【レポート】

独自技術を武器に小型4Kソリューションの実現を推進 - TIのDLPビジネス

 

Texas Instruments(TI)の日本法人である日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は1月29日、同社が1月初旬に発表した0.67インチの4K UHDチップセットに関する技術説明を行った。

同社が手がけてきたDLPはデジタルシネマを中心に搭載製品が出荷され、DLPそのものも累計で4000万個以上が製造・出荷されてきたという。近年では、スマートフォンなどの携帯機器にピコプロジェクタとして搭載されたり、自動車のヘッドアップディスプレイ(HUD)への採用、カメラと組み合わせた製品の3次元検査や3Dプリンタなどへの応用なども進められている。中でも自動車向けDLPは2016年に搭載車が販売される見込みのほか、ヘッドライトユニットへの応用も研究が進められているという。

DLPの活用分野は現在、プロジェクターのみならず、製造業や自動車など多岐にわたるようになってきた

TI DLP事業部 シニア・バイス・プレジデント兼ジェネラル・マネージャーのKent Novak氏

「TIは、カスタマがDLPを活用して、独自スペックのプロジェクタなどの開発を加速する手助けとして、半導体チップや開発キットの提供を行ってきたが、それに加えて、パートナーであるデザインハウス各社とともにサポート力の強化に注力している」と語るのはTI DLP事業部 シニア・バイス・プレジデント兼ジェネラル・マネージャーのKent Novak(ケント・ノバック)氏。今回、新たに発表された4K UHDチップセットについては「競合優位性である高速スイッチング動作による830万ピクセルの投射性能や、高いANSIコントラストによる精細なディティールに加え、独自のプロセッシングによるシャープかつ高精度な描画を実現している」とし、「ハイエンドホームシアター」や「エンタープライズ領域」での活用を見込むとする。

半導体チップのみならず、各種ツールやサポートを含めたエコシステムを提供することでカスタマの開発力を支援しているという

0.67インチ 4K UHDの性能概要

また、VRやARといった新分野での活用や、FPD分野でのユーザーエクスペリエンスの強化などにも活用され、スクリーンレスTVの実現なども視野に入るようになってくるなど、新規アプリケーションの開発も進んでいることを強調。日本地域についてもカスタマとともに小型4Kソリューションの開発を進め、積極的な市場投入を支援していくとした。

左が0.67インチのDLP 4K UHD、右が従来の4K UHD。搭載マイクロミラー数は0.67インチ版が約400万、従来版が800万だが、400万程度であっても時分割を活用した独自手法などを用いることで4Kの解像度を実現したとする



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

スバル新型「インプレッサ」のプロトタイプを「AUTOMOBILE COUNCIL」に出展
[16:27 7/29] ホビー
VR視聴&配信アプリ「dTV VR」 - 音楽のVRコンテンツを楽しめる
[16:17 7/29] スマホとデジタル家電
【特別企画】完全食「COMP」は現代人の福音となるか? 開発者 鈴木優太×メディアアーティスト 落合陽一対談
[16:17 7/29] ヘルスケア
スマートフォンで商品を撮影すると多言語で商品情報を取得できる自販機 - ポッカサッポロフード&ビバレッジ
[16:17 7/29] 企業IT
6月の家計支出、2.2%減 - 消費者物価も0.5%下落
[16:16 7/29] マネー