【ハウツー】

壊れたiPhoneも下取りしてもらえるの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

海上忍  [2016/02/13]

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『壊れたiPhoneも下取りしてもらえるの?』という質問に答えます。

***

ここ日本では、一部のキャリアが「壊れたiPhone」の下取りプログラムを提供しています。ソフトバンクが実施する「故障端末買取キャンペーン」では、水没や重度の破損により電源が入らなくなったiPhoneでも、Tポイントの付与という形で買い取りを行います。

このキャンペーンは、iPhone以外/他社取り扱いのスマートフォンも対象になりますが、申込時に同社との通信サービス契約がなければならず、買い取りは1人あたり最大9999ポイントまでという制限があります。改造している端末、基盤が断裂するレベルで破損している端末も買い取り対象外となるため、最後の手段という認識のほうがよさそうです。

買い取り価格を追求するのならば、iPhoneを修理してから通常の下取りプログラムを利用したり、ショップへの売却を検討したほうがいいでしょう。フロントガラスの交換程度で済む場合には、下取り/買い取り価格が修理費用を大きく上回る可能性があります。故障したiPhoneの高価買い取りをうたうショップもあるようですから、調査する価値はあります。

米タイム誌の情報によると、Appleみずからが故障したiPhoneの買い取りプログラムを実施するそうです(リンク)。米国で導入済の下取りプログラムを拡大する形で実施されるようで、支払いはApple Storeで使えるストアクレジットの形となりますが、下取り価格はiPhone5sが50ドル(1ドル=113円で約5,650円)、iPhone6が200ドル(約22,600円)、iPhone6 Plusが250ドル(約28,250円)ですから、修理費を考慮すると競争力ある買い取り価格といえそうです。

ただし、同プログラムはAppleが正式に発表したものではなく、下取りプログラム自体が日本では未導入です。急ぐ場合には、キャリアや街中のショップが提供する買い取りサービスを選択することが現実的です。

壊れたiPhoneでも下取りに出すことは可能ですが……(写真はイメージです)

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【特別企画】[講演レポート提供]Fintechが銀行の未来を変える!? - 注目すべき国内動向と欧米の先進事例
[17:00 5/24] 企業IT
子どもにはいつからスマホを持たせますか? - 100人のママに聞いてみた
[17:00 5/24] ライフスタイル
TVアニメ『SUPER LOVERS』、第8話のあらすじ&先行場面カットを紹介
[17:00 5/24] ホビー
『ウルトラマン』放送開始50年イベントゲスト発表、関智一&潘めぐみウルトラ愛語る
[16:59 5/24] ホビー
Y!mobile、ぬれた手や手袋をつけたままでも操作できるスマホ「DIGNO E」
[16:54 5/24] 携帯

特別企画 PR