【ハウツー】

知っておきたい「Twitter」のアプリ連携解除方法 - 愛と人生のセキュリティ対策ナビ

 

スマートフォンやタブレットは便利な反面、ちょっとした使い方や設定のしくじりで思わぬトラブルが発生することも。人格を疑われかねない恥ずかしい失敗から、金銭や犯罪がからむ深刻な問題までトラブルのレベルは様々だが、ここでは困った事態に陥らないための対策を紹介していきたい。今回は「Twitter」のアプリ連携解除について。

***

Twitterで困ることのひとつは、怪しいアプリを連携してしまい投稿した覚えがないツイートをされてしまうこと。

一時期、Twitterで流れてきたツイートの続きが見ようとしてURLをクリックし認証すると、自分のアカウントから勝手にツイートされてしまうという、アプリ認証を悪用したスパムが流行っていた。「○○で放送事故?」といったスクープ風や「あなたはどのタイプ?」といった診断風の投稿がそれだ。

今ではアプリ認証系スパムは下火になったかと思ったところ、先日、人気サイト「アキネーター」を装ったスパムアプリが登場。また、某人気漫画のセリフをツイートするアプリを認証したら、毎日セリフがツイートされてしまって困るというお悩みも出てきている。今でも地味にアプリ認証のトラブルが続いているので、やはりTwitterにおけるアプリ連携の解除方法を覚えて余計なアプリは切っておきたいところだ。

アプリ認証画面は他のサービスと併せて使いたいときは便利だが

Twitterのアプリ連携を解除するには、ブラウザからログインする必要がある

解除するにはまずブラウザでTwitterにログイン。スマートフォンなどモバイルデバイスから操作する場合は、Safariの「デスクトップ用サイトを表示」などChromeの「PC用サイトをリクエスト」などブラウザのPC表示モードに切り替えよう。

スマートフォンから設定する場合はPC表示モードに切り替えよう

その後、画面右上にある方のプロフィールアイコンから、「設定」を選択。続いて、画面左側の一覧から「アプリ連携」をタップして、アプリ連携の設定画面に移行する。あとはアプリを選んで「許可を取り消す」をクリックすれば、アプリ連携の解除は完了だ。

画面右上の方にある小さなプロフィールアイコン→「設定」と進もう

画面左側に設定に関する一覧が表示されるので、「アプリ連携」をクリック

連携を解除したいアプリの「許可を取り消す」をクリックすれば終了

この方法で怪しいアプリを切っておけば、認証悪用系のアプリによるツイートで困る事態は解決できるはず。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

アグリーメント、営業支援パッケージにデータ分析用テンプレートを追加
[12:00 8/30] 企業IT
【連載】Hadoopによるビッグデータ分析基盤設計入門 (3) DWH/RDBMSとHadoopの特徴比較
[12:00 8/30] 企業IT
兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第76回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(17) テレワーク
[12:00 8/30] 企業IT
漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第336回 ガラガラゲット
[12:00 8/30] 趣味
名画とスター猫がコラボ!? 今度の「ねこ休み展」は美術館がテーマ
[11:54 8/30] 趣味