【レポート】

藤岡弘、後輩ライダー戦い方の変化に「これも時代の流れ」-『仮面ライダー』最新ゲーム&映画発表会

 

バンダイナムコエンターテインメントより2016年2月25日に発売されたPS4・PS3・PS Vita専用ソフト『仮面ライダーバトライド・ウォー創生』のプレミアム発表会が、同日都内で催された。

左から、細川茂樹、藤岡弘、、西銘駿の歴代「仮面ライダー」俳優たち

本作は、第1作『仮面ライダー』(1971年)の放映開始から45年というメモリアルイヤーにふさわしく、仮面ライダー1号からシリーズ最新作『仮面ライダーゴースト』まで、歴代の主役ライダーたちすべてが結集し、テレビでの臨場感そのままに、迫力の戦いが繰り広げられる。さらに、3月26日からは仮面ライダー1号/本郷猛を主役にした映画『仮面ライダー1号』が公開。発表会では、ゲーム発売と映画公開を記念し、藤岡弘、(仮面ライダー1号/本郷猛)、細川茂樹(仮面ライダー響鬼/ヒビキ)、西銘駿(仮面ライダーゴースト/天空寺タケル)の3名がゲストとして参加し、撮影当時の思い出や、最新映画・ゲームについてのトークを行った。

冒頭で映画の特報が上映されると、そこに悪の組織「ショッカー」の戦闘員(骨戦闘員)たちが乱入。せっかくの発表会をショッカーが荒らそうとした時、仮面ライダー1号、響鬼、ゴーストがさっそうと登場し、戦闘員たちをなぎ倒し、会場の平和をみごと守ってくれた。

続いてステージには、『仮面ライダーバトライド・ウォー創生』のプロデューサーを務める、バンダイナムコエンターテインメントの佐藤秀俊氏、続いて藤岡ら3名が登壇し、ゲームや映画についてのトークが開始された。

佐藤氏は、今回のゲームの特徴について「今回は『バトライド・ウォー』シリーズ3作目ですが、『昭和ライダー』が参戦するなど、登場するライダーが大幅に増えました。TVシリーズ全26作品の主役ライダーを含む、総勢45人以上のライダーがプレイ可能です。そして、藤岡さん、細川さん、西銘さんをはじめとする多数の歴代キャストがキャラクターボイス(CV)を務め、ゲームでしか実現しない夢の共演が体験可能になっています」と、充実の内容をアピール。さらに『仮面ライダー』第1話「怪奇蜘蛛男」で本郷猛が改造手術台に乗せられる名場面をCG動画で再現したほか、仮面ライダーの歴史をめぐる興奮のオリジナルストーリーや、好きなライダーをタッグパートナーに選ぶことのできる「ダブルライダーシステム」など、幅広い年代にわたる仮面ライダーファンすべての興奮を誘うような内容が含まれていると説明した。

藤岡は、なんといっても『仮面ライダー』の原点である1号を演じた、シリーズの最重要人物。ゲームでは歴代ライダーで唯一、変身前の本郷猛としても登場する。さらに"その後の本郷猛"を描いた映画『仮面ライダー1号』の主演を務めた藤岡は、45年前の『仮面ライダー』撮影当時を思い出すと「身が引き締まり、体が熱くなる」と語り、45年の時を越えて再び本郷猛という役を演じることの「重み」を噛みしめていた。「本郷はショッカーによって改造人間にされ、二度と普通の人間に戻れない悲しみと孤独があった。そして唯一の武器は己の肉体のみ。パンチやキックが必殺技でした。でも45年もの月日が経って、仮面ライダーの戦い方もずいぶん変化しました。これも時代の流れですね」と、長きにわたって作り続けられた「後輩」ライダーたちが一同に集結したゲームの内容に触れ、感想を述べた。

