【レポート】

CP+2016 - キヤノン「EOS-1D X Mark II」「EOS 80D」でスポーツ撮影体験

1 最新のAF性能を実感! 望遠撮影コーナーも

 
  • <<
  • <

1/2

パシフィコ横浜で2月28日まで開催中の「CP+2016」。キヤノンブースでは、発表されたばかりの「EOS-1D X Mark II」や「EOS 80D」など話題のカメラ実機や周辺機器を展示。多くの人々が訪れている。

今年・2016年はオリンピックイヤー、そしてキヤノンがJOC・JPC/東京 2020のスチルカメラ&デスクトッププリンターにおけるゴールドパートナーであることから、ブースはまさにスポーツ写真一色。スポーツ写真というフィールドにおけるキヤノン製品の優位性を強く打ち出している。

スポーツ写真のイメージを強く押し出すキヤノンブース

キヤノン最新のAF性能を実感

さて、本稿では一眼レフカメラの展示を中心にご紹介しよう。大きな注目を集めているのは、何といっても「EOS-1D X Mark II」と「EOS 80D」。2月18日の発表会でも予告したとおり、タッチ&トライコーナーには試写可能な実機がずらりと並んでいる。

また、タッチ&トライコーナーの奥に設置されたステージでは、男子床競技や女子新体操の選手たちが競技会さながらに熱演。彼らを被写体に試写しながら、カメラのホールド感や操作性、シャッターフィーリング、さらには新しいAFの速度と精度、追従性といったスポーツ写真に重要な性能を確認できるのだ。

EOS-1D X Mark IIのタッチ&トライコーナー。最新フラッグシップ機の実力を体感してみよう

EOS 80Dのタッチ&トライコーナー。実機の台数には結構余裕がある

こんな具合で、体操選手たちの演技を撮影可能

本格的なスポーツ写真撮影を体験できるチャンス!

ファインダーを覗いてシャッターボタンを半押しすると、フォーカスがリボンや手足に吸い付いて行くのがわかる

EOS-1D X Mark IIは、初日の午前中からこの人気ぶり! お一人様5分の時間制限。しかし、そのおかげで意外に早く順番が回ってくるかも?

その他にも、5,060万画素センサーを搭載した「EOS 5Ds R」、「EOS M3」などのミラーレス一眼、「EOS Kiss X8i」といったエントリーモデルの試写機も、もちろん用意。スタッフがマンツーマンで付いてくれるので、わからないことがあっても心配は無用。丁寧に教えてもらいながら、最先端一眼の高性能をどんどん試してみよう。

EOS-1DX Mark IIを使った望遠レンズ撮影体験コーナー。なんと、この位置からステージの体操選手を狙えるのだ!

2020年東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げるキヤノンの強力な布陣

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 最新のAF性能を実感! 望遠撮影コーナーも
(2) PIXUS PROの高画質プリントも
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

mineo、加入者増を目指し「攻め」のキャンペーンを展開 - プレミアムコースの有料トライアルも
[15:03 8/31] スマホとデジタル家電
HKT48兒玉遥、竹下通りを金髪ギャルメイクの女子高生姿でかっ歩 - 公約実行
[15:00 8/31] エンタメ
アドビ、「初音ミク」モチーフの創作テクを公開- Twitterキャンペーンも
[15:00 8/31] 企業IT
マライア・キャリーの姉、 売春容疑で逮捕
[14:48 8/31] エンタメ
[高島彩]子育ては「遊ぶように楽しく学ばせる」 白×緑の爽やかファッションで登場
[14:45 8/31] エンタメ