【レポート】

CP+2016 - DJI、ドローン搭載可能なサーモグラフィーカメラをいち早く披露

 

温度を色分け表示&中心温度を表示するカメラ。救難活動や狩りの応用に期待

パシフィコ横浜で2月25日~28日で開催の「CP+2016」。ドローンカメラで人気の高いDJIブースでは、現行製品の展示やフライトデモに加え、新製品となるサーモグラフィーカメラ「ZENMUSE XT」の展示が行われていた。

DJIブース

参考展示ではあったが、「ZENMUSE XT」はサーモグラフィーカメラと呼ばれる「温度を感知するカメラ」だ。DJIのドローンに取り付け、赤外線による空撮を実現する。ZENMUSE XTの解像度は640×512ドット(30Hz)か336×256ドット(30/60Hz)と低いものの、高ゲイン時に-25~+135℃(640×512ドット時)、-25~+100℃(336×256ドット時)、ローゲインでは-40~+550℃の温度を感知できるという。

利用目的としては、遭難者を発見するような救難活動や、動物を確認するハンティングとしての用途があるとの説明だった。発売は2016年の第1四半期を予定しているので、間もなく正式アナウンスされるだろう。

新製品のサーモグラフィーカメラ「ZENMUSE XT」。飛び回りつつ熱源を発見

展示会場の無線状態が悪いため、画像にやや乱れがあるものの、いわゆる「サーモグラフィー」的な画像が出ているのがわかる

色あいはダイヤルで調整可能。中心部の温度を表示するモードが用意されている

加えて、ドローンの実機を飛ばすフライトデモによる説明を行っていた。CP+2016の初日(2月25日)に飛ばしたドローンは「PHANTOM 3」のみということだったが、安定動作が行われていることを「ドローンを掴む」「横から小突く」ことでアピールしていた。

安定化のためには、GPS測位だけでなく、下方向へ超音波を出して高さをチェックする機能や、下方向のカメラで高度などをチェックする「ビジョンポジショニングテクノロジー」を使っている。これはPHANTOM 3シリーズの下位モデルに当たる「Standerd」では装備されていない(Standerdはコントロール範囲が狭い)。

DJIが出展するイベントにて、お馴染みとなったフライトデモ(網の中で行われる)。時間帯によって機種が変わると思ったのだが、初日はPHANTOM 3のみとのことだった

安定フライトのデモ。横から小突いて本体は斜めになっているが、カメラはジンバルで安定されており、本体もすぐに水平に戻っていた

安全のため、ドローンを来場者が直接操作することはできないが、PHANTOM 3用のフライトシミュレーションが用意されており、コントローラーを使って疑似的な体験が可能。2015年のCEATEC JAPANで発表された「OSMO」も、体験可能な台数が多く、多くの人が試していた。

PHANTOM 3のフライトシミュレーター体験

シミュレーターゆえにカメラからの映像視点だけでなく、別視点からも確認可能だ

2015年に発表された「OSMO」も複数の体験台数を用意

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム
[00:21 9/30] 趣味
白亜の館で古き良き時代にタイムスリップ
[00:21 9/30] 趣味
誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に
[00:21 9/30] 趣味
[りゅうちぇる]ハプニング目撃し「キャー!」 メーキングでぺことの出会いも赤裸々に……
[00:00 9/30] エンタメ
[オーバーロード]総集編が劇場版アニメ化決定
[00:00 9/30] ホビー