【レポート】

CP+2016 - シグマの新作レンズは「50-100mm F1.8 DC HSM」と「30mm F1.4 DC DN」

 

神奈川県・パシフィコ横浜で開催の「CP+2016」、シグマブースのレンズ製品を見ていこう。発表されたばかりのAPS-Cサイズ用「50-100mm F1.8 DC HSM」と、マイクロフォーサーズ用とソニーEマウント用「30mm F1.4 DC DN」に注目だ。

シグマブース

製品名に「DC」が付く「50-100mm F1.8 DC HSM」は、APS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラ用となる。すでに発売済みの「18-35mm F1.8 DC HSM」と同じく、ズーム全域でF1.8の明るいズームレンズだ。F1.8通しを考えればコンパクトともいえるが、それでも大口径望遠ズームらしく、大きく、そしてずっしりとした重さがあった。

APS-Cサイズ用中望遠ズームの「50-100mm F1.8 DC HSM」

前玉はF1.8らしく大きい。そのため、フィルター径は82mmである

ミラーレスカメラ用の「30mm F1.4 DC DN」も発表されたばかりの新製品で、こちらも触れることができた。F1.4の明るいレンズだが、その割りにはそれほど大きくはなく、重さも265gとまずまず軽い。別の「30mm F2.8 DN」は画質優先で設計されるArtラインだが、この30mm F1.4 DC DNは、コンパクトで幅広い用途に向けたContemporaryラインとなっている。

「30mm F1.4 DC DN」はマイクロフォーサーズマウント用とソニーEマウント用が発売予定

F1.4の標準レンズとしてはコンパクトだが、ミラーレス機に付けると大口径らしい雰囲気

ソニーEマウント用のマウントアダプタ「MOUNT CONVERTER MC-11」は、シグマのレンズと組み合わせることで、レンズの補正データをカメラに送り、カメラ側での各種補正を可能にする製品だ。もちろん、AFや絞り制御も可能である。

「MOUNT CONVERTER MC-11」はソニーのEマウントカメラに使う製品。使用できるレンズはシグマSAマウント用とキヤノンEF用がある

現状では19本のシグマレンズに対応。機能上、MOUNT CONVERTER MC-11にあるUSB端子とパソコンをつないで、対応レンズを増やせるそうだ。

MOUNT CONVERTER MC-11にはUSB端子があり、パソコンとつないでレンズデータを更新できる

内部は植毛で、内面反射を抑える設計

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

i☆Ris、13thシングル「Re:Call」座談会 - この4年間をそれぞれ一言で表すと「積み木・分岐・挑戦・自分・葛藤・芹澤優」
[15:00 7/29] ホビー
『ミニオンズ』新作短編、初の本編映像公開! やりたい放題でお尻もポロリ
[15:00 7/29] エンタメ
アナログ半導体業界再編 - ADIのLinear Technology買収を読み解く
[14:57 7/29] テクノロジー
[長谷川博己]得意満面でゴジラポーズ 竹野内豊が続くも石原さとみは拒否!?
[14:52 7/29] エンタメ
Webデザインの考え方を4分で体験できるサイト
[14:50 7/29] 企業IT