【レポート】

中村の巨人ファン発覚に渡部が虎の目に!? 「THE IDOLM@STER LIVE THE@TER DREAMERS 05」発売記念イベント

 

『アイドルマスターミリオンライブ!』のCD「THE IDOLM@STER LIVE THE@TER DREAMERS 05」発売記念イベントが2016年2月27日、東京・新宿BLAZEにて開催され、四条貴音役の原由実、豊川風花役の末柄里恵、松田亜利沙役の村川梨衣、横山奈緒役の渡部優衣、野々原茜役の小笠原早紀、ロコ役の中村温姫が出演した。今回は昼の部をレポートする。

「LTD」シリーズは『ミリオンライブ!』CDシリーズの第3弾で、ミリオンスターズのアイドル同士がデュエットした楽曲を収録している。『ミリオンライブ!』には765プロでおなじみの13人と、『ミリオンライブ!』からアイマスに加わったシアター組37人が登場するが、本シリーズでは765プロとシアター組の50人が垣根なくデュオを組んでいるのが特徴だ。リリースイベントにも765プロメンバーが参加しており、今回は原由実が『ミリオンライブ!』2ndライブ用衣裳を着て参加した。

メインMCを担当する渡部優衣が「今日はミリオンライブにとって大切な日で、なんと3周年を迎えたんです!」と挨拶すると会場は大歓声に包まれた。記念すべき日なことに加え、野々原茜役の小笠原早紀はなんと今回がミリオン関連イベント初参戦。「直接プロちゃんにお会いできるのほんと嬉しい!」と感激した様子だった。前半のMCコーナーは恒例の「ミリオン奥の細道」の大阪編。原や渡部たちモノホンの大阪人も多いメンバーだけに期待が高まる。

「ミリオン奥の細道」は、お題となる上の句をボックスから引き、チームの2人が中の句、下の句を作ってひとつの句に仕上げ、ご当地感や俳句としての完成度を競うゲーム。季語はお題に入ってなければ中の句、下の句に季節感のある言葉があれば加点される感じで、2周した後に会場の拍手で勝者を決定する。チーム分けは、「THE IDOLM@STER LIVE THE@TER DREAMERS 05」でデュエットを歌った原由実×末柄里恵、渡部優衣×村川梨衣、小笠原早紀×中村温姫の3組だ。

一周目で存在感を見せていたのが、『ミリオンライブ!』関連イベント登場は2度目の中村温姫。トップバッターの中村×小笠原チームが「通天閣 大阪で一番 ビリケンさん」というなかなかの句を完成させたのに対し「季語がない!」とのツッコミを受けると、中村は「ビリケンさんは2月しか見られないようにしよう!」と大胆な提案。これはMC渡部が「わたし去年の夏見たもん」とあっさり却下したのだったが、3番手の渡部が引き当てたお題がなんとズバリ「ビリケンさん」。できあがった句は「ビリケンさん みんな幸あれ ありがたや~」と完璧なものだったが、やはり季語がないことが発覚。さっき「ビリケンさん」を季語扱いにしておけば……となるというミラクルなつながりだった。

二周目はさきほどミラクルを見せた中村と渡部の両端2人のホットラインが再び噛み合う。中村が引き当てたお題はなんと「タイガース」! 渡部といえば熱狂的な阪神タイガースファンだ。中村が「私の贔屓球団は違うんだけど……」とジャイアンツファンであることをにおわせると、渡部は熱い威嚇を見せながら「私が書こか!」とアピールしていた。一方の渡部×村川チームの句「うぐいすの 鳴き声はそう 甲子園」に会場は最初「?」という感じだったが、渡部の「うずいすはうぐいす嬢だから甲子園でええんです!」という技ありリカバーに、大歓声が起こった。

だが、そんな両端の熱い戦いに対し、マイペースを貫いていたのが原×末柄チーム。「ビリケンさんは、足を触ると……何かが起こる? ビリケンさんがいるのは……大阪?」とふわふわした地元知識を見せていた原だったが、回答では「串カツや やけどしちゃうぜ 暑いなぁ~」「たこ焼きを 食べまくったら みな仲間」とコンスタントにうまい句を連発。「暑いなぁ~」は夏なのでは? とツッコミたい空気が周囲にあったものの、良い句ができて大喜びの原に誰も水をさせない感じに。まさに人徳の勝利だった。2試合トータルして、勝負は原×末柄チームと渡部×村川チームが同点トップ。敗れた中村×小笠原チームだったが、串かつトーク中にも「二度漬け禁止って隙を見てつけるもんじゃないんですか?」とギルティな発言をぶっこんでくる中村の存在感は際立っていた。村川はいつも通り、弾けるようなテンションで常に動きまわっていた。

後半のライブパートは、渡部×村川のデュエット曲「夜に輝く星座のように」がトップバッター。歌前でもあいかわらずわちゃわちゃしていた2人だが、一瞬の暗転の間に歌のスイッチを入れているのは本当にすごい。挑発的な微笑みとキレッキレのダンスが際立つパフォーマンスに「私たちすげーギャップ萌えじゃね?」と自画自賛の渡部だった。

中村×小笠原の「fruity love」は、中村がミリオンイベント2回目、小笠原が初イベントというフレッシュな組み合わせ。元気いっぱいな動きからも、2人が一生懸命準備してきたことがひしひしと伝わってきた。小笠原は「もっとかわいくしてと言われました」と、茜のかわいさの加減に苦労したことを語っていた。

原×末柄は「秘密のメモリーズ」。末柄はシアター組の中でも屈指のボーカル力だが、落ち着いたテンポの楽曲での表現力なら原の右に出るものなし。原自身も語っていた通り、2人の声質が似ていることもあり、素晴らしい組み合わせの妙だった。歌い終えた原が「貴音の曲に『風花』という曲があるから、風花ちゃんとは歌ってみたかったの」と語ると、末柄も「私もです!」と感激。一緒のステージを喜び合う2人だった。

最後はもちろん全員での「Dreaming!」で締め。最後の挨拶では初参加組も涙は無し。これから3rdライブツアーの大阪、福岡、幕張の各公演が予定されていることもあり、大阪へ、そして福岡へと、間近に迫る各公演に向けた気持ちをそれぞれに高めている様子だった。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ソフトバンク、富士山山頂でLTE提供 - 下り最大187.5Mbps
[19:32 6/30] 家電
富士通システムズ・イースト、赤潮の発生を早期検知できるキットを発売
[19:28 6/30] テクノロジー
【レビュー】ローソン「ピュアチーズタルト」はどのへんが"ピュア"? 広報に聞いてみた
[19:26 6/30] 趣味
『魔法つかいプリキュア!』、ダイジェスト映像公開! 後期OP主題歌も初公開
[19:25 6/30] ホビー
女性の胸の重さ、Cカップは500mlペットボトル約1本分 ‐ Eカップは?
[19:21 6/30] ヘルスケア

本音ランキング