【レポート】

マンハッタンでは貧血で230万円!? 法外な海外の医療費の実態

1 海外旅行時はちょっとした疾病が大損害につながる可能性

 
  • <<
  • <

1/2

ニューヨーカーたちの医療費はケタ違いのようだ

日本と異なり、基本的に全額自己負担で医療費を払っている海外諸国。日本では、大半の人は3割負担で病気に伴った治療を受けることができますが、諸外国の治療費の実際の金額はどのくらいなのでしょうか。

ニューヨークでは、初診料だけで約6万円も!?

海外旅行の途中、急に気分が悪くなって嘔吐(おうと)・下痢症状が出たと思ったら、急性肝炎になっていたということは実際にある話です。普段常用している胃薬などを旅行に持っていく人は多いですが、それでも症状が治まらなかったら現地の医師の診察を要するかもしれません。

多くの国では日本のように公的医療制度がありますが、外国人である私たち日本人旅行者には適用されません。当然ながら、日本の健康保険証も外国の医療機関では使えません。つまり医療費全額が自己負担。大きな出費が必要になってしまいます。加えて、日本では考えられないような高額な医療費を請求される国もあるのです。

アメリカの医療費が非常に高いのは有名ですが、外務省の「世界の医療事情」によると、中でもニューヨークのマンハッタン区の医療費は同区外の2~3倍とされています。

一般の初診料は約1万7,700円~3万5,400円(1ドル=118円として計算)。専門医なら初診料だけで5万9,000円になることも。入院した場合は室料だけで1日数千ドルの請求を受けるようで、例えば貧血で2日間入院(保存療法施行)しただけで、236万円の請求が実際にされているとのこと。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 海外旅行時はちょっとした疾病が大損害につながる可能性
(2) 日本人に人気の香港でも高額な医療費が……
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

さらばGWX、ようやく削除された「Windows 10を入手する」 - 阿久津良和のWindows Weekly Report
[09:00 9/29] パソコン
新しいデザイン言語でリニューアル - デル、14型/15.6型ノートPC「New Vostro」発表会から
[08:50 9/29] パソコン
ドスパラ、NUC規格準拠のクリエイター向け小型PCにSkylake搭載モデル
[08:34 9/29] パソコン
ビル・ゲイツ氏へ生Skypeのハプニングも! MSの働き方変革が生んだもの - ワークスタイル変革DAY
[08:30 9/29] 企業IT
Facebookが女性支援イベントで教えた「Facebookページ運用」の問題点
[08:00 9/29] 企業IT