【レポート】

「VAIO Phone Biz」のポイントを写真でチェック

小山安博  [2016/02/05]

VAIOは4日、Windows 10 Mobile搭載スマートフォン「VAIO Phone Biz」を発表した。昨年のVAIO Phoneはどちらかといえば日本通信主導で、日本通信の各種ソリューションとの組み合わせを想定しており、OSにはAndroidを採用していた。ここでは、VAIO Phone Bizのポイントを写真でチェックしていく。

VAIO Phone Biz

VAIO Phone Bizは、VAIOが企画・設計した製品で、製造は海外の製造メーカー(ODM)となっているが、最後の検品やチェックを、VAIOの安曇野工場で行う「安曇野FINISH」によって品質を確保している。Microsoftが中国のODMとWindows 10 Mobileデバイスの企画を行う企業を仲介する「CTE(China Technology Ecosystem)」は利用していない。

安曇野FINISHによる品質が売り

4日の発表会では、安曇野FINISHによって「VAIO」としての品質と信頼性の確保したことがアピールされた。製造工程も、アルミ合金の塊であるアルミニウムインゴットを切削加工によって削り出し、レーザーエッチングによるVAIOロゴの彫り込み、ブラスト加工など20以上の工程を経て作られたこだわりのボディだという。

多くの工程を経て作り上げられたボディ

彫り込まれたVAIOロゴにこだわりを感じる

背面の上部と底部はアンテナを内蔵するため樹脂製。手で持ったときにアンテナ部分に触れないように配慮した

5.5インチフルHDディスプレイを搭載。Officeアプリの利用に適したサイズと解像度を考えたと説明

背面はフラット。アルミボディは質感が高い

本体側面。SIMカードとmicroSDカード一体型のトレイを内蔵

逆側面。電源ボタンとボリュームキーを装備

底部

上部にはヘッドホン端子

カメラは背面が有効画素数1300万画素CMOSセンサー、前面が500万画素CMOSセンサー。ソニー製センサーではなく、「ローからミドルレンジのスマートフォンと比べて遜色ないレベル」(同社)を目指している。右は主な仕様

UIは一般的なWindows 10 Mobile。ほかのWidows 10 Mobileデバイスと変わりはない

アプリ一覧も同様でオリジナリティはないが、どのメーカーの製品を使っても使い勝手が変わらないメリットはある

ちょっと気になったのがネットワーク表示が2種類表示されること。LTEとGSMの2つのSIMスロットが用意されているが、国内ではGSMがないことからシングルSIMとしてしか利用できない。海外では「デュアルSIMとして利用できるかもしれないが保証はしていない」(同)とのこと

大型ディスプレイにスマートフォンの画面を表示し、PCライクに利用できるContinuum対応も大きな特徴。搭載するSoCがSnapdragon 617のため、対応するのは無線によるContinuumのみ

Continuumは、スマートフォンの画面をミラーリングしているわけではないので、スマートフォンとディスプレイで異なる画面を表示できる

スマートフォンのディスプレイをタッチパッドとして利用可能

VAIO Phone Bizに内蔵されたExcel Mobileでの表示だが、キーボードとマウスを使えばPCのように操作できる

Actiontec ElectronicsのMiracastレシーバー「ScreenBeam Mini2」でContinuumを実現

スマートフォンアクセサリーのディーフがVAIO Phone Biz用のソフトケースや保護シートを用意

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

林家たい平、24時間マラソンランナーに! 闘病中の師匠・こん平にパワーを
[23:27 5/29] エンタメ
Gカップ染谷有香、初体験の氷プレイに「恥ずかしさよりも凍えそうで…」
[23:00 5/29] エンタメ
Gカップ森咲智美、OS☆U卒業後の初DVDで「横乳がはみ出してしまって」
[23:00 5/29] エンタメ
[林家たい平]人生最高体重でひざに不安も 「24時間」マラソン「何とか完走を」
[22:26 5/29] エンタメ
林家三平『笑点』新メンバーに抜てき! 初座布団に大喜び「やったー!」
[22:21 5/29] エンタメ

特別企画 PR