【レポート】

Vシネマ『仮面ライダーチェイサー』見どころは人間らしいチェイス&刑事ライダー共演 - 完成披露で『ドライブ』チーム集結

 

4月20日にDVD&Blu-rayが発売されるVシネマ『ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー』の完成披露上映イベントが2月20日、都内・T-JOY大泉にて開催。主演を務める上遠野大洸をはじめとする主要キャストが舞台あいさつに登場した。

左より、馬場ふみか、山崎真実、蕨野友也、上遠野大洸、竹内涼真、内田理央、木ノ本嶺浩、稲葉友

本作は、2014年10月から2015年9月まで放送された特撮TVドラマ『仮面ライダードライブ』の外伝エピソードとして製作されたもので、ドライブ、マッハに続く第三の仮面ライダー、仮面ライダーチェイサー/チェイスをメインに据えた作品。2015年夏に公開された映画『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』とテレビシリーズ第41話の間に位置するという物語は、人間に憧れ、人間のような感情を持ちたいと願うチェイスに超進化体ロイミュード・エンジェルが接近し、黄金の羽を用いて彼に人間らしい感情を与えるという筋書きとなっている。

人間らしく豊かな表情を見せるチェイスの姿は、このVシネマでしか見られない。そして、仮面ライダードライブ/泊進ノ介と同様「刑事で仮面ライダー」の仮面ライダーアクセル/照井竜(2009~2010年に放送された『仮面ライダーW/ダブル』)がゲスト出演し、2人の刑事ライダーが対面。一緒に戦うというビッグイベントも加えられている。

上映終了後、詰めかけたファンからの大きな声援と拍手に迎え入れられて、主要キャスト陣がステージに現れた。主演の仮面ライダーチェイサー/チェイス役・上遠野大洸は、今回のVシネマの話を初めて聞いた時のことを振り返って「喜び半分、驚き半分。けっこう以前から『ドライブ』が終わったあとに『チェイサー』で外伝を作るかもってプロデューサーさんから言われていたけれど、台本をもらうまでの時間が長くて、ポシャったんじゃないかと心配だった」と、自身を主役にした物語ができたことに驚きと喜びを感じていた模様。作品の内容については「チェイスの今まで語られなかったところ、気になっていた謎が一気に紐解けて、スッキリします」と、自信たっぷりに紹介した。

1年間『ドライブ』の主演を務めあげた後、テレビ、映画の話題作に次々と出演して俳優としての幅を広げている仮面ライダードライブ/泊進ノ介役・竹内涼真は、外伝エピソードが作られるにあたって「台本を見て、自分の名前があって『ヨッシャ!』と思いました」と語り周囲を笑わせた後、「チェイスのことがもっと好きになる作品。まだ一回しか観ていないので、早くDVDがほしい」と、作品の出来栄えに満足している様子だった。

進ノ介の相棒を務め、チェイスの理解者でもある詩島霧子役・内田理央は「久しぶりに『ドライブ』チームが集まって、懐かさと同時に新しさを感じた作品」とコメント。「演技がなかなかうまくいかず、石田秀範監督からすごく怒られていました。でも、怒られているのも楽しいと思うくらい、充実した撮影でした」と振り返った。

霧子の弟でフリーカメラマン・仮面ライダーマッハ/詩島剛を演じた稲葉友は、「進ノ介が照井の名前をうっかり間違うくだりは台本になく、テストのときに涼真がマジで間違えた」という撮影秘話を明かし、「(木ノ本が)すかさず『照井です!』と訂正のセリフを入れていて、さすがは先輩ライダー」と感心していた。Vシネマと同じ日に仮面ライダーマッハ/詩島剛を主役にした『小説 仮面ライダードライブ ~マッハサーガ~』が講談社から発売されることについては、「剛の未来や原点など、いろいろな側面がこと細かに描かれています。共演者のみなさんにも読んでもらいたいですし、何より『ドライブ』を応援してくださるファンの方たちに楽しんでいただきたいです」と小説のアピールも忘れなかった。

