【レポート】

4月からキャリアの電力サービスがスタート - プランや値引きはどう違う? それぞれの特徴をチェック

1 ソフトバンクでんき

 
  • <<
  • <

1/3

2016年4月からスタートする電力自由化により、従来の大手電力会社だけでなく地域の電力会社や新規参入の電力事業者から電気の契約先を選択できるようになる。新規参入の電力会社としてガス会社や石油会社など様々あるが、注目は通信会社によるサービスだ。

ポイント付与やモバイル・固定回線の通話料金とのセット割などにより、費用面における割引が期待できる通信会社の電力サービス。ソフトバンクの「ソフトバンクでんき」とKDDIの「auでんき」、ドコモの動向についてまとめて紹介する。

豊富なプランが魅力の「ソフトバンクでんき」

「ソフトバンクでんき」

ソフトバンクが提供する「ソフトバンクでんき」は4月1日時点では東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリアのみの提供になるが、順次全国に拡大していく。プランは大きく分けて3種類。「スタンダードプラン」、「バリュープラン」、「プレミアムプラン」だ。

  • スタンダードS/L/X

単身・夫婦共働き向け。「スタンダードプラン」は「S」「L」「X」の3つに分かれ、「スタンダードS」はアンペアブレーカ契約で60Aまでのプランで、「スタンダードL」は利用者取り付けのブレーカでの契約で6kVA以上のユーザー向けプラン。また、「スタンダードX」はスマートメーターを使って計測した使用状況で基本料金が決定される。

  • バリュープラン

3~4人家族を対象としたプラン。東京電力との提携による共同プランで、毎月の使用電力が300kWhまで定額だ。300kWhに満たなかった場合は、使わなかった分の電力量に応じてTポイントまたはソフトバンクの携帯電話で利用可能なデータ量として還元される。

  • プレミアムプラン

大家族向けのプラン。電力量料金が400kWhまで定額で、超えると割安になる単価設定の従量制になっている。

「ソフトバンクでんき」の3プラン

ポイント付与については、東京電力との提携を通して提供するプランにおいて、1,000円で5ポイント、Tポイントが貯まるようになっている。また、通信料金とのセット割については「おうち割 でんきセット」を用意。ソフトバンクの携帯電話または「SoftBank 光」などの固定通信サービスと合わせて契約することで、携帯電話また固定通信サービスの利用料金から最大毎月300円を割引かれる。

  • 供給エリア: 東京電力・中部電力・関西電力エリア(順次拡大予定)
  • セット割: 「おうち割 でんきセット」
  • セット割の割引額: 最大300円割引
  • ポイント付与対象: Tポイント
  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) ソフトバンクでんき
(2) auでんき
(3) ドコモはどうする?

人気記事

一覧

新着記事

マツダ、タイのパワートレイン工場に221億円投資 - 生産能力を増強
[18:01 8/30] テクノロジー
洋楽人気対決 - ブラックモアズ・レインボー 40歳以上限定
[18:00 8/30] エンタメ
佐々木希、連続殺人鬼として再登場 - 波瑠と横山裕は警戒してホテル生活へ
[18:00 8/30] エンタメ
理研と産総研、包括的連携に関する基本協定を締結 - 2050年の課題解決に挑む
[17:57 8/30] テクノロジー
デノンの新作イヤホン3機種を聴いてきた - 新たな最上位ヘッドホンやBluetoothイヤホンの参考展示も
[17:47 8/30] スマホとデジタル家電