【レポート】

「デヴィ夫人はプリパラの神」、らぁら役・茜屋日海夏が大絶賛 - SKE48高柳明音も興奮

 

3月12日に全国公開する映画『プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ』に先立ち、東京ドームシティ・ラクーアガーデンステージで3月1日、「映画公開記念☆ぴなまつりイベント」が開催された。会場には、主人公・真中らぁら役の茜屋日海夏、映画オリジナルキャラクター・大神田プロリア役のデヴィ夫人、主題歌を担当するSKE48の高柳明音、須田亜香里、江籠裕奈、古畑奈和、熊崎晴香が登壇した。

(前列左から)茜屋日海夏、デヴィ夫人、(後列左から)須田亜香里、江籠裕奈、熊崎晴香、高柳明音、古畑奈和

『プリパラ』は、2014年7月より放送中のTVアニメ。主人公である小学6年生の真中らぁらが、歌やダンス、ファッションをライブで競い合う仮想世界「プリパラ」を舞台に、アイドルランクの頂点・神アイドルを目指していく。

出演者は2日後に迫ったひな祭りにちなんで、振り袖姿で登壇。「(振り袖を着るのは)成人式以来なので新鮮です!」と笑顔で応える茜屋。帯地で作ったボレロ、頭に孔雀の羽、首元にはエメラルドという豪華な出で立ちで登場したデヴィ夫人は、今回の映画『プリパラ』が声優デビュー作。「声を出す仕事には憧れておりました。『プリパラ』は、本当に可愛らしくて少女たちの夢がいっぱい入っているので、このアニメを見たお子様はすごくハッピーになると思います。でも、大人の私から見ると発想や着想、着色してキャラクターが動くまで、そして声を吹き込む。そこまでのプロセスがなんて大変なんだろうと感心、感銘しております。お子様だけじゃなく、ぜひ大人の方にも見ていただきたい! 毎日殺伐としたニュースがありますけども、『プリパラ』を見ておだやかな気持ちになっていただけたらなと思います」と力強く語る。

映画の見どころについて聞かれた茜屋は「今回の映画は、『プリパラ』劇場版3作目にして初のオリジナルストーリーで展開していきます。特に(デヴィ夫人演じる)オリジナルキャラクターの大神田プロリアさんに関しては、事前にスタッフさんから評判を聞いていたので楽しみだったんですけど、実際に見たら予想の斜め上でした。今回初登場のキャラクターなのに、昔から登場していたようなオーラがあってプリパラの神のような存在感でした!」とデヴィ夫人の演技を大絶賛。

先日行われた『プリパラ』ミュージカルでオリジナルキャラクター・青井めが姉ぇを演じた高柳明音は、「今回の映画は赤井めが姉ぇと赤井めが兄ぃがいい味を出していました。ホロリと感動するシーンもあって、『プリパラ』ファンにはたまらないと思います!」と、『プリパラ』の大ファンを公言するだけあって、終始興奮を隠せない様子だった。

最後に茜屋が、「『プリパラ』は、スタッフさんがいて、キャストがいて、そして何より映画を見に来てくださる方がいて成り立っている作品だと思います。今回の映画『プリパラ』は、週替わりで内容が違う箇所もありますので、毎週見に来てぜひコンプリートしていただけたらなと思います」とコメントし、「ぴなまつりイベント」は幕を下ろした。

会場の子どもたちと一緒に記念撮影

会場の子どもたちにはぴなまつりうちわが配られた(画像右)

映画『プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ』

公開日:3月12日

前売り券:おとな(大学生以上)1,500円、こども(3歳以上、高校生以下)900円、おやこペア2,300円(すべて税込み)

入場者プレゼント:プリパリトリコロールコーデ(1週目:トップス、2週目:ボトムス、3週目:シューズ&ヘアアクセ)

(C)T-ARTS / syn Sophia / 映画プリパラ製作委員会

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

富士フイルム、防塵防滴でAFも高速な広角単焦点レンズ「XF23mmF2 R WR」
[20:20 8/25] スマホとデジタル家電
富士フイルム、クラシカルデザインのAPS-Cミラーレス「FUJIFILM X-A3」
[20:20 8/25] スマホとデジタル家電
シーメンスPLM、予測型エンジニアリング向け新ブランド「Simcenter」を発表
[20:10 8/25] テクノロジー
圧倒的な武装を携え「MGフルアーマー・ユニコーンガンダム(赤)」が再販決定
[20:04 8/25] ホビー
『妖怪ウォッチ』がもちもちぬいぐるみで一番くじに、トムニャンも登場
[20:00 8/25] ホビー

本音ランキング