【レポート】

閲覧注意! イナゴからサソリまで、高田馬場で「昆虫食」に初挑戦してきた

1 初心者はイナゴから……アリはチャーハンでも出し巻き卵でもイケる!?

 
  • <<
  • <

1/2

中学生のときにみた映画で、主人公が虫を食べるシーンに「うわっ、こんなの絶対無理」とショックを受けたことがある。大人になってからも、「虫を食べるのは絶対に無理」という意思は変わらなかった。そんななか、宮下企画が運営するジビエ(野鳥獣)料理店「米とサーカス」(東京都・高田馬場)が「昆虫食フェア」をやっていることを聞きつけた。もう、行くしかない! 腹を括って虫に初挑戦してきた。

東京都・高田馬場にある「米とサーカス」

昆虫食フェアは、昆虫を食べやすく調理し、気軽に試してもらうことを狙いとして開催するもの。メニューには、「ゲンゴロウ」や「カイコ」「イナゴ」など、実家の近くで見ていた昆虫の名前が並んでおり、思わず「マジで食べるのかよ……」と本音が漏れそうになった。しかし、未知なる味を伝えたく、筆者は"箸を置かない"と決めたのだ。

昆虫のフルコース、気になる味は……?

まず運ばれてきたのは、「イナゴの佃煮」(税込470円)。宮下計画の広報担当者は、「長野県などでは普通に食べられているので、入り口にはもってこいです」と言うが、昆虫食初心者にはこれだけでもなかなか勇気がいる。覚悟を決めてひと口。ぱりぱりとした食感は小エビのようで、味は醤油や砂糖などで煮てあるので甘辛い。「あれ? 意外といける……?」

昆虫食の入り口だという「イナゴの佃煮」(税込470円)

うっかり目が合ってしまったらもう食べられなさそうだ

同じように、「スズメ蜂の子の甘露煮」(税込500円)も虫というよりは、豆の煮付けのようだった。

「スズメ蜂の子の甘露煮」(税込500円)

続いて、「カイコの茶碗蒸し」(税込480円)が登場。親指くらいの大きさのカイコが茶碗蒸しの表面に浮いている。イナゴとスズメ蜂の子を食べたせいか、すでに昆虫に対しての苦手意識は消えた筆者。カイコは地面から掘り出したような独特の風味があったが、茶碗蒸しの具としてはありだと思えた。ただ、見た目的にはやはりつらいものがあるかも……。

「カイコの茶碗蒸し」(税込480円)

茶碗蒸しの中には、カイコのエキスがたっぷりと入っている

羽アリの卵を使った「アリ卵の出し巻き卵」(税込700円)と「アリチャーハン」(税込900円)は、食感が特徴的。出し巻き卵ではぷちっとした食感、チャーハンではクロアリのカリッとした食感が楽しめる。

「アリ卵の出し巻き卵」(税込700円)

中には、孵化してしまったものも

「アリチャーハン」(税込900円)に乗っているアリは、細かくて黒ゴマのようだ

続いては強烈なインパクトを放つサソリに挑む! サソリとセットになっているのはアノ野菜である。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 初心者はイナゴから……アリはチャーハンでも出し巻き卵でもイケる!?
(2) サソリはネギマとともに! 昆虫標本のような食べ比べセットは圧巻

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ハーゲンダッツカフェが代官山に登場! 夏だけの濃厚アイスの楽しみ方とは?
[11:30 7/25] 趣味
ポケモンGO効果でARソフト市場が2020年に3兆円規模に - TradeForce
[11:22 7/25] テクノロジー
【特別企画】卵を食べ過ぎると○○○は都市伝説だった!? 卵とコレステロールの関係とは
[11:14 7/25] ヘルスケア
総務省、国内インターネットのトラフィック公表 - 増加続くが鈍化傾向も
[11:12 7/25] 企業IT
中小企業にとってのマイナンバー制度とは? 第43回 中小企業・小規模事業者からマイナンバー取り扱いの委託を受ける税理士の現状
[11:00 7/25] 企業IT