【レポート】

Appleスペシャルイベント招待状から読み解く二つの重要なこと - 21日開催

1 新社屋の進捗報告がありそう

 
  • <<
  • <

1/2

米Appleは3月10日(現地時間)、報道関係者に向けて3月21日午前10時(日本時間で22日午前2時)より米カリフォルニア州クパチーノにある本社キャンパスにて開催されるスペシャルイベントの招待状を送付した。今回はその発表内容について、既報のものも含めて整理してみる。

「Let us loop you in.」と書かれた招待状が配布された

トピックの一つ目は新キャンパス建設の進捗報告

今回の発表会についてはYoichi Yamashita氏が初報で解説しているように、現在のApple本社キャンパス(1 Infinite Loop)で開催される最後のスペシャルイベントになる可能性が高い。現在クパチーノ市内に建設中の新本社キャンパスの完成が視野に入りつつあり、メディア向けの事前お披露目を含めて主要なイベント開催はすべて新キャンパスへと移るとみられるからだ。この新キャンパスの完成は2016年末~2017年初頭といわれており、おそらく年内には何らかの形で完成間近のキャンパスが公開されると予想される。

筆者は今回のスペシャルイベントで新製品以外に二つの重要なアナウンスがAppleから行われると考えている。その一つがこの新キャンパス建設の進捗で、招待状にある「Let us loop you in.」には、現在の本社キャンパスの住所である「"Infinite Loop"にご招待」のようなニュアンスではないかと思われる。本社最後のイベントを強調する意味合いではないだろうか。

会場については、おそらく同キャンパス内のTown Hall(4 Infinite Loop)が用いられると思われる。Town Hallは会場としては100名強程度の収容能力でそれほど大きくないが、Appleにとって特に重要、あるいは"難しい"発表や説明を行う場所として、イベント規模が年々拡大傾向にあった新製品発表のスペシャルイベントにおいてもたびたび使われる機会があった。過去には「iPhoneを持つ指の位置によって短絡が発生してアンテナの接続状態が悪くなる」という「Antennagate (アンテナゲート)」の説明がTown Hallで行われたことが知られている。iPhone 4の登場後に大きく騒がれてAppleが追加説明に追われた事案だが、「招待するメディア関係者の人数を絞ってきちんと追加報道を行ってもらう」という場面においてTown Hallは適している。

Appleがスペシャルイベントに他会場を借りる場合、なるべく広く報じてもらうために世界中から大人数の報道関係者を招致する関係上、広い会場を選択する必要があった。ただし、これでは報道内容について質を維持できるとは限らず、「信頼できる人を呼びたい」という意図があるのかもしれない。実際、筆者が知る範囲では日本国内のメディア関係者は2~3名しか呼ばれておらず、これは9月のスペシャルイベントと比べた場合に3分の1程度だ。それだけ重要な発表でもあるのだろう。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 新社屋の進捗報告がありそう
(2) 重要なトピック二つ目は、IT業界で今最も熱いこの件
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

『24時間テレビ』林家たい平のマラソン走行距離が100.5kmに決定「いわおゴー」
[06:00 7/30] エンタメ
柴田理恵、母と似すぎで見分けがつかない『有吉反省会』に登場
[06:00 7/30] エンタメ
[チャリティーマラソン]歌丸師匠にかけて100.5キロに 林家たい平「楽しみと不安」
[06:00 7/30] エンタメ
屋内の熱中症対策に! ダイソーの猛暑対策グッズ5選
[06:00 7/30] ライフスタイル
今くるよに「世間知らず過ぎ」と苦言…ハローキティを"にゃんにゃん"呼ばわり
[06:00 7/30] エンタメ