【ハウツー】

為替レートを調べるならiPhoneのSpotlightを使うと便利

 

海外出張の前、ホテルを予約するとき気になるのが「為替」。ふだん円を基準に生活していると、200ドルなどキリのいい数字はまだしも、249ドルや299ドルといった数字になると暗算がややこしくなり、電卓に頼ることとなる。為替レートは日々刻々と変動するため、ざっくりとした計算で済ませているといずれ痛い目にあうことだろう。

そんなときこそiPhoneの出番だが、ある程度の準備は必要だ。FXを扱う企業が提供する最新の為替レートを表示してくれるアプリを用意するか、iOSに標準装備の『株価』アプリに銘柄コードを登録することがオーソドックスな方法だが、ある程度正確な数字を把握できればじゅうぶん、という向きにはトゥー・マッチな仕様かもしれない。

もっとかんたんに、いま現在の為替レートで他の通貨を円換算したいという場合には「SPotlight」を使おう。操作はかんたん、ホーム画面の適当な位置を下方向へフリックし、現れたフィールドに「249$」(アメリカドルの場合)などと入力すればいい。そうすれば、操作時点の為替レートで249ドルが円換算のうえ表示されるはずだ。

円換算できるのはアメリカドルだけではない。「○○○ユーロ」または末尾にユーロ記号を入力すればユーロで、「○○○ポンド」または末尾にポンド記号を入力すればイギリスポンドで計算してくれる。記号の入力方法がわからなくても、韓国ウォン、人民元、ルーブルに香港ドル……思いつく外国通貨のほとんどは、この方法で円換算できるはずだ。

日本円を外貨換算することもできる。対象はアメリカドルのみとなるが、「○○○円」または「○○○¥」と Spotlightフィールドに入力すると、その金額がアメリカドル換算でいくらなのか一瞬でわかる。為替レートを調べるならSpotlight、そう覚えておこう。

操作手順をカンタン解説

1 Spotlightフィールドに「256$」と入力したところ、その時点の為替レートにもとづき「30678.9円」と表示された

2 アメリカドルだけでなく、ユーロや人民元、韓国ウォンなどさまざまな通貨を円換算してくれる

3 円貨を入力すると、アメリカドルに換算することも可能だ

(提供:iPad iPhone Wire)

人気記事

一覧

新着記事

新番組で政界進出を狙う武井壮に、ブラマヨ小杉「野心が見えて仕方ない」
[13:30 9/30] エンタメ
IEEE 802.3bz登場、ネットワークが最大5倍高速化
[13:30 9/30] 企業IT
住信SBIネット銀行、ローン審査に日立の人工知能活用
[13:29 9/30] 企業IT
アジレント、新しいマイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置を発表
[13:24 9/30] テクノロジー
[市川染五郎]人間国宝・片岡仁左衛門らと名古屋・金山でまねき上げ 大入り願う
[13:19 9/30] エンタメ