【ハウツー】

iPhoneユーザーのための「正しい」Mac入門 その30

 

iTunes Matchで音楽データをクラウドに

iTunesから利用できるサービスにiTunes Matchがある。これはiTunes内にあるすべての音楽データ(一部利用できないものもあります)をiCloud上にアップロードする機能。CDから取り込んだ曲データなどもアップされる。このサービスは有料(年額3,980円)だが、利用するとiTunesからiPhoneやiPad、さらに他のMacに曲を同期して転送しなくても、ホストになっているMacのiTunes上のすべての曲を再生できるようになる。容量の小さなiPhoneを使っている場合などはかなり便利だ。

iTunes Matchは有料サービスだが複数の端末ですべてのデータをクラウド経由で利用できるようになり、とても便利

iTunes Matchの利用には、メニューバーの「Store」から「iTunes Match…」を選んで利用を開始する。

iTunes Matchを選び、先ほどの画面の[年間登録料]ボタンをクリックして支払いを決定し、利用開始する

利用を開始するとまず、iTunes上にある曲データをiTunes Storeで配信されている曲とマッチするかが確認される。もしiTunes Storeで曲を配信している場合はアップロードはされず、iTunes Store上の曲が使われる。Storeにない曲はiCloudにアップロードされる。

iTunes Matchを利用し始めるとプレイリストに幾つかのマークが表示されるようになり、これらはiCloudへのアップロードやマッチの結果などを示している

ダウンロードマークはiCloud上に曲データがあって、再生時にストリーミング再生されるもの

破線のクラウドマークはまだマッチが終わっておらず、iCloudにアップロードができていないもの

斜線が入ったクラウドマークはアップロード不適格なもの。ここではミュージックビデオができていない(iTunes Matchはビデオには適用されない)

「!」マークが付いているものはMac内でファイルが見つからなかったもの。これはiCloudからダウンロードできる

マッチが完了すると、曲の同期をしていないiPhoneやiPadからMacで作ったプレイリストが利用可能になる。もちろん他のMacでも利用可能だ。

iPhoneで[設定]-[ミュージック]にある「iCloudミュージックライブラリ」をオンに

「ミュージック」appでホストのMacのiTunesライブラリがすべて表示され、利用可能になる

Macでは「環境設定」の「一般」で「iCloud ミュージックライブラリ」にチェックを入れると利用可能になる

他のMacでiTunesを表示すると、ホストになっているiTunesと同じものが表示されるが、アルバムアートにクラウドマークが付いている。これは曲データがiCloud上にあることを示している

iPhoneでiCloudミュージックを利用するとき、プレイリストのクラウドアイコンが付いているところにiPhoneのマークが表示されているものは、曲データがiPhoneにダウンロードされているもの。表示がないものはiCloud上からストリーミング再生されるものになる。

プレイリストで曲データがどこにあるかが確認できる。iPhoneのマークがないものはiCloud上にある

このとき気を付けたいのは、ストリーミング再生時はデータ通信をしているということ。つまりたくさんの曲を再生するとデータ通信量制限に引っかかってしまう可能性がある点だ。

そこで[設定]-[ミュージック]の「ストリーミングとダウンロード」で「モバイルデータ通信を使用」をオフにしておけばストリーミング再生はされなくなる。

「モバイルデータ通信を使用」をオフにすればLTEなどの環境下ではiPhone上にある曲しか再生されない

よく聴く曲はWi-Fi環境などデータ通信量の制限がないときにiPhoneにダウンロードしておこう。プレイリストの[…]からメニューを開いてクラウドアイコンをタップするか、プレイリストにあるクラウドアイコンをタップすることで、iPhone上にダウンロードできる。

1曲だけダウンロードしたいときは[…]をタップしてメニューを表示し、雲の形のクラウドアイコンをタップしてダウンロード

プレイリストごとダウンロードするときはプレイリストにあるクラウドアイコンをタップするとプレイリスト内の全曲がダウンロードされる。ダウンロード中はアイコンがプログレス表示になり、ダウンロード中の曲には丸いマークが表示される

ちなみにこのときiTunes上でマッチした曲に関しては、昔CDからリッピングした128kbpsなどの低音質の曲でも256kbpsの高音質データが利用できる。こちらもデータ通信量が気になる場合は、先ほどの[設定]-[ミュージック]の「ストリーミングとダウンロード」で「モバイルデータ通信で高音質」のチェックを外しておこう。

「モバイルデータ通信で高音質」のチェックを外すと低音質だが途切れにくいストリーミングが可能になる

現在、iTunes Matchで利用できるデバイス数は10台まで、楽曲数は100,000曲になっている。アップロード後に利用できるデータはAACになり、もしアップルロスレスやさらに高音質の曲データを使っている場合でもAACに置き換えられてしまうので注意しよう。

人気記事

一覧

新着記事

[宮沢りえ]黒のシースルードレスで華やかに 「ジャングル・ブック」歌舞伎座プレミア
[22:12 7/27] エンタメ
デルのゲーミングブランド「ALIENWARE」 - その歴史、思想、戦略
[21:41 7/27] パソコン
サイコム、GeForce GTX 1070をSLIで搭載した超ハイエンドゲーミングBTO
[21:40 7/27] パソコン
逆柱いみりの画集「蜃楼紀」発売、台湾での個展を記念し
[21:37 7/27] ホビー
[松本幸四郎]歌舞伎座で初の洋画プレミアイベント開催に感慨 「感無量でございます」
[21:35 7/27] エンタメ