【レポート】

カシオ2016年春夏の時計新製品発表会「EDIFICE」「OCEANUS」編 - 挑戦的でもあり正統的な進化でもある新作

1 「進化」に比重

青木淳一  [2016/03/07]
  • <<
  • <

1/3

2016年、EDIFICEはイタリアのF1チーム「スクーデリア・トロ・ロッソ」をサポートする

3月2日、東京都内の会場にてカシオの2016春夏・時計新製品発表会が行われた。今回のテーマは「進化、そして革新。~時代が求める真の価値を目指して~」だ。ここではメタルウオッチの「EDIFICE」と「OCEANUS」の新作を紹介しよう。

GPSハイブリッド電波ソーラーやBluetooth SMARTによるスマートフォン連携、昨年(2015年)秋モデルから採用されたデュアルコイルモーターといったキーデバイスに加え、再結晶ブルーサファイアやブルーセラミックベゼル、ザラツ研磨など特殊な素材、加工技術を多く投入されるメタルウオッチ。

今回の「EDIFICE(エディフィス)」と「OCEANUS(オシアナス)」においては、商品展開の幅を広げる「進化」に比重を置いた展示となった(掲載した写真はすべて、クリックで拡大表示。掲載価格はすべて税別)。

デュアルワールドタイム表示が可能な電波ソーラーEDIFICEの新モデル

EQW-T630JDシリーズは、すでに海外で発売されているモデルの日本国内版だ

スマートフォン連携機能を持つ「EQB-500」や「EQB-510」のデュアルワールドタイムダイヤルを受け継ぎつつ、時計合わせのシステムを電波ソーラー「マルチバンド6」とした新モデルが登場。「EDIFICEのワールドタイムモデルが欲しいけれど、スマートフォン連携より電波時計がいい」というユーザー層に強くアピールする。

また、熟成されたタフソーラーとマルチバンド6の技術により、ケースをぐっと小型化。ケース外形44.0mm(縦)、薄さ11.6mm、重さ151gと、男性女性を問わず身に付けられるサイズもポイント。ケース、バンドともにステンレス製で10気圧防水。サマータイム自動設定機能、衝撃によって針の位置がずれてしまった場合でも自動的に調整する、針位置自動調整機能付きだ。

シリーズは4モデルで展開。ケースとベゼル、バンドをブラックIP処理した「EQW-T630JDC-1AJF」(4万9,000円)、ブラックIPベゼルにブラックダイヤルの「EQW-T630JDB-1AJF」(4万2,000円)、シルバーケースにブラックダイヤルの「EQW-T630JD-1AJF」(3万9,000円)、シルバーケースにネイビーダイヤルの「EQW-T630JDC-2AJF」(3万9,000円)。4月発売。

ケースとベゼル、バンドをブラックIP処理したEQW-T630JDC-1AJF

ブラックIPベゼルにブラックダイヤルのEQW-T630JDB-1AJF

シルバーケースにネイビーダイヤルのEQW-T630JDC-2AJF

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 「進化」に比重
(2) 依然人気のEQB-500に新色登場!
(3) OCEANUS Mantaがペアで登場

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【コラム】山田祥平のニュース羅針盤 第68回 「名刺の時代」は当分続く
[06:00 5/30] パソコン
中村隼人、タッキーの後輩役で民放ドラマ初レギュラー! 三角関係の中心に
[06:00 5/30] エンタメ
【レポート】立教大学理学部の超実践的3Dプリンタ活用法 - 理学教育で際立つ「モノの威力」と教員が授業に専念できる体制づくり
[06:00 5/30] テクノロジー
【連載】立ち食いそば散歩 第16回 立ち食いそば激戦区で特異な店! 「いか天きし」はボリューミーなモチモチ麺
[06:00 5/30] 趣味
武井咲、夏目雅子が演じた駒子先生を熱演「緊張感はものすごい…」
[05:00 5/30] エンタメ

特別企画 PR