【レビュー】

触ったぞ! Microsoftのハイエンド2in1 PC「Surface Book」(前編)

1 最上位モデルのファーストインプレッション

  • <<
  • <

1/4

2月4日、日本マイクロソフトからSurfaceシリーズの新モデル「Surface Book」が発売される。斬新なデザインのヒンジと、ハイパワースペック、そして最上位モデルは税込372,384円(マイクロソフトストア価格)という強気な価格設定で注目の製品だ。

【レビュー】触ったぞ! Microsoftのハイエンド2in1 PC「Surface Book」(後編)

Surface Book(Intel Core i7、16GBメモリ、512GB SSDモデル)

プロ品質の作品作りに使える高性能マシン

Surface Bookは、この業界に生きる人間なら誰しも真っ先に触ってみたい一台…。

ところで、これはなんだろう?

何かの目録を手に入れた。権利は行使すべし!

そんなわけで、日本で誰よりも早くレビューしたファースト・インプレッションをお届けしよう。

先にSurface Bookのラインナップをまとめておく。CPU、メモリ容量、ストレージ容量の違いにより、4モデルが用意されている。括弧内は参考用の同社直販価格だ。

  • Intel Core i5、8GBメモリ、128GB SSD (税込221,184円)
  • Intel Core i5、8GBメモリ、256GB SSD (税込269,784円)
  • Intel Core i7、8GBメモリ、256GB SSD (税込291,384円)
  • Intel Core i7、16GBメモリ、512GB SSD (税込372,384円)

Surface Bookは、ディスプレイ部(タブレットPC本体)とキーボードドックが分離合体するデタッチャブル仕様だ。液晶ディスプレイのPixelSenseディスプレイは、Surface Pro 4の12.3インチより一回り大きな13.5インチ。画面はGorilla Glass(ゴリラガラス)で覆い、10点タッチポイントでのペンとタッチ操作に対応する。同梱のスタイラスペン(Surfaceペン)は1,024段階の筆圧感知だ。フルサイズキーボードは1.6mmストローク、ガラス製トラックパッドは5点マルチタッチに対応する。

化粧箱は白をベースにしたシンプルながら高級感のあるデザインで、開封すると本体のほか、付属品のAC電源、スタイラスペン(Surfaceペン)、コンパクトな取扱説明書や保証書、Office 365 Home & Business Premiumのプロダクトキーなどが同梱されている。ACアダプタとSurfaceペンは、Surface Pro 4に付属するものとまったく同じものだ。

化粧箱はシンプルな白基調で側面に青のラインが入っていてオシャレ

OSはWindows 10 Pro(64bit)で、本体サイズはW312.3×D232.1×H13.0~22.8mm、重量は約1,579g。バッテリ駆動時間は最大約12時間のビデオ再生が可能とされている。

化粧箱を開けたところ。本体の下にスタイラスペンと取扱説明書類が収まっている

マグネットでディスプレイ横に吸着するスタイラスペン。個人的にはもう少ししっかりくっついてほしい

手のひらサイズのACアダプタ

ACアダプタにはUSB給電ポートも用意されており、これを利用してスマートフォンなどの充電が可能だ

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 最上位モデルのファーストインプレッション
(2) CPU-ZとGPU-Zで見るハードウェアの詳細
(3) 画面が美しい
(4) フル装備だと重たいがタブレットのみなら楽に持ち歩ける
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

鉄道トリビア 第368回 対岸に渡りそうで渡らず、元の岸に戻ってしまう鉄橋がある
[08:00 8/27] ホビー
福士加代子「強がって表に出せなかった」リオを終えた胸の内を告白
[07:00 8/27] エンタメ
アニメ『夏目友人帳 伍』OP&EDを歌うアーティストが明らかに
[07:00 8/27] エンタメ
外国人が好きな"日本の夏の風物詩" - 「アリゾナ州では違法でした」
[07:00 8/27] ライフスタイル
かわいがりたい! と思われる後輩社員の特徴
[07:00 8/27] シゴト