【インタビュー】

"若者のテレビ離れ"の真相は!? 2,000人アンケートを見に、フジ中嶋優一CPを訪ねた

1 テレビを見るのが「カッコいい」と言われる時代を

  • <<
  • <

1/2

昨年末に、フジテレビの深夜バラエティ番組『さまぁ~ずの神ギ問』(毎週金曜25:25~25:55)で、興味深いアンケート結果が発表された。それは、昨今言われている"若者のテレビ離れ"は本当なのか?という疑問に対し、実態を調査したもの。番組では、2,000人のサンプル獲得を目指し、スタッフが地道にインタビュー調査を敢行。2011年に大和総研が実施した調査と比べ、20代の1日のテレビ平均視聴時間は微増だったという結果を導き出した。

その血のにじむような努力は、ネット上でも大きな反響を呼び、膨大なデータに、スタジオのさまぁ~ずも「すげえ!」「これみんな欲しいと思う」と興奮。MCの宮司愛海アナウンサーが「2,000人アンケートをまとめた資料を見たいという方。条件によっては無償で貸し出します」と番組内で呼びかけていたのを見て、早速、今回の疑問を投げかけたフジテレビの中嶋優一チーフプロデューサーを訪ねた――。


『さまぁ~ずの神ギ問』中嶋優一チーフプロデューサー

――昨年10月にスタートした『さまぁ~ずの神ギ問』第1回放送で、最初に"神ギ問"に認定された疑問が、中嶋さんの出した「ホントにホントに若い人はテレビを見てないの?」でした。この疑問を出した狙いは何ですか?

最近、よく"若者のテレビ離れ"が起こっていると言われますが、実際に、今のテレビはどう見られているのか、調べられるものなら調べてみたいと思って出しました。その上で、俺たちがさまぁ~ずさんと一緒に、テレビを復権させていくんだという意気込みです。戦況を知って、攻め込んでいくという作戦ですね。それと、疑問を視聴者から募集するにも、第1回の放送前はなかなか集まらないので、まずは自分たちが例として疑問を出す時に、われわれ制作者の立場の人間が単純に抱く疑問を出しました。

――やはり"若者のテレビ離れ"という風潮を否定していきたいという気持ちですね。

テレビは捨てたもんじゃないと思ってますから。日本映画は、戦前・戦後とライバル無しの状態で唯一の娯楽として君臨していて、その後、テレビをはじめ、いろいろなメディアが出てきて、落ち込んだ時期もありましたが、この10年くらいでまた元気になってきていますよね。どのメディアでも競争にさらされますが、やっぱり面白いものは映画のように、必ずよみがえっていくと信じています。

――そしてこの疑問は見事、"神ギ問"に認定されました。

やっぱり、さまぁ~ずさんたちも疑問に感じていたんだなと思いましたね。テレビに従事されている方だったら気になることだと思います。

――放送では「テレビを1日にどれくらい見ますか?」と「好きなテレビ番組は何ですか?」の結果を紹介していましたが、ほかにも調査した項目はあるのですか?

実際には5項目聞いています。それ以外では「最近一番面白かった番組は何ですか?」「テレビを見る時にほかに何をしていますか?」「テレビ番組を何のハード(機器)で見ていますか?」ですが、聞いてみると、やはり従来言われているような、スマホをしながらや、ご飯を食べながら見ているという回答が多く、見ている機器も圧倒的にテレビが多かったんです。だから、番組の中で紹介する必要もないと考えて、ポイントを絞って2つの結果を発表しました。

――「テレビを1日にどれくらい見ますか?」の結果は平均2.09時間で、2011年に大和総研が調査した2.06時間から、わずかですが増えました。

大幅に減ってなくてよかったという印象です。ただ、スマホやネットが普及していく中で、それより面白い内容を提供しないと、今後当然減っていくと思いますし、5年後に同じ調査をしても減らないように努力していかないといけません。

――今回の調査でも、1日の視聴時間を「0時間」と回答されたのが168人もいました。

若い人たちの間で、飲み会の時に「テレビを持ってない」と言うことが、カッコいいと思われないように頑張らないといけないですよね。

――フジテレビさんの『ボクらの時代』で、小島瑠璃子さん、JOYさん、菊地亜美さんも「『テレビ観ないんだよね』と言うのがかっこいいと思って言っている人もいる」という話題をしていました(1月24日放送)。

カルチャーでも必ず波はあると思っているんです。バンドブームにも波があって、その波が落ち着いてくるとアイドルブームが来ます。お笑いのネタ番組もどん底の時がありましたが、この年末年始でちょっと上向いたなっていう感じもあります。先ほど言った日本映画もそうですし、あとはいかにそこに携わる人材が頑張るかということですね。ただ待っていても波は来ませんから、どんどん仕掛けていかないと。テレビを見るのが「カッコいい」と言われる時代を、僕らがさまぁ~ずさんと一緒に作っていかないといけない。

『さまぁ~ずの神ギ問』(フジテレビ、毎週金曜25:25~25:55)
「クリスマスのラブホは今でも満室なの?」など、番組に寄せられたさまざまな疑問が、良い疑問(=神ギ問/かみぎもん)か、答えを知るに値しない疑問(=グ問)かを認定するバラエティ番組。さまぁ~ずとゲストの3人が審査し、神ギ問に認定された疑問は番組が全力で解明するが、認定のハードルはとても高いことから、視聴者が自分で調べることを推奨し、"スマホ片手にみるテレビ"を称している。
※写真は左から 宮司愛海アナウンサー、さまぁ~ずの大竹一樹・三村マサカズ (C)フジテレビ

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) テレビを見るのが「カッコいい」と言われる時代を
(2) フジテレビがやってきた"ノリ"
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事