【レポート】

進化を遂げる映画館、生き残りの策とは

1 来場者が右肩下がりの一方で……

 
  • <<
  • <

1/4

2015年にシリーズ10年ぶりとなる新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開された。2016年2月現在、興行収入は全世界で20億ドルを突破し、快走を続けている。そんな明るいニュースもあるが、映画館の置かれている現状はそう甘くないようだ。
※特にことわりのない限り、記事内の価格はすべて税込。映画料金については一般料金を参照している。

来場者減、しかし「映画ファン」は通い続ける

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションが2015年6月に行った調査結果によれば、直近1年以内に映画館で映画を観た人は35.9%。過去の調査結果と照らし合わせると、その数はじわりじわりと減少し続けている。

映画館での鑑賞頻度が下がっている一方で、1人あたりの鑑賞本数は増加傾向にある。直近1年以内に、映画館で「1本のみ」映画鑑賞した人の割合は減り、「5~11本」「12本以上」観た人の割合が増えた。全体の鑑賞率は下がったとはいえ、映画館に通う人は、より足繁く通っているという現状がうかがえる。

直近1年以内の映画館での映画鑑賞率(NTTコム リサーチ調べ)

過去調査からの鑑賞率の推移(NTTコム リサーチ調べ)

直近1年以内に映画館で観た映画本数(NTTコム リサーチ調べ)

そういった状況に合わせて生き残っていくために、ユニークな試みにどんどん挑戦しているのが東京都・立川市にあるシネマシティだ。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 来場者が右肩下がりの一方で……
(2) 仕掛け人は何を考えるのか
(3) 音響への情熱がハンパない
(4) ユーザーが上映イベントを作る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

スクート、新千歳=台北=シンガポール線就航「構想から長い時を経て」
[21:34 10/1] 趣味
[最上もが]まるでヌード! レスリー・キー撮影でアート写真集 大胆ビジュアル解禁
[21:30 10/1] エンタメ
哀川翔、本業はもはやカブトムシ飼育!?「来年は大きさでギネスを狙います」
[21:30 10/1] エンタメ
[三吉彩花]初の写真集でロングヘアを40センチばっさり セクシービキニも披露
[21:00 10/1] エンタメ
川島海荷、『ZIP!』新MC就任で滑舌強化トレーニング「結構、激しかった!」
[21:00 10/1] エンタメ