【レビュー】

マイナンバー対策に!! ライフボートの「LB アクセスログ2 Pro」を試す

1 マイナンバー作業PCとインストール

 
  • <<
  • <

1/4

ライフボートは、専用サーバーが不要で、PCの操作ログの収集と監視ができるLB アクセスログ2 Pro(以下、アクセスログ2 Proと略記)の販売を開始した。

図1 LB アクセスログ2 Pro

主な機能は、以下の通り。

  • サーバー不要で10種類以上のログの収集が可能
  • 記録したログの暗号化機能
  • 記録したログの転送(自動コピー)機能
  • 指定した操作の発生を管理者に通知
  • 指定した操作の発生時にスクリーンショットを取得
  • ネットワークの通信量を監視
  • USBデバイスの制御
  • 専用ログビューワ(ダウンロード版を除く)

本稿では、マイナンバー対策に役立つ機能を紹介したい。

マイナンバー作業PCとインストール

まずは、アクセスログ2 Proのシステム要件であるが、特段に厳しいものはない。ただし、注意すべき点が1つある。PCの操作をログに記録していく。状況にもよるが、かなりのデータ量となる。さらにログビューワを使うことで、ログの複製などを行うと大量の読み書きが発生する。容量も必要だが、SSDなどでは不向きといえるだろう。また、ログファイルはユーザーごとに作成される(C:\Users\<ユーザー名>\Documents\LB アクセスログ2 Proフォルダ)。複数のユーザーがいる場合には、特定のフォルダを設定してもよいだろう(本稿では、C:\LB アクセスログ2 Proにする)。もしくは、自動コピー機能を使い、管理者の共有フォルダへコピーするといったこともできる。

このあたりは、マイナンバーの運用と合わせ、事前に十分、検討しておきたい点である。そして、マイナンバーに関する作業を行うPCについて、以下のようなルールを準備する。

  • PCの主な使用者は、管理者、鈴木太郎、山田花子の3名
  • 誰でもアクセス可能なオフィスではなく、サーバールームなどに設置
  • 従業員などから、通知カードのコピーを収集。入力は、鈴木、山田の2名が行う
  • 作業用のフォルダとして、C:\マイナンバー作成用を作成
  • 管理者がExcelで入力用のテンプレートを用意。読み書きのパスワードを設定
  • 月1回、入力したマイナンバーデータを税理士・社労士に送信。その後、Excelデータは削除(PCには、できるだけマイナンバーは保存しない)

こういったルールを定め、その運用が正しく行われているかの確認にアクセスログ2 Proを利用する。インストール手順は、特に難しいものはない。画面の指示に従っていけばよい。

図2 インストールのメイン画面

USBメモリなどの接続を制御するLB USBロックも、ここからインストールする。アクセスログ2 Proと同時にインストールしてもよいが、アクセスログ2 Proの設定が完了してからでもよいであろう。本稿では、まずアクセスログ2 Proのインストールを行う。再起動後に、アクセスログ2 Proが有効となる。最初に初期設定を行う(図3)。

図3 初期設定、取得するログの選択

取得するログの選択である。デフォルトではすべてにチェックがあるが、とりあえずこのままにする。次に、パスワードなどの設定である(図4)。

図4 初期設定、パスワードなどの設定

勝手にアンインストールされないように、設定しておきたい。以上の設定が完了すると、ログの収集が始まる(図5)。

図5 リアルタイムモニタ

開始されたばかりであるが、非常に細かくログが収集される。そのため、前述のようにログの保存に注意が必要となる。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) マイナンバー作業PCとインストール
(2) アクセスログ2 Proの設定変更
(3) LB LogViewerでログをチェック
(4) LB USBロックでUSBメモリを使用不可に

人気記事

一覧

新着記事

秋葉原で一番くじ『艦これ』×『アニON STATION』のコラボイベントを開催
[18:00 7/30] ホビー
冬目景の新連載がバーズで、ミュージシャン父に持つ女子高生と美人転校生描く
[17:44 7/30] ホビー
[生駒里奈]「もっと血だらけになりたい」ホラー第3弾へ意欲
[17:01 7/30] エンタメ
[リトルマーメイド]「名古屋四季劇場」オープニング作 人魚が宙を“泳ぐ”演出に注目 あすチケット発売
[17:00 7/30] エンタメ
TVアニメ『アルスラーン戦記 風塵乱舞』第五章のあらすじ&先行場面カット
[17:00 7/30] ホビー