【レビュー】

CPUをSkylake-Uに刷新した15.6型ノートPCの実力を探る - 東芝「dynabook T75/U」

1 長所はそのままにブラッシュアップされた東芝の2016年PC春モデル

 
  • <<
  • <

1/4

長所はそのままにブラッシュアップされた東芝の2016年PC春モデル

東芝から、dynabookの2016年・春モデルが発表された。デスクトップPCが3機種、ノートPCが4機種と数を絞った今回のラインナップだが、外観は2015年モデルと比べてそれほど大きな変更はない。一方でCPUはノートPCを中心として世代交代が進み、Broadwell-UからSkylake-Uへと変更になった。OSがWindows 10 Home 64bit版になったのも大きなポイント。今回は2016年の春モデルから、15.6型のフルHD液晶パネルを搭載した「dynabook T75/U」をご紹介しよう。

15.6型フルHD液晶パネルを採用した東芝のノートPC「dynabook T75/U」

■試用機の主な仕様 [製品名] dynabook T75/U [CPU] Intel Core i7-6500U(2.5GHz) [メモリ] 8GB [グラフィックス] Intel HD Graphics 520(CPU内蔵) [ストレージ] 1TBハイブリッドドライブ [光学ドライブ] BDXL対応ブルーレイディスクドライブ [ディスプレイ] 15.6型Clear SuperView LED液晶・1,920×1,080ドット(フルHD) [OS] Windows 10 Home 64bit [サイズ/重量] W380.0×D259.9×H23.5mm/約2.3kg [店頭予想価格(税別)] 190,000円台半ば

高輝度・広視野角液晶と23.5mmの薄さは健在

「dynabook T75/U」は、東芝のdynabookノートPCラインナップの中で最上位に位置する15.6型モデルだ。光沢の液晶パネルは、高輝度・広視野角という特徴を持つClear SuperView LED液晶となり、解像度はフルHD(1920×1080ドット)。深い黒とハッキリした色表現のグレアパネルながらも、表面をダブルコーティング構造とすることで映り込みを抑えている。

Clear SuperView LED液晶は高輝度・広視野角で、横から見てもその表示は鮮やかなままだ

本体カラーは4色が用意されており、リュクスホワイト(今回の試用機)、プレシャスブラック、サテンゴールド、モデナレッドをラインナップ。デザインは前モデルと大きな違いがない。ソリッドな形状を活かし、サイズ以上の薄さを感じさせるデザインは、実に東芝らしいノートPCといえるだろう。

デザインに頼らずとも「dynabook T75/U」の外形寸法はW380.0×D259.9×H23.5mm。15型クラスで光学ドライブ搭載のノートPCとしては、なかなかの薄さを誇っている。重量も約2.3kgと比較的抑えられているため、家庭内でPCを持ち運ぶのは苦にならないだろう。ACアダプタが小型なのも一因といえる。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 長所はそのままにブラッシュアップされた東芝の2016年PC春モデル
(2) 快適なキーボードとインタフェース類
(3) 第6世代Intel Coreプロセッサ(開発コードネーム:Skylake)を新たに採用
(4) ベンチマークで見る「dynabook T75/U」
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

グーグルが2つ目のビデオ通話アプリ「Duo」をリリース、一体何がしたいのか
[11:36 8/24] 経営・ビジネス
故障したNASAの太陽探査機から2年ぶりに信号届く - 通信途絶から復活果たす
[11:32 8/24] テクノロジー
羽鳥アナ、高畑容疑者逮捕に「これだけ活躍している時期に、なぜ…」
[11:31 8/24] エンタメ
【特別企画】現役女子高生ダンサーが初体験! 『制服×カホン』で踊ってみた
[11:30 8/24] スマホとデジタル家電
炊飯器だけで家族の夕食は作れる! 子どもが喜ぶトマトチキンライスプレート
[11:30 8/24] ライフスタイル