1号の誕生から約30年の時を経て、2000年の『仮面ライダークウガ』から「平成ライダー」とのちに呼ばれる仮面ライダーの新しい歴史が始まった。「平成ライダー」としては6作目にあたる『仮面ライダー響鬼』(2005年)で主演を務めた細川は、「仮面ライダーで主役を務めた俳優の平均年齢は21歳くらいだったのですが、僕が響鬼を演じたのは33歳の時なので、『おっさんライダー』なんて呼ばれていました(笑)」と、異色の年長ヒーローだった『響鬼』を振り返った。

細川は、ゲームのCVを収録する際には「約10年ぶりに響鬼を演じたのですが、最初はなかなかスイッチが入らず、どんな風に演じていたかなあとスタッフさんに尋ねながらの収録でした」と苦労する場面もあったという。だが、「それだけに、飄々としたヒビキの雰囲気が再現されていると思います」と、結果としてキャラクターの特徴を出す仕上がりになったようだ。細川にとって、『響鬼』は特別な作品だったようで「仮面ライダーは日本の宝。今でもいろんなところに行くと、ヒビキと声をかけてもらえる。いつまでもヒーローだった時の気持ちを忘れずに、ライダーの名に恥じない生き方をしていきたい」としみじみ語っていた。

現在、テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダーゴースト』で、主人公の天空寺タケルを演じている西銘は、「『ゴースト』が俳優としてのデビュー作。タケルは一度命を失って、ゴーストとしてよみがえった存在です。幽霊なので、最初は一人芝居のシーンが多くてとても苦労しました」と、約半年前となる撮影開始時を振り返る。

イベント中盤、西銘が実際にゲームプレイに挑戦するひと幕があり、メインで操作する仮面ライダーゴーストのタッグパートナーには、自身が子ども時代に見て好きだった仮面ライダー龍騎(『仮面ライダー龍騎』2002年)をチョイス。プレイ体験後、西銘は「すごく爽快感がありました。大勢の敵をなぎ倒していくところや、テレビと同じように眼魂(アイコン)によってゴーストチェンジするところなどが再現されていて、感動しました」と、ゲームの魅力を興奮気味に伝えた。

最後に藤岡は、「仮面ライダーを演じてから45年、俳優活動の中で世界のいろいろな場所を旅してきました。その中には悲しみや苦しみ、そして多くの感動がありました。今度の『仮面ライダー1号』には企画段階から関わらせていただき、私自身の体験や強い思いを反映しています。子どもたちの未来に対して、われわれ大人たちは責任を持たなくてはならない。子どもは世界の宝です。特に『命の尊さ』を今の子どもたちに伝えたいと強く思っています。それは最初の『仮面ライダー』に携わった恩師、先輩スタッフたちの思いでもあります。今回、映画とゲームで再び演じた本郷猛には、45年前から今までの私の思いが込められています。これからも自分に与えられた責任と使命を感じながら、前へ向かって前進していきたいと思いますっ!」と、映画『仮面ライダー1号』にかけた熱い思いを語った。

PS4・PS3・PS Vita専用ソフト『仮面ライダーバトライド・ウォー創生』は現在発売中。また、映画『仮面ライダー1号』は3月26日より全国劇場にて公開。

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
(C)石森プロ・東映
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

1人のWebエンジニアがVRアプリを2週間で作った話
[08:00 7/2] 企業IT
【連載】鉄道トリビア 第361回 箱根登山鉄道があじさいを植えた理由は観光客のためではない!?
[08:00 7/2] ホビー
【インタビュー】「ワンキュッパ」で三大キャリアに挑むY!mobile - ユーザーを取り込む積極的な取り組みについてキーマンに聞いた
[08:00 7/2] スマホとデジタル家電
【レビュー】Astell&KernのハイコスパDAP「AK70」レビュー - AK Jrの単なる強化版にあらず
[08:00 7/2] スマホとデジタル家電
がん患者、2012年は新たに86.5万人 がん研究センター推計
[08:00 7/2] テクノロジー

本音ランキング