【レポート】

『仮面ライダー1号』宿敵・地獄大使復活記念、ショッカー歴代「悪の大幹部」をプレイバック

秋田英夫  [2016/02/03]

仮面ライダー誕生45周年記念映画『仮面ライダー1号』(3月26日公開)にて、主役の仮面ライダー1号/本郷猛の宿敵といえるショッカー大幹部・地獄大使が登場することが2日、明らかになった。

大杉漣演じる地獄大使

本作で地獄大使を演じるのは、7年前の映画『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』(2009年)でも同役を担当した、俳優の大杉漣。地味なサラリーマンからド迫力のヤクザまで幅広い役柄をこなす大杉が、今回地獄大使をどのように演じるのか、大いに期待が持たれる。ではここから、第1作『仮面ライダー』(1971年)に登場したショッカー、そして地獄大使をはじめとする凶悪なる大幹部たちを紹介していこう。

悪の秘密結社ショッカーとは

「ショッカー」とは、世界征服をたくらむ悪の秘密結社である。正体不明の「首領」が頂点に君臨し、配下はすべて人間としての意志、自由を奪われた「改造人間」で固めている。ショッカーは世界の各地に網をめぐらせ、優秀な頭脳や体力を備える人間を選び出して仲間に引き入れるが、一方で弱い者、必要でないと判断した者は奴隷のように強制労働を強いるか、あるいは容赦なく命を奪ってしまう。人間の自由、尊厳を完全否定した冷酷非情な組織である。

怪人(幹部)が率いる戦闘員たちは、ショッカーの世界征服を達成するべく、強奪、誘拐、重要人物の暗殺など、ありとあらゆる悪事を働くが、同じくショッカーの科学技術で生み出されながら人間の意志を失わなかった仮面ライダー1号/本郷猛によって、作戦のいくつかをつぶされる結果となった。当初は日本に重きを置いていなかったショッカー首領だが、仮面ライダーをなんとしてでも倒そうと、世界各地で征服作戦を成功させてきた実力ある改造人間たちを続々と日本支部へ派遣。メキシコのダムを壊滅させた功績を持つ魔人サボテグロン(第14、15話)などはその代表格だった。

大幹部、日本に現る

本郷に助け出され、第2の仮面ライダーとなった一文字隼人に日本の守りを託し、仮面ライダー1号/本郷猛は海外にもその魔の手を伸ばすショッカーを追って旅立った。いよいよ仮面ライダー手強しと見たショッカー首領は、日本支部のさらなる戦力強化を実行。怪人や戦闘員を束ねる「大幹部」がついに着任することになった。最初の大幹部は、中近東で猛威をふるった冷酷な軍人・ゾル大佐(演:宮口二朗)。着衣の乱れは心の乱れと、たとえ戦闘員の全身タイツであっても乱れた着こなしを絶対に許さない厳しい性格のゾル大佐は、ショッカー日本支部にピリピリとした緊張感を与える役割を担った。

狼男の正体を現して仮面ライダー2号に倒されたゾル大佐に代わって日本にやってきたのは、怪人作りの名人と名高い死神博士(演:天本英世)。まさに死神と称するにふさわしい不気味な顔色とスラリとした長身には強いインパクトがあり、テレビの前の子どもたちを震え上がらせた。グロテスクな怪人を好んで作り上げ、自信作だと得意げにほほ笑んでみせるマッドサイエンティストの一面を持つ一方で、怪しげな催眠術を使ったり、巨大なカマで立ち回りを見せたりと、意外なアクティブさもうかがわせた。

地獄大使登場

第52話を最後に姿を消した死神博士に代わり、第53話より新たな日本支部の指揮官に地獄大使(演:潮健児)が着任。南米へと旅立った一文字に代わって再び本郷猛が日本の守りについたのと同じタイミングであり、本郷は地獄大使の指揮する強力な怪人に苦しめられることになった。途中、死神博士も第61話、第63話、第68話と三度来日し、三度めには自ら怪人イカデビルに変身して戦いを挑むも、はかなく散った。

地獄大使は作戦がうまくいくとワハハハと高笑いし、失敗すれば手に握ったムチを床にたたきつけてカンカンに怒る、喜怒哀楽のはっきりしたキャラクターが持ち味。残忍で冷酷な大幹部でありながら怖いだけではない愛嬌をも備えており、『仮面ライダー』屈指の人気悪役として抜群の知名度を誇っている。しかし彼もまた、度重なる作戦の失敗によって首領から見限られ、怪人ガラガランダに変身して仮面ライダー1号と戦い、最後は「ショッカー軍団、万歳!」と唱えて爆発した。

新組織ゲルショッカー

地獄大使の死を契機に、ショッカー首領は組織を再編成。アフリカ奥地で戦闘訓練を積んだゲルダム団の力を加えて新組織ゲルショッカーを結成した。ゲルショッカー大幹部・ブラック将軍(演:丹羽又三郎)は頬をピクピクと動かす神経質そうな表情が特徴で、強力なゲルショッカー怪人をも黙らせる威厳を感じさせている。仮面ライダー1号を何度も絶体絶命の危機に陥れたゲルショッカーだが、1号、2号のダブルライダーにはかなわず、ブラック将軍も真の姿・怪人ヒルカメレオンとして戦いに臨み、壮絶な最期を遂げた。

最新映画『仮面ライダー1号』には、地獄大使のほかに新組織「ノバショッカー」の3人の幹部が登場。人間の姿から怪人の姿へと変身して戦う設定など、45年前のテレビシリーズと同じテイストを持っており、かつて仮面ライダーをテレビで応援していた大人のファンをも興奮させる要素を満載させているようだ。

映画『仮面ライダー1号』は2016年3月26日公開。

(C)「仮面ライダー1号」製作委員会
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】トイレ用スリッパがない家に住むと病気になる!? その理由とは
[06:30 5/25] ライフスタイル
森田剛&濱田岳「身長高ければ人生違った…」と初告白
[06:00 5/25] エンタメ
前田敦子、力ずくでキス『毒島ゆり子』第6話も大胆演技を披露
[06:00 5/25] エンタメ
[武井咲]初共演の滝沢秀明と“禁断の恋” 担当は「半沢」「下町」の名物プロデューサー
[06:00 5/25] エンタメ
【レビュー】夏モデルでSIMフリーに! 絶妙な書き味のWindowsタブ「dynaPad N72/V」のLTE機能を試す
[06:00 5/25] パソコン

本音ランキング

特別企画 PR