【ハウツー】

iPhoneに有機ELディスプレイは使われないの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

 

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『iPhoneに有機ELディスプレイは使われないの?』という質問に答えます。

***

現行のiPhone 6s/6s Plusに至るまで、iPhoneのディスプレイには液晶パネルが採用されています。有機ELディスプレイ(OLED)は採用されたことがありませんが、エネルギー消費量が少ないなどメリットが大きいこともあり、将来的には採用に踏み切るのではと噂されています。

有機ELパネルはバックライトが必要ないため(自発光型)、液晶パネルと比べると軽くて薄い構造を実現できるうえ、消費電力も少なくなります。画像も黒は黒らしく表示されてコントラストが高く、視野角の広さと応答性の高さについても液晶パネルより有利です。明るい場所では映り込みが気になることがある、焼き付きが発生しやすい、液晶パネルと比べ寿命が短いというデメリットはあるものの、技術の進展により改善されつつあります。

あくまで噂ですが、iPhoneにOLEDが採用されるという話があります。大量生産となるため、かなり早い段階からOLEDの製造が可能なメーカーと生産設備計画を練らねばならないことを考慮すると、実現は早くても次々期の2018年モデル以降となるのではないでしょうか。

ところで、AppleはiPhoneに使う部品を複数のメーカーから調達する方針で知られています。液晶パネルでいえば、iPhone 6s/6s Plus向けにはジャパンディスプレイとシャープ、LGの3社が供給しているとされています。スマートデバイス向けOLEDはサムスンとLGの2社が量産化に乗り出していますが、生産技術が複雑で歩留まりに難があるうえ、iPhone向けに供給するとはかぎりません。iPhoneでOLEDを採用するにしても、しっかりとした生産体制を敷けるサプライヤーの参入は必須といえそうです。

有機ELディスプレイを採用するという噂が根強いiPhoneですが……(写真はイメージです)

人気記事

一覧

新着記事

声優・久保ユリカ、2ndシングル「SUMMER CHANCE!!」を8/17リリース! 東京・池袋で発売記念お渡し会を開催
[00:57 9/1] ホビー
Acer、世界初の曲面ディスプレイ搭載21型ゲーミングノートPC
[00:44 9/1] パソコン
ASUS、本体厚8mmのUSB Type-C対応15.6型モバイル液晶「ZenScreen」
[00:40 9/1] パソコン
Acer、エントリーモデルのAndroidスマホ「Liquid Z6」と「Liquid Z6 Plus」
[00:31 9/1] スマホとデジタル家電
緊急入院の志村けん、退院を報告「皆さんに心配掛けました」
[00:30 9/1] エンタメ