【レビュー】

「mamorino Watch」は子ども向けスマートウォッチの決定版か? - 大人が"はじめてのおつかい"をやってみた

1 「mamorino Watch」をおさらい

山田井ユウキ  [2016/03/04]
  • <<
  • <

1/5

Apple Watchが登場したことで活気づいているスマートウォッチだが、現在のところ業界と一般ユーザーの温度差は大きいように感じる。というのも、スマートウォッチを普段からつけている人をほとんど見ないのだ。これは筆者の観測範囲の問題だけではないだろう。その理由はさまざまあるが、ひとつには「腕時計型である必要がない」からではないかと筆者は考えている。スマートウォッチは現在のところ、スマートフォンの子機にすぎず、ならばポケットからサッと取り出せるスマートフォンで十分に間に合うのだ。

そんな伸び悩むスマートウォッチ市場に、ひとつの可能性が見えてきた。メーカーやキャリア各社が相次いで発売しているキッズ向けスマートウォッチである。スマートフォンほど多機能ではないが、親のスマートフォンと通信できる程度の性能を持ち、防犯に役立つ。キッズケータイと違って腕時計型なので、子どもが紛失する心配も少ない。すべての要素が合理的に噛み合っていて、これでこそスマートウォッチである意味があるというものだ。

筆者が子どもになるしかない!

KDDIが3月下旬に発売する「mamorino Watch」も、そんな子ども向けスマートウォッチだ。時計や防犯ブザー、メールなど基本的な機能を備えるほか、音声通話ができるのが特徴である。また、歩きながらの操作を防止する機能なども搭載している。

「mamorino Watch」3月下旬以降の発売を予定

しかし、実際のところ音声通話はどの程度快適に使えるのか。タッチ操作のしやすさはどんなものなのか。本当に"歩きスマウォ"を防げるのか。そのあたりは実際に使ってみないとわからない。

3月下旬以降に発売するということだが、mamorino Watchをお借りする機会があったので、さっそく使ってみよう。

……といっても筆者には子どもがいない。じゃあどうするか。

子どもになりきって、自分が使うのである。

自分で使います

違和感しかない

mamorino Watchのポップでキュートなデザインとオッサンのビジュアルが絶望的に合っていないが、そこはご容赦願いたい。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) 「mamorino Watch」をおさらい
(2) iPhone没収で冒険に出発!
(3) 最初の壁は通話機能で突破
(4) 大人のスマホにこそ付けるべき機能とは
(5) 頑張れスマートウォッチ!
関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【レポート】貼るだけ! 代官山のインテリアショップ店員が選ぶ、簡単オシャレDIYグッズ
[04:00 5/30] ライフスタイル
水樹奈々、7/13発売の34thシングルより収録曲情報を公開
[01:51 5/30] ホビー
林家たい平、24時間マラソンランナーに! 闘病中の師匠・こん平にパワーを
[23:27 5/29] エンタメ
Gカップ染谷有香、初体験の氷プレイに「恥ずかしさよりも凍えそうで…」
[23:00 5/29] エンタメ
Gカップ森咲智美、OS☆U卒業後の初DVDで「横乳がはみ出してしまって」
[23:00 5/29] エンタメ

特別企画 PR