『仮面ライダーW』のスピンオフVシネマ『仮面ライダーアクセル』(2011年発売)以来、およそ5年ぶりに仮面ライダーアクセル/照井竜を演じた木ノ本嶺浩は、刑事ライダーの後輩にあたるドライブとの共演について、「以前から、警察のライダーであるドライブのことは意識していて、どこかの作品で一緒に絡めたらいいなと思っていました」と率直な喜びを表した。さらに「チェイスともしゃべりたかったですけれど、あの2人のことだから会話が成立しないでしょうね」と今作の主役に触れ、会場の爆笑を誘った。また今回のVシネマでは、照井と妻・亜樹子との結婚生活にも触れられており、「みなさま『アクセル』パート2に期待してください!」と、自身の主役エピソードの続編を熱望するひと幕もあった。

人造人間「ロイミュード」のリーダーであるハート役・蕨野友也は、「今回の作品は本編終了後に撮影したのですが、ハートの気持ちについてはテレビシリーズを通して一貫してブレずにいようと思いました」と、自身のキャラクターに対するこだわりをのぞかせる。また、「劇中のとあるシーンで、最初『全裸になれるか?』と言われ、ちょっと考えて、これはもう自分の肉体を見ていただこう!と覚悟したのですが、結局NGになりました」と、役に対する気概を語った。

ロイミュードの一人で、ハートに対する愛の力によって超進化を遂げようとするメディック役・馬場ふみかは「メディックはテレビシリーズで超進化を目指していた時期なので、みなさんとはまったく離れたところでのお芝居ばかりでした。恋愛に関する本をひたすら読んでいたり……そんな部分が可愛らしく映っていればうれしいです」と、テレビとは少し違うVシネマならではのメディックの魅力をアピールした。

Vシネマのキーパーソンとなる超進化体ロイミュード・エンジェル(羽佐間翔子)を演じた山崎真実は「台本よりセクシーになってました……よね?」と、作品中での「セクシー担当」という部分を共演者に確認。しかし、「私自身はガサツなタイプなので、石田監督に普段の歩き方からエロスを感じさせるように指導されました」と、役作りに苦労があったことをうかがわせた。

舞台あいさつの最後、上遠野は「チェイスを軸にした物語を作っていただけたのは、ここにいらっしゃる皆さまをはじめ、多くのファンの方々のおかげだと思っています。Vシネマや小説などいろいろな形で『ドライブ』の物語が続いていくと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いします」と締めくくり、さらなる「ドライブサーガ」の発展に期待を寄せた。

Vシネマ『ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー』は2016年4月20日発売。DVD&Blu-rayは「通常版」のほか、劇中に登場するチェイスの変身アイテム「ブレイクガンナー ドライブサーガVer.(キャストボイス入り)+ライノスーパーバイラルコア」などが封入特典につく「ブレイクガンナースペシャル版(初回生産限定品)」も発売される。

なお、ここで紹介した完成披露上映イベントの模様とVシネマ本編は、携帯アプリ『東映特撮ファンクラブ』で2月20日夜~21日まで配信(有料)される。

(C)2016 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映ビデオ・東映

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

IBM、国内のFinTech企業と「FinTech共通API」の接続検証を実施
[15:00 6/28] 企業IT
[トレンディエンジェル]今年はM-1出場せず 「得してるイメージない」
[14:39 6/28] エンタメ
セコム、ファイル検査付きインターネット分離クラウドサービスを提供
[14:37 6/28] 企業IT
【レポート】パウダースノーにてんこ盛り! 初上陸の韓国かき氷"ソルビン"は発掘も楽しい
[14:26 6/28] 趣味
【レポート】海外のラーメンブームに乗れるか? 吉野家が「せたが屋」で勝負に出る
[14:25 6/28] 経営・ビジネス

本音ランキング