【ハウツー】

LINEの通知は切っておいた方が安全!? - 愛と人生のセキュリティ対策ナビ

スマートフォンはやタブレットは便利な反面、ちょっとした使い方や設定のしくじりで思わぬトラブルが発生することも。人格を疑われかねない恥ずかしい失敗から、金銭や犯罪がからむ深刻な問題までトラブルのレベルは様々だが、ここでは困った事態に陥らないための対策を紹介していきたい。

***

皆さんは「LINEでやらかした」というと何を思い浮かべるだろうか? 多くの人はLINE画面が流出しスキャンダルとなった騒動を思い出すはずだ。

LINEのトーク画面をのぞき見されるのも怖いけれど、LINEを使っていて思わぬ形でプライバシーが明るみに出ることもある。それは「通知」を利用している場合だ。LINEはデフォルトの設定では、ロック画面に発信者とメッセージの冒頭が通知として表示される。

こんな感じのメッセージが通知で表示され、他人に見られた日には……

この通知は端末にパスコードロックがかかっていてももちろん読むことが可能。トークの全文は読めなくとも、誰からどういった趣旨のメッセージが来たかは把握することができる。そのため浮気相手からのLINE通知を家族が見てしまい、浮気がバレてしまったなんて方もいるかもしれない。その場合は浮気するほうが悪いので同情の余地はないが、そうハードな状況でなくとも家族や恋人、友人などからのプライベートなメッセージを、人に見られるというのはかなり恥ずかしいし、プライバシー上の問題もある。

プライベートなやりとりをなるべく第三者に知られたくないなら、設定でLINEの通知内容を制限しておいたほうがいいだろう。通知を設定するには、画面内の「…」をタップしてから「設定」→「通知」と進み、iOS版の場合は通知設定画面内の「メッセージ内容表示」をオフに、Androidの場合は「メッセージ通知の内容表示」のチェックを外せば完了だ。

iOSの場合は「メッセージ内容表示」のスイッチをオフに

Androidの場合は「メッセージ通知の内容表示」のチェックを外す

これでロック画面に出る通知は「新着メッセージがあります」のみで、相手の名前やメッセージが表示されることはない。また、「新着メッセージ」の項目をオフにしておけば、ロック画面に通知そのものが表示されなくなる。

LINEは便利で楽しいコミュニケーションツールだが、人の目を気にせず使いたいならまずは通知の設定を見直しておきたいところだ。

設定後は通知が出ても、この通り相手の名前とメッセージは表示されない

人気記事

一覧

新着記事