【レポート】

スマホで猫、撮り方を学んできた - アドビ「Photoshop Mix」撮影講座

1 猫から「いいね!」をもらうには

  • <<
  • <

1/5

2月22日が「猫の日」であることを記念して、アドビシステムズが「Photoshop Mix」を使った撮影講座を開催した。講師は猫写真家である石原さくら氏とアドビのCreative Cloudエバンジェリストである仲尾毅氏。猫と仲良くなる方法や猫の写真をスマホで上手に撮影するコツ、撮影した写真を加工する方法についてデモを交えながら解説した。

猫写真家の石原さくら氏(右)とアドビのCreative Cloudエバンジェリストである仲尾毅氏(左)、そして猫(中央)

言うまでもないが、ネットで一番人気があるのは今も昔も猫の写真である。だが、静物と違って動物はイメージ通りに撮影できるとは限らない。どんなに高級なカメラを持っていても、そっぽを向かれてしまったらかわいい顔は撮れないのだ。そう、いい写真が撮れるかどうかは、猫と仲良くなれるかどうかにかかっているのである。

ということで、前半は猫写真家である石原氏が「猫と仲良くなる方法と、猫の写真をスマホで上手に撮影するコツ」について教えてくれた。

会場は吉祥寺の猫カフェ「てまりのおうち」

猫に気に入っていただくための5か条

石原氏によると、猫と仲良くなるには5つのポイントがあるという。

  • 「かわいい!」と思っても、ぐっとガマンで大きな声を出さない。
  • 「かわいい!」と思っても、すぐには近づかない。
  • 「かわいい!」と思っても、急に触らない。
  • 「かわいい!」と思っても、顔をのぞきこまない。
  • とにかくリラックスしましょう!

猫と仲良くなれるかな?

すべてのポイントに共通するのは、「ゆっくり時間をかけて猫と仲良くなる」ということだ。猫の警戒心が解けるまで、少しずつ距離をつめていくことが大事なのである。ちなみに「顔をのぞきこまない」というのは「目を合わせてはいけない」ということ。猫の目をじっと見つめると、威嚇していると思われてしまうので、なるべく目をそらすようにすること。もし目が合ってしまったら、瞬きをすることで敵意がないことを示せるという。覚えておこう。 b 猫を触るのも注意が必要。猫によって触られて好きな場所と嫌いな場所がある。まずは指を差し出して自分のニオイをかがせることがポイント。猫が落ち着いたら、お尻のあたりから触り始め、顔の下あたりを触ってあげるといい。

まずは猫に落ち着いてもらうこと

これは落ち着きすぎじゃない?

さて、猫が慣れてきたところで、次の段階として石原氏が紹介するのは「猫ともっと仲良くなるための猫モテテクニック」だ。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) 猫から「いいね!」をもらうには
(2) 石原氏直伝の猫モテテクとは
(3) 猫の表情を引き出すテクニック
(4) Photoshop Mixで猫写真をブラッシュアップ
(5) 切り抜き作業も指先でスイスイ

人気記事

一覧

新着記事