【レポート】

CP+2016 - オリンパス、「PEN-F」のタッチ&トライに長蛇の列

1 「ペンF」や「OM-1」など往年の銘機も勢ぞろい

 
  • <<
  • <

1/2

パシフィコ横浜で2月28日まで開催中の「CP+2016」。オリンパスは新製品「OLYMPUS PEN-F」や「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」の体験コーナーを設けた。毎年恒例、受付でオリンパス製カメラを提示するとオリジナルステッカーがもらえるサービスも実施中だ。

CP+2016のオリンパスブース。同社のカメラ生産80周年を記念して、歴代の銘機を集めた展示も

フィルム時代の「オリンパスペンF」と「OM-1」

今年の主役は「OLYMPUS PEN-F」

オリンパスブースの目玉「OLYMPUS PEN-F」のタッチ&トライコーナーにはやはり長蛇の列ができた。左のブラックボディには専用グリップが装着されている

受付横のカプセルには、普段は社外秘のお宝が。OLYMPUS PEN-Fの開発時のアイデアスケッチに、操作性を検討するためのモックアップ、ダイヤルの試作品などが展示されていた

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0に角型の純正レンズフードを付けたOLYMPUS PEN-F。ブラックとシルバーどちらがお好み?

階段を上ると「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」撮影体験コーナーがあり、高い所から試写できる。この写真で、300mmレンズの隣に付いているのは「ドットサイト照準器 EE-1」で、被写体を見失った時の再補足に役立つ

オリンパス80周年展示の手前のカプセルには「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」のカットモデルがさりげなく置かれているのでお見逃しなく

OM-D EM-1のファームウェア Ver.4.0で実現した「深度合成モード」の体験コーナー。マクロ撮影時でも手前から奥までフォーカスが合った写真を撮影できるという

2016年のステッカーはもちろん「OLYMPUS PEN-F」、転写型とシルバーのセットを配布。右下は「Four Thirds スタンプラリー」でもらえるマイクロフォーサーズマウント型のペーパークリップ

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 「ペンF」や「OM-1」など往年の銘機も勢ぞろい
(2) 防水カメラ「Tough」シリーズも元気
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

モノのデザイン 第7回 ブランドの象徴「金のリング」を"再定義" - タムロン 一眼レフ用交換レンズ「SPシリーズ」(後編)
[09:40 7/26] 企業IT
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス