ならJR東日本の内輪で用意できるし、団体臨時列車で関西まで足を伸ばした実績も、京葉線を走った実績もある。

ところで、「超会議号」で使用する583系は秋田車両センターの所属だけに、まずどうやって大阪まで持っていくかが問題になる。秋田から回送されると想定した場合、考えられる経路は以下の3種類になる。

日本海縦貫ルート(1)

秋田~(羽越本線)~新津~(信越本線)~直江津~(えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン)~市振~(あいの風とやま鉄道)~倶利伽羅~(IRいしかわ鉄道)~金沢~(北陸本線)~近江塩津~(湖西線)~山科~(東海道本線)~大阪

日本海縦貫ルート(2)

秋田~(羽越本線)~新津~(信越本線)~直江津~(えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン)~市振~(あいの風とやま鉄道)~倶利伽羅~(IRいしかわ鉄道)~金沢~(北陸本線)~米原~(東海道本線)~大阪

首都圏・東海道ルート

秋田~(羽越本線)~新津~(信越本線)~宮内~(上越線)~高崎~(高崎線)~大宮~(大宮支線)~別所(信)~(大宮支線)~西浦和~(武蔵野線)~鶴見~(東海道本線)~大阪

ただし、大阪へ回送された後、ただちに「超会議号」の運用に就くとは限らない。まず近隣の車両基地に入庫させ、検査や車内整備を行うと思われる。向日町駅(東海道本線)付近にある吹田総合車両所京都支所なら、以前にJR西日本所属の581系・583系が配置されていた実績がある。ここから出庫して大阪駅に向かう場合、北方貨物線を使っていったん大阪駅の北方を迂回し、塚本駅から東海道本線の上り線に入るのが通例のルートだ。

次に、「超会議号」の大阪駅から首都圏までの経路について検討してみよう。前述した通り、583系は「在来線の電化区間ならどこでも走れる」から、理屈の上では以下の経路が考えられる。ちなみに、過去にブルートレインによる「超会議号」を運行した際は、北陸本線・信越本線・上越線経由のルートを使った。

日本海ルート(1)

大阪~(東海道本線)~山科~(湖西線)~近江塩津~(北陸本線)~金沢~(IRいしかわ鉄道)~倶利伽羅~(あいの風とやま鉄道)~市振~(えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン)~直江津~(信越本線)~宮内~(上越線)~高崎~(高崎線)~大宮~

日本海ルート(2)

大阪~(東海道本線)~米原~(北陸本線)~金沢~(IRいしかわ鉄道)~倶利伽羅~(あいの風とやま鉄道)~市振~(えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン)~直江津~(信越本線)~宮内~(上越線)~高崎~(高崎線)~大宮~

東海道・中央ルート

大阪~(東海道本線)~名古屋~(中央本線)~塩尻~(中央本線)~八王子~

東海道ルート

大阪~(東海道本線)~

その他にも、直江津駅から先の経路を変更し、「直江津~(えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン)~妙高高原~(しなの鉄道北しなの線)~長野~(信越本線)~篠ノ井(篠ノ井線)~塩尻~(中央本線)~八王子~」あるいは「直江津~(信越本線)~犀潟~(北越急行ほくほく線)~六日町~(上越線)~」というルートでも、いちおう線路はつながっているし、電化区間だから理屈の上では走れる。

ただし、ここまで挙げてきた選択肢のうち、中央本線を経由するルートは対象から外してよい。というのも、トンネル断面が通常より小さい中央東線の小仏トンネルで、583系はサイズ制限にひっかかるからだ。ここを通過できるのは、もともと屋根高が低い特急型車両と、パンタグラフ部のみ屋根高を低くしたり、折畳高が低い特製のパンタグラフを使ったりしている「小仏トンネル仕様」の車両だけである。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 大阪までの回送経路、大阪から首都圏への経路を考える
(2) 首都圏のルートも複雑 - 実際の運行には"障壁"も

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ロボホン、ついに発売 - 期間限定のロボホンカフェに行ってきた
[15:50 5/26] 家電
上野樹里、トライセラ和田唱と結婚「私は幸せ」「素敵なパートナー」
[15:47 5/26] エンタメ
ファイルメーカー、カスタム App構築を支援するハウツーガイドを無料公開
[15:45 5/26] パソコン
旭硝子、「C12A7エレクトライド」のスパッタリングターゲット材を量産開始
[15:19 5/26] テクノロジー
平岡祐太、貫地谷しほりと思い出話で意気投合「役に生きてくるのでは」
[15:18 5/26] エンタメ

本音ランキング

特別企画 PR