【レポート】

「VAIO Phone Biz」がWindows 10 Mobile市場を切り拓くか - Continuumのファーストインプレッションも

1 ビジネスシーンを加速させる「VAIO Phone Biz」

阿久津良和  [2016/02/04]
  • <<
  • <

1/3

VAIOは4日、Windows 10 Mobile搭載スマートフォン「VAIO Phone Biz」を4月より発売すると発表した。これまで登場したWindows 10 Mobileスマートフォンと異なり、法人市場をターゲットに含めた同端末について、VAIOの大田義実社長は「ビジネスを加速させるスマートフォン」とアピールしている。

VAIOブランドのWindows 10 Mobileスマホ

2015年10月14日に日本マイクロソフトが開催した発表会では、Windows 10 Mobileスマートフォン開発を表明したパートナー企業として、VAIO、日本エイサー、トリニティなどの名前が挙がった。既に日本エイサーは「Liquid Z530」の発表を行い(発売時期は未発表)、トリニティの「NuAns NEO」は発売済み。Windows 10 Mobileデバイス先陣組の最後を飾るのが、VAIOの「VAIO Phone Biz」だ。

「VAIO Phone Biz」を手にするVAIOの大田社長

VAIO Phone Bizは、製品名が示すように、法人市場を念頭に置いたWindows 10 Mobileスマートフォンである。大田社長も「法人中心の製品として企画設計した」と語っているが、その背景や狙いを説明する前にデバイスの基本的なスペックから確認しよう。CPUはQualcomm Snapdragon 617を搭載し、メモリー容量は3GB。ストレージは16GBだが、microSDによる最大64GBの増設が可能だ。

Qualcomm Snapdragon 617を搭載し、現在のWindows 10 Mobileデバイスとしてはミドルレンジクラスに位置する

ディスプレイは5.5インチ(1,080×1,920ピクセル)。サイズについてVAIO商品企画の岩井剛氏は「手元で(標準搭載の)Officeを使うには、この程度のサイズが必要と考えた」と説明する。SIMフリーの端末でスロットサイズはmicroSIM。対応するバンド数は3G、4G合わせて7バンド。同氏は「VAIO Phone Bizは日本市場向けに開発したスマートフォンのため、国内の主要なバンドに対応した」と語り、NTTドコモのキャリアアグリゲーションへの対応や、安定通信の実現を証明するNTTドコモのIOT(相互接続性試験)の実施も予定している。

VAIO Phone Bizの主なスペック

VAIO Phone Bizがサポートする通信バンド。国内で一般的に使われるバンドが連なる

デザインコンセプトは「VAIO Z Canvas」を踏襲し、アルミと強化ガラスで構成される

アルミ削り出しボディの作成工数。これ以外にも20数もの工数を経て作られたという

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) ビジネスシーンを加速させる「VAIO Phone Biz」
(2) Continuumを試す
(3) VAIO Phone Bizの狙い

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - ASUSが"第7世代"Core搭載モデルなど2in1 PC「ASUS Transformar 3」シリーズを発表
[23:35 5/30] パソコン
石黒彩、モー娘。時代は「低収入ではなかった」- 番組での発言を訂正・謝罪
[23:06 5/30] エンタメ
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - ASUSが予告どおりZenFone 3シリーズ発表、6.8型の大画面「ZenFone 3 Ultra」も
[22:46 5/30] パソコン
鈴木亮平、台湾で『変態仮面』続編をアピール「アジアを代表するHEROに!」
[22:30 5/30] エンタメ
「S―最後の警官―」“その後”の描き下ろしも!実写化もされたマンガの最終巻
[22:23 5/30] ホビー

特別企画 PR