【レポート】

超巨大「ハルクバスター」も! ワンフェス初登場Comicaveブースは「アイアンマン」祭りに

 

2016年発売予定「1/4コレクティブルプレミアムフィギュア アイアンマン・マーク44『ハルクバスター』」(価格未定)

千葉県・幕張メッセにて7日、フィギュアとガレージキットの祭典「ワンダーフェスティバル2016[冬]」が開催され、初登場の「Comicave Studios Japan」ブースでは映画『アベンジャーズ』などに登場する人気ヒーロー「アイアンマン」のフィギュアが多数展示された。

会場の中心に配置され目を引いていたのが、2016年発売予定「1/4コレクティブルプレミアムフィギュア アイアンマン・マーク44『ハルクバスター』」。2015年に公開された映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でアイアンマンが装着した大型パワードスーツがハイエンドフィギュアとして立体化され、来場者と変わらぬサイズの大きさで圧倒的な存在感を放っていた。

ラインナップにはほかにも、日本国内限定販売となる3月中旬発売予定「1/12コレクティブルプレミアムフィギュア アイアンマン・マーク23『シェイズ』」(19,656円/税込)をはじめ、発売中の「1/12コレクティブルプレミアムフィギュア アイアンマン・マーク38『イゴール』」(24,624円/税込)、「1/12コレクティブルプレミアムフィギュア アイアンマン・マーク40『ショットガン』」(19,656円/税込)。さらに価格は未定ながら2016年発売予定として「1/12コレクティブルプレミアムフィギュア『アイアンマン・マーク43』」、「1/12コレクティブルプレミアムフィギュア アイアンマン・マーク25『ストライカー』」、「1/12コレクティブルプレミアムフィギュア アイアンマン・マーク33『シルバーセンチュリオン』」、「1/12コレクティブルプレミアムフィギュア アイアンマン・マーク44『ハルクバスター』」などが展示されていた。

ブースには実際にフィギュアを触ることができるスペースも設けられており、ダイキャストを75%以上使用した重量感のあるボディと可動性能、加えて後ろのスイッチでLEDが発光するギミックなどを体感することができた。

(C)MARVEL

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

東急電鉄「東急線アプリ」目的地までの所要時間実績を表示するサービス導入
[00:01 7/29] ホビー
[メイプル超合金・カズレーザー]CM初出演で“全身赤”封印 オレンジポロシャツで“パン田くん”とダンス共演
[00:00 7/29] エンタメ
[激マン!]永井豪の自伝的マンガ「キューティーハニー編」突入 主人公は女の子マンガ家
[00:00 7/29] ホビー
しりあがり寿、休館前パルコの展覧会で「ひとまずシメ」る立体作品飾る
[23:55 7/28] ホビー
阪急電鉄、西宮北口駅隣接地に「西宮北口阪急ビル」建設 - 2018年秋完成へ
[23:54 7/28] ホビー

本音ランキング