【レポート】

話題の割に奮わず、リストバンド型ウェアラブル普及の新たな道とは?

1 リストバンド型ウェアラブルの普及状況

 
  • <<
  • <

1/3

近年、スマートウォッチとともに注目を浴びてきたリストバンド型デバイス。スマホのコンパニオンデバイスとして、国内外のメーカーが多数の製品を発表し、携帯キャリアも販売に力を入れてきた。しかし、話題の割には奮っていないのが現状だ。それはなぜか。打開策はあるのか。

リストバンド型デバイスとは?

手首につけて使用するリストバンド型デバイス。各種センサーを搭載し、歩数や距離、消費カロリー、睡眠モニタリング、心拍数の測定ができるのがおおよその共通機能だ。海外からはナイキの「FuelBand」、ジョウボーンの「UP」、サムスンの「Gear Fit」、国内ではソニーの「SmartBand」、東芝の「Actiband」などといった製品が販売されている。

リストバンド型ウェアラブルは普及するか。写真左:東芝の「Actiband」、写真右:ジョウボーンの「UP3」(第2回ウェアラブルEXPOにて撮影)

いずれもスマホと連動して測定データをアプリで閲覧・管理できるのが特徴で、最近では、時刻表示を可能にしたものもあり、スマートウォッチも同様の機能を備えることから、両者の区別はあいまいなものになりつつある。

こうしたリストバンド型デバイスは、スマホ連動の機器として、市場の拡大が見込まれたが、実際は厳しい。MM総研が昨年3月に発表した「日米におけるウェアラブル端末の市場展望」で時計型・リストバンド型の販売台数(予測)によると、2013年度は21万台、2014年度は37万台の販売台数。2015年度はApple Watchの販売開始により73万台に急増と予測、2016年度は94万台と拡大傾向にある。

上記の数値は、いわゆる"スマートウォッチ"も含むが、スマホが国内人口の6割に行き渡り、2013年度から2015年度まで時計型・リストバンド型の販売台数を120万台とみても、60人に1人が購入したに過ぎない。いずれにせよ、足元は100万台程度の市場を少なくとも数十のメーカーが複数の商品をもって売り込む激戦状態にあるといえるだろう。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) リストバンド型ウェアラブルの普及状況
(2) 何が普及を阻害するのか
(3) 活路は意外なところに?
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

松本人志&宮根誠司、生放送でキレまくりの坂上忍に「怖い」「荒れすぎ」
[07:00 10/1] エンタメ
癒やしの水族館が恐怖の空間に! 視覚・聴覚のダブル刺激で恐怖感MAX
[07:00 10/1] 趣味
ドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」に又吉直樹が本人役で出演
[06:00 10/1] ホビー
ジャンポケ太田「品格ある王者に!」『キングオブコント』2年連続決勝へ
[06:00 10/1] エンタメ
『勇者ヨシヒコ』グッズ発売!ヨシヒコたちがTシャツやキューピー人形に
[06:00 10/1] エンタメ