【レポート】

「デレパ」ならではのハッピーな公録は遊園地が舞台! 「CINDERELLA PARTY!」公開録音イベント03

中里キリ  [2016/02/29]

『アイドルマスター シンデレラガールズ』のWEBラジオ「CINDERELLA PARTY!」の公開録音イベント「CINDERELLA REAL PARTY 03 ~あつまれ! プロデューサー すてきなパレードin らんらんホール~」が2016年2月28日、東京・よみうりランド内らんらんホールで開催され、番組主宰(パーソナリティ)の原紗友里、青木瑠璃子に加え、ゲストの佐藤亜美菜、飯田友子、和氣あず未、山下七海が出演した。

「CINDERELLA PARTY!」は『アイドルマスター シンデレラガールズ』の公式ラジオ番組のひとつ。もうひとつのラジオ「デレラジA」が正統派の看板番組だとすれば、より自由で遊び心がある遊撃番組が「CINDERELLA PARTY!」こと「デレパ」だ。「デレパ」の公録は幕間のお笑い映像を作り込んだり、出演者が身体を張ったコーナーにチャレンジしたりすることにも定評がある。

今回のゲスト陣は橘ありす役の佐藤亜美菜、速水奏役の飯田友子、片桐早苗役の和氣あず未、大槻唯役の山下七海の4人で、演じるキャラクターが昨年放送されたTVアニメ後半クールで活躍した比較的フレッシュな面々。佐藤、飯田、和氣は11月に開催された「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 3rdLIVE シンデレラの舞踏会 – Power of Smile -」の舞台に立っているが、山下七海は今回が正真正銘の『シンデレラガールズ』初イベント、初ステージとなる。

会場となった「らんらんホール」は、この日も家族連れでにぎわう遊園地・よみうりランドの敷地内にある。普段はアシカショーにも使われている全天候型ホールで、客席が可動して幅広い使い方ができるのが大きな特徴。冒頭の諸注意の中で、前方の客席の足元の床の下には水深5mのアシカプールがあることが紹介されると客席は驚きの声に包まれた。イベントが始まると、ステージ背後の巨大な扉がフルオープン。屋外の眩しい光が差し込む逆光を背に6人が登場してポーズをキメ、テープバズーカをぶっ放す……という無駄に壮大な仕掛けでイベントはスタート。「後ろの扉使ってみたくてこんなんになりました」(原)。

イベントの前半は公開録音コーナーで、もし各キャラのソロソングに2曲目があればどんな曲を歌いたい? 会場にちなんで絶叫マシンは得意? といったトークで盛り上がった。今回の会場ならではだったのは「ジェスチャークイズコーナー」。ステージによみうりランドの新マスコットであるグッドくんとラッキーちゃんが登場し、ジェスチャーを披露。原、和氣、山下の「二十歳」(自称含む)チームと青木、佐藤、飯田の「プリプリロック」チームに別れて、そのジェスチャーの内容を答えていく企画だ。「ファッションショー」などの難しいお題をうまく身体で表現するグッドくんとラッキーちゃんに、勝敗以上に感心しきりの6人だった。ジェスチャークイズの勝敗を持ち越してのアシカ卓球(ヒレをラケットに、アシカらしさを表現しながら卓球)対決なども行われ盛り上がりを見せていた。

そして後半戦はもちろんライブコーナー。番組主宰の原・青木コンビは番組から生まれた「でれぱDEないと」と、自分たちで作詞を担当した「デレパレード(仮)」を披露する。「デレパレード(仮)」は、詞の中に顔文字あり、ななめ読みのメッセージありと、番組ソングならではの遊び心がぎっしり。青木は今日は自身が演じる李衣菜の曲を歌わないことに軽く寂しさを見せながらも、「この2曲はここでしか歌えない曲なので!」と語っていた。なおステージでは、「デレパレード(仮)」と、前回の公録の模様を収録したパッケージが春頃に発売されることが明かされていた。そして今回のステージでは、ゲスト4人のソロ曲の時間も。和氣の「can't stop」冒頭では原と青木が扇子ダンサーとしてパラパラ風のダンスを披露。佐藤の「in fact」は、大会場で行われた舞踏会とはまた違う距離感で客席の心を引き込んでいた。

ライブパートひとつめのサプライズは、山下が「Snow Wings」、飯田が「Tulip」と、『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』のオリジナル曲2曲が歌われたこと。『デレステ』楽曲のライブ披露は今のところ非常にレアで、しかもソロバージョンとなれば貴重も貴重。甘やかな声のままハイトーンで伸ばす山下の歌声や、奏が乗り移ったような飯田の妖艶な仕草を目にすることができた。

もうひとつのサプライズは、TVアニメシリーズのラストを締めくくる楽曲「M@GIC☆」のライブ披露だ。締めに歌った作品全体のテーマソング「お願い!シンデレラ」の披露は予想していた人も多いだろうが、この曲には誰もが驚いたはず。特に山下は「シンデレラの舞踏会」に参加していないため、「M@GIC☆」も「お願い!シンデレラ」もステージで歌うのは初めて。しっかりと振付を覚えてキレのある動きを見せていたのは流石の一言だった。ステージを終えた山下は「暖かい『デレパ』が初めてのイベントで良かったです!」と笑顔で語っていた。ほかのゲスト陣も、会場の暖かい空気で緊張が少し解けたことへの感謝を語っていた。ラストは前述の通りテーマソング「お願い!シンデレラ」を全員で歌い、イベント終了となった。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

JR東海「新幹線なるほど発見デー」7月に開催 - 車体上げ実演は今回が最後に
[11:41 5/26] ホビー
トヨタ、配車サービスを手がけるウーバーとライドシェア領域での協業を検討
[11:36 5/26] ホビー
【連載】 山口健太のモバイルデバイスNEXT 【第10回】富士通が最新法人向けPCで、旧世代CPUを採用した裏事情
[11:35 5/26] 企業IT
東出昌大、初の刑事役を捉えた写真公開! 拳銃かまえ鋭い目つき
[11:30 5/26] エンタメ
事例・人材像・アーキテクチャモデルをコンテンツ化 - JDMC、整備に着手
[11:06 5/26] 企業IT

本音ランキング

特別企画 PR