【レポート】

震災から5年……静かに終幕する被災者支援と新たに始まる施策

2 津波で汚れてしまった食器や家具を洗う水すらない……

2/3

神戸学院大学 現代社会学部 社会防災学科 舩木伸江准教授

“被災者の写真を修復する”と発案したのは神戸学院大学 現代社会学部 社会防災学科 舩木伸江准教授だ。「阪神淡路大震災のとき、さまざまな方に支援していただきました。東日本大震災の報に接した際、何かできることはないかと考えました」と舩木准教授はいう。ただ、写真修復のアイデアが生まれたのは被災地に入り、被害状況を目の当たりにしてからだ。

30,000枚以上の写真を修復

「食器や家具が津波にさらされ、泥だらけになっていました。水で洗い流せば思い出の品を取り戻せるだろうに、その洗浄のために使える清潔な水すらない。被災者の方々が大切にしている品を神戸に持ちかえって洗浄できれば……」(舩木准教授)というのが、写真修復に思い至ったいきさつだ。

活動報告会によると、依頼件数は408件、確認した写真枚数は80,392枚、修復可能と判断しデジタル化した写真枚数は43,524枚、実際に修復でき依頼者へ届けた写真枚数は36,184枚にのぼったという。修復できた割合は約45%で、半数以上の写真はもとに戻らなかった。津波の暴力的な威力がうかがえる一事といえよう。

活動報告会終わりには、プロジェクトで活躍した学生以外のおもなボランティアへの感謝状贈呈も行われた

いずれにせよ、写真は被災者にとって思い出が宿った大切なもの。修復された写真の中には、震災で亡くなられた方の姿を残す最後の1枚になってしまったケースも考えられる。それでも、遺族にとってはかけがえのない大切な1枚……。「あなたの思い出まもり隊」プロジェクトの意義は、被災者を心的に支えたという点で、大きいといえるのではないだろうか。

2/3

インデックス

目次
(1) 3大学のプロジェクトがボランティアに発展
(2) 津波で汚れてしまった食器や家具を洗う水すらない……
(3) 福島産材料を使った商品を開発

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事