【ハウツー】

iPhoneユーザーのための「正しい」Mac入門 その27

 

MacのiTunesからiTunesストアを利用しよう

iPhoneで音楽や映画を購入するにはiTunes Storeアプリを使うが、Mac上での購入はiTunes上で行う。

iTunesのミュージックライブラリを表示すると、ツールバー真ん中の右端に「iTunes Store」というボタンがある。これをクリックすればiTunes Storeのミュージックが表示される。

ミュージックライブラリを表示して[iTunes Store]ボタンをクリックすると、iTunes Storeのミュージックカテゴリが表示される

基本的に表示される項目はiPhone上のiTunes Storeと変わらない。「新着ミュージック」や「ニューソング」と行った項目も同じように、同じ内容が表示される。iPhoneではタブで分かれているランキングは右端に表示されている。

ランキングの内容が同じページに表示されている以外、内容は基本的にiPhoneと同じ

同じiTunes StoreのiPhoneのページ。バナーなども同じものが表示されている

トップページでは聞いてみたい曲にマウスカーソルを合わせると試聴が可能。また価格も表示されるので、ここからすぐに購入もできる。シングルでも複数曲が入っているものはクリックして内容を表示して購入できる。

トップページでマウスカーソルをアルバムアートに置くと再生マークが表示され、試聴が可能。価格が出ている部分をクリックすればその場で購入できる

詳細ページを表示して購入できる。アルバムや複数曲が入っているEPなら全曲試聴が可能だ

購入ボタンをクリックするとiTunes Storeへのサインインを求められる。すでにiPhoneで曲やアプリを購入しているなら、そこで使っているものと同じApple IDとパスワードを入力しよう。まだ利用したことがない場合でも、iCloudを利用しているならiCloudのIDとパスワードを入力し、カード決済などの情報を入力することで利用可能になる。

iPhoneでアプリを購入しているなら同じApple IDでサインインすればすぐに購入できる

購入時のダイアログで「今後、曲の購入について確認しない。」というチェックがあるが、これは外しておこう。購入時に必ず確認されることで、間違った購入をしなくて済む

ちなみに購入した音楽や映画、ミュージックビデオはプレイリストの「購入したもの」の中に入る。これらは前回のプレイリストの作成時にも利用可能だ。

「購入したもの」プレイリストに購入したものは自動的に集められる。これだけを同期することも可能だ

その他のストアを利用する

映画のレンタル、購入もiTunes Storeから行う。ミュージックストアを表示しているときに映画アイコンをクリックすれば、映画ストアが表示される。

映画アイコンをクリックしてiTunes Storeをクリックするか、ミュージックストア表示中に映画アイコンをクリックすれば切り替わる

サイドバナーの「映画」という項目からも各ストアに切り替え可能だ

ここでもアートワークをクリックして詳細を見てから購入、レンタルが可能。「予告編」をクリックして予告を見ることもできる。画質についてはHD/SDを選択可能。SDの方が少し安くなっている。

アートワークを表示して詳細ページへ。映画の解説、出演者などが表示され、予告編の再生も可能だ

[HD/SD]ボタンで画質を変更できる。iMacなど大きな画面で見る場合やApple TVを使って再生する場合はHDが良いだろう

iPhoneではApp Storeアプリから行うiPhoneアプリの購入も、iTunesから行う。同じようにアプリアイコンをクリックするとApp Storeボタンが表示されるのでこれをクリックして表示しよう。[iPhone/iPad]ボタンで専用アプリを切り替えて表示できる。

App Storeも表示される内容はiPhoneのApp Storeと同じ。[iPhone/iPad]ボタンで表示が切り替わる

詳細ページでアプリの内容を表示して購入が可能。ここですでに購入しているアプリは[ダウンロード済み]と表示される。

詳細ページから内容を確認して購入できる。すでに購入済みのアプリは[ダウンロード済み]と表示される

他にも大学の講座などを無料で利用できる「iTunes U」や本を音声で聞くことができる「オーディオブック」なども利用できる。

各種学校や研究機関の講座を無料で聴講できる「iTunes U」。講座内容はビデオが多く、日本語以外にも海外のものも利用できる

本を音声で利用できる「オーディオブック」。通勤時など手がふさがっているときでも利用できるのが便利だ

普段は表示されてない項目は[…]ボタンをクリックするとドロップメニューで表示され、選択できる。また「編集」を選ぶことで、表示されていない項目を表示させることもできる。

バーに表示されていない項目は[…]ボタンから選択できる

「編集」を選んで項目にチェックを入れればメニューバーにアイコンを表示できる

次回は音楽以外の項目をiPhoneとどのように同期するか、またアプリの整理について解説しよう。

人気記事

一覧

新着記事

[福山雅治]黒柳徹子とのメアド交換告白 パパラッチ役に手応えも
[13:07 10/1] エンタメ
[来週のべっぴんさん]第1週「想いをこめた特別な品」 ヒロインの“原点”? 病気の母のため思い込め…
[13:00 10/1] エンタメ
「イノベーション」を目的に引っ越したヤフー、こだわりの中身は?
[13:00 10/1] 企業IT
石原さとみ、ドラマ情報彫刻された"赤鉛筆アート"に「地味にスゴイ!」
[13:00 10/1] エンタメ
「競女!!!!!!!!」CM公開、本日秋葉原で“水着風コンパニオン”が号外配布
[12:55 10/1] ホビー