【レポート】

猫好きも本好きも! 京都の築150年の町家で「にゃんこパフェ」を味わう幸せ

 

京都府上京区には、町屋として建築された当時のままの姿で土地に息づくブックカフェ「古書と茶房 ことばのはおと」がある。築年数は150年。約2,000冊の古書とおいしいごはんを楽しめることから、多くの人に愛されているのだが、カフェメニューもかなり熱く、中には食べるのがためらわれるなるほど愛らしい逸品も……。

「チョコとフレッシュいちごのにゃんこパフェ」(税込800円)

初めは「プリンのお風呂に入るネコ」

この愛されメニューは「チョコとフレッシュいちごのにゃんこパフェ」(税込800円、パフェのオーダーは13時~)というもの。名前の通り、手作りのシフォンケーキやチョコブラウニーとフレッシュフルーツに加え、つぶらな瞳の「にゃんこ」が乗っかったパフェである。バニラアイスで丸くかたどられた顔に、チョコレートで耳やヒゲなどのパーツをくっつけて完成させたネコちゃんを見るや、「かわいい~」と歓声をあげる客も後を絶たないのだという。

畳の和室に座布団を敷いて。どこか懐かしい時間を実感できるはず

それにしても、どうしてこんなにも愛くるしいパフェを作るに至ったのだろう。その理由について店の方に尋ねたところ、もともとは「3つ編みプロジェクト」のイベント開催時に、イベントメニューとして考案したものであることが判明した。

「3つ編みプロジェクト」とは、3つ編みヅラをかぶったネコちゃんの写真をリレー形式でつないでいくプロジェクト。撮影した画像で作ったグッズ販売や写真展の売り上げを全額、全国のボランティア団体に寄付して、野良猫の避妊手術・去勢手術に役立てているのだ。

イベントメニューとして登場した際には、「プリンのお風呂に入るネコ」といった趣だった。そのメニューが好評だったことから、「フルーツにダイブするネコ」へと形を変えて現在に至るのだとか。

中庭も純和風なつくりになっている

コーヒーもこだわりの味

パフェとセットでいただきたいのは、京都美山の焙煎職人がプロデュースしたカフェ工船のおいしいコーヒー。さらに、パフェの他にも素材にこだわったメニューが目白押しだ。

店内を埋め尽くす膨大な古書を眺めながらいただけば、至福のひとときを味わえるに違いない。ちなみに、本のジャンルは、美術書や西洋文学、日本文学から、山や鉄道の本までさまざま。猫が大好きな婦人が集めたという猫関連の本まで豊富にそろっている。

季節の素材たっぷりの「青春プレート」も人気 (税込1,000円)

読書好きならぜひ、京都を訪れた際には足を運んで、大好きな本の世界に没頭する幸せに酔いしれてみては? もちろん、猫好きな人、ヘルシーな料理が大好きな人にもイチオシ!「古書と茶房 ことばのはおと」へは、京都市営地下鉄烏丸線「丸太町駅」「今出川駅」から徒歩15分となる。なおブックカフェのため、利用者には静かに楽しむことをお願いしている。子ども連れで入店する場合は注意が必要となる。

歴史を物語る「古書と茶房 ことばのはおと」へは、「丸太町駅」「今出川駅」から徒歩15分

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

羽鳥アナ、苦手な芸能人を実名告白「本気で困っている」
[07:00 8/31] エンタメ
テクノロジーとポップカルチャーの融合を日本で - 「東京コミコン」12月に開催
[07:00 8/31] 企業IT
ASUS ZenFone 3デザイナーが語るその秘密 - 日本投入は9月予定
[07:00 8/31] スマホとデジタル家電
電力事業者の新設が多い都道府県は?
[07:00 8/31] マネー
夫婦のLINE 第222回 ダメな所を認めることが逆説的に自己肯定につながる
[07:00 8/31] ライフスタイル