【レビュー】

ついに4Kディスプレイ搭載! 緑がかったガラス調キーボードも美しい新生「GRANNOTE」

1 デザイン刷新、ガラス調キーボードに注目

 
  • <<
  • <

1/5

富士通の「LIFEBOOK AH90/X」は、「GRANNOTE」の愛称で親しまれた15.6型ノートPC「LIFEBOOK AH90/P」の後継機。前モデルから筐体デザインを含めて全面的な刷新が行われており、よりパワフルで洗練された印象になった。

なかでも注目したいのが同社初の4K解像度(3,840×2,160ドット)に対応した液晶ディスプレイを搭載している点だ。今回は、その実機をいち早く試すことができたので、製品の特徴や使い勝手、PC本体のパフォーマンスなどを紹介していこう。

富士通「LIFEBOOK AH90/X」

ロゴマークのみのシンプルな天板

■主な仕様   [製品名] LIFEBOOK AH90/X   [CPU] Intel Core i7-6700HQ(2.60GHz)   [メモリ] 8GB   [ストレージ] 1TB HDD   [光学ドライブ] BDXL対応ブルーレイディスクドライブ   [カードスロット] SDXC対応カードスロット   [ディスプレイ] 15.6型ワイド(3,840×2,160ドット)   [OS] Windows 10 Home 64bit   [店頭価格] 税別204,800円前後  


デザイン刷新、ガラス調キーボードに注目

初代"GRANNOTE"こと「LIFEBOOK AH/90P」は2014年2月4日に発表された

GRANNOTEは、もともと50~60代のアクティブな大人世代をターゲットにしたプレミアムノートで、"モノ"にこだわりを持つユーザーの心をくすぐるような上質なデザインが採用されていた。

2016年1月18日に発表された新しいLIFEBOOK AH90/Xも基本的な路線は同じだが、デザインの洗練度が増して40代くらいの比較的若い世代にもアピールする製品に仕上がっている。

特に印象的なのがキーボード面で、パームレストとキーボードの境界部分に段差が設けられ、これがデザイン上のアクセントになっている。また、スピーカー(ハイレゾ対応のオンキヨー製)はカバー部に高級オーディオのような金属製のメッシュ加工が施された。

キーボードはサイドがガラス調の「プリズムクリアキー」を採用しており、バックライトが点灯すると少し緑がかった光がキーを彩ってエレガントな趣を漂わせる。ちなみに、キーボード面はマット調のシルバー塗装が施されており、指紋などの汚れが目立ちにくいのも好印象だ。

より洗練された印象になったキーボード面。パームレストとキーボードの境界部分の段差もデザインされている

ハイレゾ対応のオンキヨー製スピーカー

キーボードはバックライト付き。キーの側面はガラス調で、バックライトがつくと緑がかった光がキーをエレガントに彩る

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) デザイン刷新、ガラス調キーボードに注目
(2) 同社初の4K液晶を搭載!
(3) CPUはSkylake世代のCore i7に
(4) CPU・メモリ・グラフィックスが高スコア
(5) まとめ - デザイン+性能の完成度が高い一台
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

西田敏行、復帰後初イベントで笑顔「万全です」- 演じたクマへの思いも
[20:35 7/27] エンタメ
海女の娘が「ウニめっちゃおる!」- 日本vs世界で漁業をテーマに"頂上対決"
[20:35 7/27] エンタメ
東京都交通局「都電荒川線スタンプラリー」沿線4区のグッズ当たる! 8/1から
[20:28 7/27] ホビー
iiyama PC、Windows 7 Professional 32bit搭載のビジネス向けミニタワーPC
[20:24 7/27] パソコン
「京急リラックマトレイン」も運行、「リラックマ×京急電車企画」8/1から
[20:20 7/27] ホビー